工夫次第でカップ麺がダイエット食品になる!!

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをするうえで栄養バランスのとれた食事はとても大切な事です。

その為カップ麺などのジャンクフードはダイエットの大敵とされてきました。しかしカップ麺も工夫次第で優れたダイエット食品に生まれ変わります。

簡単な方法ですので試してみましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


「カップ麺で太る」は間違いだった!?

1

ランチタイムにコンビニに行くと、カップ麺を片手にポットの前に並んでいる方をよく見かけます。カップ麺はたった3分程度で調理ができ簡単に食事を済ますことが出来るので本当に便利ですよね。

特に忙しく仕事に追われている方などは、食事に多くの時間を費やすことが出来ないので、カップ麺はとても重宝していると思います。そして何より最近のカップ麺は美味しいですからね。

スープの味もバラエティーに飛んでいますし、有名ラーメン店とコラボした商品なども多く出回っているので、ランチの度にカップ麺を食べている方も少なくないのではないでしょうか。

しかし便利で美味しいカップ麺も、やはり栄養面の事を考えればデメリットが多くあります。

・栄養バランスの偏り
・過剰な塩分摂取
・摂取カロリーの高さ
・etc…

このような事を踏まえると、簡単に食事を済ませることが出来てとても便利ではありますが、決して体に良い食べ物とは言えません。もちろんたまに食べるくらいなら問題ないですが、それが頻繁になれば必ずや食生活は乱れてしまいます。

特にダイエット中のカップ麺はご法度とされています。ダイエットをするうえで栄養バランスの取れた食事はとても大切な事ですので、カップ麺ばかりに頼っていては決して痩せることは出来ません。それどころか取り返しがつかない位に太ってしまう恐れもあります。

その為痩せたいと思いつつカップ麺を口にする時、何とも言い難い罪悪感にさいなまれてしまうものですよね。

・ダイエットの事を考えながらカップ麺を食らってる私…そりゃ痩せないよね…
・痩せたいけどお金ないからカップ麺しか食べられない。どうしたらいいの。
・カップ麺食べたい。でも痩せたい。ああ、お腹すいちゃった。。

ネットにもこのような嘆きの声を呟く人が多いので、それほどカップ麺はダイエットに適していないと思われているようです。栄養バランスが偏ってる、塩分を過剰に摂取してしまう、カロリーが高いとなれば当然といえば当然ですが。

しかしダイエットの大敵とされているカップ麺ですが、工夫次第では優れたダイエット食品に生まれ変わるという事をご存知でしょうか。恐らくほとんどの方が知らない事実だと思いますし、一言で説明しても多くの方が信じてくれないと思います。

ですがこれは紛れもない事実なんです。もしかしたら最も簡単にダイエットできる優秀な食品かもしれません。にわかに信じがたい話ですが、その理由を詳しく理解すれば納得して頂けると思います。

カップ麺をダイエット食品にする工夫!!

c

ダイエットの大敵であるカップ麺を優れたダイエット食品にするためには、難しい事は何ひとつありません。オフィスや外出先など、場所を選ばずに出来ることばかりですので、どうしてもカップ麺を食べなければいけない、カップ麺が無性に食べたいという時は是非試してみてください。

それではカップ麺をダイエット食品にする工夫を詳しく解説していきます。

低カロリー・ノンフライ

カップ麺を食べる際、どのくらいのカロリーがあるのか理解して食べている方はそれほど多くはないと思います。一般的なカップラーメンの場合、一食で約400kcalが平均だとされています。もちろんこれはスープまで一滴残らず飲み干した場合の数値ですが、やはり摂取するカロリーは高めですよね。

それにカップ麺とセットでおにぎり等を食べている方を良く見かけますが、そんな事をしてしまえば更に摂取カロリーは高くなってしまい、ダイエットどころか肥満の原因になってしまいます。

しかし世の中は便利になったもので、近年では低カロリーのカップ麺が数多く出回っています。なかには一食198kcalなんていうものまで販売されていますので、カップ麺を購入する際はこのような低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

これだけで摂取カロリーは通常の半分以下に抑えられますし、お弁当などを食べるよりもはるかに低いカロリーで食事を済ますことが出来ます。

また麺がノンフライのものを選ぶこともおすすめです。ノンフライとはその名の通り麺を油で揚げていない状態のものです。これを選んで食べることで余分な脂を摂取せずに済みますので、普段よりもダイエットに適した食品に変えることが出来ます。

スープは飲まない

冒頭でもお話しましたが、最近のカップ麺はスープの味もバラエティーに富んでいますのでとても美味しくなりました。しかしだからと言ってスープを一滴も残さずに飲み干してしまうと、摂取カロリーは高くなってしまいますし塩分も過剰に摂ってしまう事になります。

そうなれば当然ダイエットを成功させることは出来ず、かえって太ってしまいますので要注意です。スープは飲むものではなく麺に味付けする為だけのものと認識しておきましょう。

また最近ではスープの原液と調味オイルが別の袋に入っていることが良くあります。この場合美味しくしたいからと言ってオイルを入れてはいけません。せっかく別々に封入されているのですから、オイルは入れずにスープの原液だけで楽しむようにしましょう。だからといってスープを飲み干すのは厳禁です。

ダイエットに効くトッピング

ダイエット中におけるカップ麺のデメリットの中でも、特に栄養バランスの偏りは非常に大きな問題です。いくら低カロリーのものを選んで食べたとしても、スープを飲み干さなかったとしても、それだけで栄養バランスが整う訳ではありません。

ですのでカップ麺を食べる際はダイエットに効くトッピングを加えてみましょう。例を挙げると以下の通りです。

・唐辛子
・ゆで卵
・生姜
・etc…

唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が多く含まれており、体を温め代謝を上げる効果が期待できます。代謝が上がれば自ずと痩せやすい体質に生まれ変わりますのでダイエットにはとても効果的です。

ゆで卵は筋肉を生成するのに欠かせないタンパク質が豊富に含まれています。筋肉の量が増えれば代謝も上がりますので、ダイエットに高い効果が期待できます。

生姜も唐辛子と同じように体を芯から温める作用がありますので、代謝を上げ太りにくい体質へと改善することが可能です。この他にもダイエットに効くトッピングは、ニンニク、刻みネギ、胡椒などなど数多くありますので何か一つでも加えて食べるようにしましょう。

春雨や寒天でかさまし

スープを飲まずに麺だけ食べるというのは、何だか味気ないですし満腹感を得にくいのも確かです。それに低カロリーのカップ麺はそれだけ内容量が少ない場合もありますのでお腹いっぱいにならないという方も多いでしょう。

そのような時はカロリーゼロで麺の食感によく似ている春雨や寒天を混ぜて食べてみてください。そうすることで摂取カロリーは同じでもその分かさましされ満足感を得ることが出来ます。

春雨も寒天もスープに入れるだけで柔らかくなりますので特に手間をかける必要はありません。そのうえ長期保存も可能ですのでオフィスに常備させていても問題ありません。

 

まとめ…

3

いかがでしたか。ダイエット中にはご法度とされていたカップ麺も、工夫次第では優れたダイエット食品に変えることが出来ました。最近では忙しく活躍しているモデルさん達も実践しているようですよ。

食事に多くの時間を費やせない方、カップ麺が大好きな方、それでも痩せたいと願う方は是非一度試してみてください。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ