豆乳ローションを使って自宅で全身脱毛!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では抜毛サロンなどの価格もかなり手頃になってきましたが、全身脱毛となるとやはり何十万というお金が必要になってきてしまいます。

しかし豆乳ローションを使うことでほとんどお金をかけずに自宅で全身脱毛が出来ると注目を浴びています。

詳細をどうぞ!



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


豆乳ローションで手頃に全身脱毛!!

1

ムダ毛の処理って面倒くさいですよね。時間も掛かるし間違った方法で処理をすると肌を傷つけてしまう場合もありますので、多くの女性が億劫な思いをし続けているのではないでしょうか。生まれつきムダ毛が薄い人ならまだしも、比較的毛深い人は尚更だと思います。もちろんムダ毛の処理を少しでもサボると恥ずかしい思いをしてしまいますので、やらないわけにはいかないのですが、出来ることなら面倒なことはしたくありませんよね。

 

そんな時に便利なのが脱毛サロン脱毛エステです。最近では数多くのサロンやエステがキャンペーンを行っており、一部分だと数百円から数千円で施術できるようになりました。一昔前であれば何万円も掛かっていたので全体的に安価になってきたのは女性にとって非常にうれしい事です。

 

しかし全身脱毛となったらどうでしょう。いくら以前よりも手頃になったとはいえ、やはり今でも何十万円という高い金額が必要になってきます。もちろん半永久的に全身のムダ毛が生えてこないので、それなりの価値はあると思いますし面倒な事からこの先ずっと解放されるのかと思えば安いものなのかもしれません。ですがかなり大きな買物であることは間違いないでしょう。特に若い世代の女性であれば収入のほとんどを費やすことになってしまいますので中々手が出すことが出来ず諦めている方も多いでしょう。

 

ですが実は身の回りにあるもので、自宅で全身の脱毛をすることが出来るんです。一般的に全身脱毛はサロンやエステでプロに施術してもらわないといけないというイメージがありますが、自作の抜毛剤を作れば意外にも簡単に全身脱毛をすることが可能です。

 

そんなことが出来るなんて初耳…。そう思う方が多いのも当然です。これは本当に最近注目を浴び始めたばかりなのでいまだ広くは知られていません。ですが時間や手間はかかるものの効果があるのは紛れもない事実です。多くの人が知らない今だからこそチャンスです。これを機にその他大勢の女性と差をつけてしまいましょう。

 

では実際何を使って脱毛をするのか。多くの方が驚かれるかもしれませんが、自作の豆乳ローションで全身脱毛をしていきましょう。豆乳ローションは材料費もかなり安価ですし身の回りにあるものだけで作ることが出来ます。そして何より驚くほどムダ毛の成長を遅らせ、更に抜いたムダ毛が再び生えてくることを防いでくれるので高い効果が期待できます。

 

豆乳ローションはその名の通り、豆乳を材料にして作るものですので大豆のイソフラボンが豊富に含まれています。その大豆イソフラボンが毛根に作用しムダ毛を細く、そして生えにくくしてくれます。もちろん初めてすぐにムダ毛が全くなくなるわけではありませんが、数か月続けていればみるみる効果が目に見えてくると実際に行った方の多くが絶賛しています。

 

それでは豆乳ローションの作り方から使用方法まで、自宅で出来る全身脱毛について詳しく見ていくことにしましょう。

豆乳ローションの作り方!!

2

脱毛剤を自分で作るというと、なんだか難しいような気がしてしまいますが決してそんなことはありません。材料も安価で簡単に揃えられますしレシピも何ひとつ難しい事はないので心配は無用です。

 

・材料と道具

大豆固形成分が8%以上の無調整豆乳500ml(必ず無調整のもの)・レモン2個・消毒用エタノール60ml・鍋・ボウル・ザル・キッチンペーパー・清潔なタオル・計量カップ・ローションを入れる容器・レモン搾り器・温度計

 

レシピ①

レモン2個を良く洗ってから半分にカットし果汁を絞ります。この時キッチンペーパーなどで皮を包みながら絞るようにしましょう。そうすることでシミの原因となるソラレンが混在するのを防ぐことが出来ます。レモン搾りきがない場合には皮をナイフで向いた状態でジューサーやミキサーにかけても構いません。

 

レシピ②

鍋に豆乳を入れ、ゆっくりかき混ぜながら弱火で温めていきます。この時まありにも火が強いと有効成分が破壊され効果がなくなってしまいますので表面に湯葉が出来ない程度の温度で行う事が大切です。

 

レシピ③

豆乳が温まったら火を消してそこに絞ったレモン果汁を加えます。目安としては豆乳の温度が60度になった時がベストですので、用意しておいた温度計でしっかり管理し、温度が高くなり過ぎないように気を付けましょう。

 

レシピ④

鍋の中に消毒用エタノールを加えてよく混ぜます。この時は鍋を火から離して行うようにしてください。もしも火にエタノールが付着してしまうと炎が上がり家事になる恐れがあるので必ず火から離してから加えるようにしてください。

 

レシピ⑤

ボウルの上にざるを置き、更にその上に清潔なタオル、もしくはコットンを広げてそこに鍋の中身を注いていきます。しばらく放置していると液体と固体に分離していきますので、ある程度時間が経ったら絞って液体だけをボウルに移します。チーズのような残りかすが出ますが、これは役に立たないので捨てていただいて構いません。

 

レシピ⑥

粗熱がなくなるほど時間を置き、冷めて来たら用意しておいた容器に移し替え完成です。冷蔵庫で保存しておけば約1週間、冷凍保存であれば約1か月保存が出来るので、常温の場所に放置することなく必ず冷やして保存するようにしてください。

豆乳ローションの効果と使用方法!!

3

いかがでしたでしょうか。意外と簡単に作ることが出来たと思います。ではここからはこの豆乳ローションをどのようにしようすれば全身脱毛が出来るのか詳しく見ていきましょう。

 

とは言いましても何も難しい事をするわけではありません。朝起きたときと夜お風呂から上がった時の1日2回、ムダ毛が気になる部分にローションを塗っていくだけです。これを大体2週間から1か月、長い人でも2か月程度継続していけば、驚くほどムダ毛が薄く、そして生えにくくなってきます。

 

ムダ毛が気になる部分は人それぞれだと思いますが、脇などに毎日塗っているとみるみる効果が目に見えて来ます。その上消臭効果もあるそうなので、脇に塗ると気になる体臭の予防効果も期待できるでしょう。お金をかけずにムダ毛を処理し、更に体臭の防ぐことが出来るなんて女性にとっては一石二鳥ですね。

 

しかし即効性があるわけではありませんので、数回行っただけで効果が出るという訳ではありません。サロンやエステでの全身脱毛も何回か通わないといけませんので、これも同じことです。地道に続けることこそツルツルな肌を手に入れる近道ですので諦めずに続けていきましょう。また実際に使用してみて肌荒れやかぶれなどの症状が出た場合はすぐに使用を中止するよう気を付けましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ