鼻づまりで寝苦しい!花粉症と鼻炎の違いと治療方法と原因は?

kafun

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の変わり目になるとムズムズ、鼻づまりで辛い!寝苦しい!もしかして花粉症?

いやでも、もしかしたらただの鼻炎かも。そもそも、花粉症と鼻炎の違いって何なんだろう?治療方法や原因は何?

そんな疑問にお答えしましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


花粉症とは?

花粉症とは、花粉が飛散する季節にだけ症状が現れる季節性のアレルギーで、植物の花粉に反応して、くしゃみや鼻水などを引き起こします。

アレルギー反応を起こすげんいんとなる物質(抗原)を「アレルゲン」といいますが、花粉症の代表的なアレルゲンは「スギ花粉」です。

他にも、ヒノキやブタクサ、ヨモギ、カモガヤなど、原因とされている植物は約50種類もあると言われています。びっくりですよね~!

現在、日本人の約2割の人が花粉症だとされていて、その人口は今後も増え続ける見込みです。

鼻炎とは?

鼻炎とはアレルギー性の鼻炎のことで、ハウスダストやダニなど、体にとって異物である抗原(アレルゲン)を鼻の粘膜から吸入することで体内に抗体ができ、何度かアレルゲンを吸い込んでいるうちに抗体が増え、やがてアレルギー症状が起こってくる病気です。

原因の違い

花粉症の原因は、これまで2つのことが考えられていました。

まずは、戦後の国の造林計画によってスギ花粉が増加したこと。そして、車の排気ガスや工業化による大気汚染の影響で鼻の粘膜が弱ったことです。

さらには、最近になって腸の免疫システムの崩れも花粉症に深く関係しているということが明らかになりました。特に、小腸は食べ物を消化・吸収する臓器であると同時に、体全体の約60%の免疫細胞や抗体を持っています。

そんな小腸の免疫細胞の数や質のバランスが崩れると、アレルギーの病気になりやすくなることが分かってきました。しかし、まだ詳細については分からないことも多く、研究が進められています。

暮らしが便利になったのはいいけれど、それと引き換えに花粉症患者が増えてしまうのはなんだかとっても複雑な気分ですね。
一方、鼻炎の原因は、アレルギーを持つ人が特定の抗原を鼻から吸い込むことで、アレルゲンに対抗するための抗体(IgE抗体)が生産され、その抗体がアレルゲンと結びつくことで、ヒスタミンなどの化学物質が出て、鼻の粘膜を刺激します。

抗原の多くは呼吸による「吸入性」で、その代表とされるのが「ハウスダスト」です。寝具や敷物、衣類などから出てきたチリやホコリを意味し、綿や絹、羊毛、化学繊維のほか、人やペットのフケ、垢、毛、ダニ、カビ、細菌など実に多様なものが含まれています。

症状の違い

花粉症の場合、花粉と接触してから数分~数時間でくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙、充血などの症状が現れます。症状を繰り返すと喘息発作が起こることもあり、その他皮膚やのどのかゆみを訴えるケースも少なくありません。

また、胃や腸などがアレルギーを起こすと消化不良や食欲不振、便秘、下痢になったり、偏頭痛を伴ったりすることもあります。
一方、鼻炎の三大症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」とされていて、これは日常生活に支障をきたすほど非常に厄介です。くしゃみが何回も出ると集中力が低下したり、夜寝れなくなってしまったり…
鼻づまりがひどいと口呼吸になってしまう、なんてことも。口呼吸になるとのどがカラカラに渇き、様々な病気を引き起こすとも言われています。十分に注意しましょう!!
そんな厄介な花粉症と鼻炎。どうやって治療していけばいいのでしょうか?

 

治療方法とは?

実は、花粉症と鼻炎の治療方法はほとんど同じなんです。

抗原(アレルゲン)の除去と回避をはじめ、薬物療法、減感作療法、手術療法があります。

花粉症や鼻炎はその人自身の遺伝的な体質によるものが大きいため、完全に予防するのは難しいですが、生活環境を良くし、原因となる抗原(アレルゲン)を取り除き、接触を避けることで症状を軽くする事はできます。
薬物療法には、抗ヒスタミン薬やステロイド薬などがあります。また、体質改善を目的として漢方薬が処方されることもあります。

どの薬のときも、自分の体質との相性がありますので、医師に相談し、注意をしっかり聞いたうえで処方してもらいましょう!

減感作療法は、原因となるアレルゲンエキスを薄い濃度から少しずつ皮下注射し、からだをアレルゲンに慣らして、アレルギー反応が起こりにくくなることを期待する治療法です。

長期の治療なので数年かかることもありますが、完治することもあります。

あまりにも症状がひどく、薬物療法で改善が見られない場合には手術をすることもあります。レーザー手術や電気凝固法、粘膜を切除したり、神経切除があります。

 

花粉症にしても、鼻炎にしても、症状が出たら早めに治療して快適に過ごせるといいですよね。それではまた~♪♪


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ