旦那にイライラ…それは主人在宅ストレス症候群かも!?

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレス社会と言われる現代では様々な精神疾患に悩まされている人が急増しています。

その中で特に女性に多いのが主人在宅ストレス症候群です。あんなにも愛していたはずなのに旦那にイライラ…。

主人在宅ストレス症候群について詳しく見ていきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


主人在宅ストレス症候群とは…!?

2

一昔前の流行語で「亭主元気で留守がいい」という言葉がありました。“旦那はしっかり働いてお給料を持って帰って来てくれればそれだけで十分”という意味が込められていたのでしょう。

この言葉を鵜呑みにしてしまうと旦那を邪険に扱っている妻の言葉に聞こえますが、もしかすると「家の事は私がしっかりやるから、あなたは何も心配せず仕事に集中してね」という妻の優しさが込められていたのかもしれませんね。

もちろんこれは憶測ですが「夫は外で働く、妻は家を守る」という事が常識だった時代において、何とも言い難いユーモアにあふれる言葉だったに違いありません。

しかし時代は流れ夫婦の関係性が昔と異なってきた現在、この言葉の意味合いが少し変わってきたようです。

経済事情が芳しくないので旦那が働いているだけでは一家全員が食べていくことが難しくなっています。共働きは当然ですし、そうなると妻は仕事と家事を両立しなければいけません。

その為旦那にイライラを感じ、本気で「留守がいい」と思う妻が急増しているようです。そのような女性の中には主人在宅ストレス症候群という精神疾患まで患ってしまう方も少なくないようです。

主人在宅ストレス症候群という病気の歴史はまだまだ浅いので広くは知られていませんが、知らず知らずのうちにこの病気を患っている方も非常に多いと言われています。

特にこの病気は自覚症状がない傾向にあるので「まさか自分が…」と思っている方も少なくないでしょう。

ちなみに主人在宅ストレス症候群は、読んで字の如く、旦那が家にいることにストレスを感じ体調を崩すという心の病気です。休日に旦那が家にいるだけでイライラする。

寝る直前まで帰ってこなければいいのに。そんな感情を抱いているとしたら、主人在宅ストレス症候群を患っている可能性がありますので注意が必要です。

  • 「この人を一生愛する」
  • 「この人の為に全てを捧げる」
  • 「死ぬまでずっとそばに居たい」

と思い結婚したはずなのに、時と共にその愛する旦那に苛立ちを感じ、帰ってきてほしくないと思うまでストレスを感じてしまうのは何故なんでしょう。新婚当初は旦那が仕事に出掛ける時、姿が見えなくなるまで手を振っていたものです。

「あなた、早く帰ってきてね」と見送ったものです。それなのにいつから旦那にイライラするようになってしまったのでしょうか。

主人在宅ストレス症候群の原因は多岐にわたり数えきれないのが事実ですが、代表的あものをいくつか紹介しておきます。どれかひとつにでも共感した場合、主人在宅ストレス症候群を患っている可能性がありますので油断は出来ません。

今後の夫婦関係やご自身の体調を左右していきますので、単なるイライラだと甘くみないようにしましょう。

家事や育児に協力的じゃない

共働きが当たり前になってきた現代では、妻の忙しさは想像をはるかに超えるものです。旦那や子どもが起きてくる前に朝食の支度をし、お弁当を作り、自分が出勤する前に洗濯を済ませる。

仕事を終えて帰宅すると休む暇もなく夕食の準備に取り掛からなければいけません。食事を済ませた後も一息つくことが出来ずに洗い物や掃除です。

気付けばもう深夜。明日の為にも眠らなければいけない。そんな日々を妻は繰り返しています。

そんな時、少しでも旦那が家事や育児を手伝ってくれたら妻の負担は軽くなります。しかし旦那は疲れているからとまるで自分だけが働いているような顔でソファーでゴロゴロ。

これでは妻がストレスを抱えるのも当然の事ですね。主人在宅ストレス症候群を患っている妻のほとんどが、旦那が家事や育児に協力的じゃないことにイライラしているそうです。

 まるで家政婦のような扱いをされる

専業主婦だって忙しいんです。働きに出ているわけではありませんが、終わりのない仕事に常に追われているもの。少しでも家族全員が過ごしやすいようにと毎日掃除をします。健康に暮らせるようにと美味しい食事を作ります。

これはいずれも愛するが故に出来ることばかり。妻は家族のために一生懸命働いているんです。

それなのに旦那は少しも理解してくれず、まるで妻の事を家政婦のように扱います。「飯はまだか…」「お茶入れて…」「風呂沸かして…」などと自分では何もせず妻を使うばかり。

旦那のそのような言動は妻に大きなストレスを与え、主人在宅ストレス症候群を患う原因になっているようです。旦那に何かを頼まれた時、イライラを感じていませんか??

自由な時間を持たしてくれない

妻にだって家事や仕事以外にもやりたいことは山ほどあるんです。人それぞれ趣味もあるでしょうし、お友達とお茶したり買物に出かけたりしたいものなんです。

それなのに旦那がそれをする自由な時間を与えてくれない。これも主人在宅ストレス症候群の大きな原因と考えられます。

それだけならまだしも、旦那は自分のやりたいことを好き放題やっているとすれば妻のストレスはどんどん膨らんでいき主人在宅ストレス症候群を患う可能性が大きくなりますので、そのような夫婦関係にある人は尚更注意しなければなりません。

主人在宅ストレス症候群が悪化すると!?

1

旦那が家にいるとイライラする…。この程度ならまだ心配はいりません。夫婦といえど元はといえば赤の他人ですので苛立ちを思える時があるのも当然の事です。

しかしそのような事が延々と続くと主人在宅ストレス症候群となり、様々な体調不良を引き起こすことになりかねませんので油断してはいけません。

主人在宅ストレス症候群が悪化した場合の症状は様々ありますので一概には言えませんが、多くの場合はストレスが原因で

  • 胃潰瘍
  • 頭痛
  • ぜんそく

などを引き起こしてしまいます。酷い場合には

  • 不安症
  • 肝炎
  • 高血圧

という命に直接かかわるような病気を招くことも考えられます。そうなってからでは手遅れですのでイライラを感じたらすぐに解消することが大切です。

旦那からするとまさか自分の行動が妻の心と体に悪影響を及ぼしているとは思いもしません。特に主人在宅ストレス症候群を患ってしまう妻の多くは日頃から我慢して不満を口に出さない方が多いので気が付かない旦那も多いでしょう。

しかし体調を崩してからでは遅いんです。もちろん全てにおいて旦那に原因がある訳ではありませんが、やはり妻の心と体の変化は、旦那が気がついてあげるべきなのではないでしょうか。

お互いを認め合う事こそ最大の改善策!!

3

主人在宅ストレス症候群は妻が旦那に苛立ちを感じている状態の事を言います。しかしこれはどちらかが悪く、どちらかに原因があるわけではありません。もちろん旦那の何気ない言動で妻がイライラしているわけですから、多くの場合旦那に原因があるのかもしれません。

しかし旦那は旦那で一生懸命暮らしているんです。家族を愛し守っていくために必死なんです。ですので旦那だけが悪いと思ってはいけません。

主人在宅ストレス症候群を解消するために最も大切なのは、妻と旦那、お互いを認め合う事です。お互いに大人ですから、自身のライフスタイルを確立しています。それを阻害されると互いに苛立ちを感じてしまいます。

そうならない為にも「妻はこんなにも頑張っているんだ」「旦那は私たちの為に命がけなんだ」という事を理解し合うよう心掛けましょう。

また夫婦である前にひとりの人間だという事を忘れないようにしなければいけません。ですので夫婦であっても過度な束縛は禁物。好き嫌いも各々なんですから趣味などの自由な時間も必要です。

束縛をしてお互いに窮屈な思いをしないよう暮らしていくことが大切ですね。

いずれにしてもその為には会話が必要不可欠です。言葉にしなくても考えていることを理解し合えるというのが理想ではありますが、口にしなければ分からないことの方が圧倒的に多いはずです。

忙しくてすれ違いの生活になりがちではありますが、上手に時間をやり繰りして二人だけのひと時を共に過ごす。これこそが主人在宅ストレス症候群を解消する最大の対策なのではないでしょうか。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ