捨てないで!!お米のとぎ汁に美容成分の宝庫!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お米をとぐ際に出る「とぎ汁」を捨てている方がほとんどでしょう。

しかしお米のとぎ汁には美容に効果がある成分が豊富に含まれているため捨てるのは本当にもったいないです。

ここでは美容成分の宝庫であるお米のとぎ汁の活用法を紹介していきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


美容成分が豊富なお米のとぎ汁!!

1

洗顔やスキンケアといった美容のために、様々な基礎化粧品を購入している方が多いと思います。ですが基礎化粧品を買うのってバカにならないんですよね。もちろん価格はピンキリですので安価なものも多く市販されていますが、いくら安いとはいえ洗顔料から化粧水まで全てを揃えればそれなりに家計に負担をかけていきます。しかも安いものだと効果がないような気がしてしまい、無理して高いものを購入している方も少なくないのではないでしょうか。

 

そのような方が耳にすると「今までの苦労は何だったのか…」と落胆してしまうかもしれませんが、実は身の回りにあるもので一切お金をかけずに基礎化粧品の代わりになるものがあるんです。にわかに信じがたい話かもしれませんが、なんとお米をといだ時に出る「とぎ汁」が様々基礎化粧品と同じ働きをしてくれるんです。

 

恐らくですがとぎ汁をそのまま流しに捨てている方がほとんどだと思います。しかし基礎化粧品と同じ効果があるとしたら、これからは捨てるのが勿体なく感じるでしょう。意外と知られていませんが、とぎ汁は「美容成分の宝庫」と言っても過言ではありません。上手に活用すれば本当に一切お金をかけずに美肌と手に入れたり髪をキレイにすることが可能ですので、今日からは捨てずに有効活用していきましょう。

 

という事でここからはお米のとぎ汁の美容活用法を詳しく見ていくことにしましょう。いずれも簡単なものばかりですので、すぐにでも実践し理想的な自分へ近づけるよう励んで頂きたいと思います。

 

とぎ汁の有効な活用法!!

2

さて、皆さんは美容のためにどれだけのお金を費やしてきたことでしょう。若い世代で美容のためのお手入れをはじめたばかりという方でしたら大したことはないかもしれませんが、中高年の方であれば費やしていた時間も長いですし、それはそれは相当な金額になるはずです。

しかしこれを機に基礎化粧品に費やすお金は極めてく少なくなるでしょう。お米のとぎ汁はお米の購入代こそかかりますが、それは普段と全く変わりません。一切お金をかけずに今まで通り、もしくは今まで以上の美容効果を期待できますので今日からすぐに始めてみてはいかがでしょうか。それでは嬉しい様々な効果と活用法を詳しく見ていきましょう。

 

①とぎ汁で洗顔…

お米のとぎ汁で顔を洗うと言うと、なんだか不潔な気がしてしまい抵抗を感じてしまいますが、決して不潔なものではなくむしろ驚くほどツルツルでキレイな肌を作ることが出来るんです。とぎ汁にはセラミド、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンEなど美肌作りには欠かせない成分が豊富に含まれています。これはもちろんお米を洗った時にお米から滲み出たものなのですが、これを洗顔に利用することで下手な洗顔料を使うよりも肌をキレイにすることが出来ます。

方法は極めて簡単です。とぎ汁をぬるま湯で1.5倍程度に希釈し肌を優しくすすいであげるだけです。こうすることで悩まされていた肌のクスミが次第に消えていき、理想的な肌を手にすることに期待できます。ちなみに江戸時代までの日本女性はお米のとぎ汁で洗顔するのが習慣だったそうです。黒船でやってきたあのペリーも「日本女性は肌がキレイだ」と絶賛したらしいですよ。

 

②入浴剤や洗髪に…

肌が敏感な顔につけても良いわけですから、当然全身に使っても問題ありません。というよりもむしろ全身に使わないのはもったいない話です。お風呂にお湯をためたら、そこにとぎ汁を入浴剤のように加えてみましょう。すると全身の肌が潤いを持ちプルプルツルツルの肌に生まれ変わります。それだけでなく、とぎ汁には消臭効果がありますので気になる体臭の予防や改善にもつながります。

さらに洗髪の際、シャンプーやリンスなどを洗い流すのにとぎ汁を使うのもおすすめです。こうすることで髪の毛の艶が増し、そしてサラサラの健康的な毛髪に生まれ変わっていきます。肌もツヤツヤ、髪もツヤツヤになれば今までより美しくなれるのは間違いありませんね。ちなみに入浴剤として使用する場合は日本酒をほんの少し加えると、冷え性の改善や腰痛の緩和、そしてリウマチなどにも効果が出るそうですよ。是非一度試してみてください。

 

③ローションやボディクリームの代用に…

冬になり寒くなってくると肌のガサガサに悩まされる方も急増します。特にかかとが酷くガサガサになるという方も多いのではないでしょうか。そんな方はローションやボディークリームの代わりにお米のとぎ汁を体につけて浸透させてみましょう。先ほどもお伝えしましたがとぎ汁にはセラミド、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンEなどが豊富に含まれていますので、潤いを取り戻しガサガサを解消することに繋がります。

その際に少量のオリーブオイルを混ぜて肌に刷り込むと更に効果が高くなるそうです。その後軽くマッサージでもすれば肌のターンオーバーを促進したり痩身にもつながりますので、女性にとっては嬉しい効果ばかりです。これを毎日繰り返して行えばボディがどんどんすべすべでキレイになっていくことでしょう。

 

④とぎ汁で顔パック…

とぎ汁をすぐに捨ててしまうと分からないことですが、とぎ汁は数時間放置しておくと水と成分が分離していきます。その際下の方に溜まった沈殿物は米ぬかです。米ぬかには美容成分が豊富に含まれています。お米をといだらとぎ汁をコップに移し、数時間そのまま放置しておきましょう。そして分離したら水だけを捨て、残った米ぬかを顔に塗ってパックをしてみましょう。

これを3~5分置いておくと、なんとパックをしたのと同じ効果が期待できます。あまり長い時間そのままにすると米ぬかが乾燥して肌に刺激を与えてしまうので、2~3分を目安に行う事が大切です。これを毎日行えば驚くほどキレイな肌を手に入れることが出来るでしょう。

 

とぎ汁を用いる際の注意点

3

いかがでしょうか。意外に知られていないお米のとぎ汁の美容効果、ご理解頂けたと思います。今まで何気なく捨てていたのが何とも勿体なく感じてきますね。これを機にお米のとぎ汁を有効活用して自分をピカピカに磨いていきましょう。

 

しかし前述したことをむやみやたら行う事は非常に危険です。とぎ汁は美容成分の宝庫ではあるのですが、その分だけ刺激が強いというのも確かです。特にアレルギーがある方や肌を傷めている方は、急にとぎ汁を肌に付着するとかえって荒れてしまう事になりかねませんので注意が必要です。まずは比較的皮膚が強い腕などでパッチテストを行ってから実践するようにしましょう。

 

またとぎ汁はとても足が速く腐りやすいという特徴もあります。例え冷蔵保存をしていたとしても、丸一日くらいではすべて使い切ることが大切です。変な匂いがしはじめたら絶対に使わないように気を付けてください。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ