マルチビタミンの成分、値段と効果の関係。効果はあるのか。

20080828_111991

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近薬局やコンビニなどに行くと、「マルチビタミン」のサプリメントをよく目にしませんか?

CMで見たことある方も多いと思います。そもそも、マルチってどれだけマルチなんでしょう?
商品によって値段に差がありますが、効果に差はあるんでしょうか?



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


そもそも、サプリメントって何?

サプリメントという言葉は「ダイエタリー・サプリメント」(Dietary Supplement)を略したもので、サプリメントという言葉本来の意味は「補うこと」という意味です。

つまり、サプリメントは、私たちの日常生活で足りない栄養素を補うためのものなのです。

サプリメントと一口に言っても、タイプが様々あります。
タブレット(錠剤)タイプや粉末タイプ、液体タイプ、ドリンクタイプ、チュアブルタイプ、ゼリータイプなど。

私たちが「マルチビタミン」のサプリメントとしてよく見かけるのは、タブレットタイプではないかと思います。

サプリメントのことは大体わかったけれど、マルチビタミンって何なのでしょうか?

マルチビタミンって何?

サプリメントのうち、1種類だけでなく、複数のビタミンを組み合わせたものをマルチビタミンといいます。ビタミンは、単独で摂取するよりも複数の種類をバランスよく摂取したほうが、相乗効果を発揮するものも多くあります。

どんな栄養素が入っているの?

ビタミンに関しては、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・C・D・E・K、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸の全部で13種類のビタミンが存在します。この中から「ビタミンK」を除いた12種類が入ったサプリメントが主流です。

ビタミンAに関しては過剰症の恐れがあるために、ベータカロチンの形で含有されているものがほとんどです。

サプリメントのメリット・デメリット

まず、食品から摂取できなかった栄養をサプリメントで補うことができるということです。サプリメントで生活習慣の予防が出来たり、美容系、ダイエットの目的としてサプリメントはメリットが高いです。手軽に、体に必要な栄養を補うことができるということは一番のメリットだと言えます。

食品を毎日決められた量摂取するということはなかなか難しいですが、サプリメントなら毎日飲むことができるという手軽さがありますし、天然成分で作られたサプリメントが種類豊富にありますから、その中で自分が好きなものを選んで安心して摂取できるというのもメリットのひとつです。
メリットばかりを聞くと、体によさそうですが、サプリメントは体にいいばかりではありません。

サプリメントにはデメリットも存在します。
まず、サプリメントが誰にでも効果的であるというわけではないことです。個人差があり、効果が表れやすい人、表れにくい人がいます。

また、サプリメントは薬ではないので即効性がなく、効果がすぐに表れるわけではありませんし、長く飲んでいたからと言って必ず効果が出る保証はありません。

しかし、病は気からという言葉があるように、「サプリメントを飲んでいるから元気な気がする」というのも大事です。

ところで、サプリメントには価格の高いものから低いものまでありますが、やはり高いサプリメントの方が安心なのでしょうか?

値段と品質の関係

一概に値段だけで判断することはできません。しかし、素材から製造工程まで、こだわって作られたサプリメントには、当然手間とお金がかかっています。

たとえば、天然成分のサプリメントのように特に素材にこだわっている製品は、大量生産できないため、どうしても値段が高くなってしまいます。

食材と同じように、素材や安全性は、ある程度価格に反映されていると考えてもいいですね。
いかがでしたか?サプリメントやマルチビタミンの知識をちゃんとつけて、安心・安全に飲めるといいですよね。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ