石鹸を使わない!!非常識な入浴法でツルスベ美人に…!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体に付着した汚れや臭いを落とすため、石鹸やボディーソープを使い入念に体を洗っている方は多いでしょう。

しかし憧れのツルスベ肌になるためには石鹸やボディーソープを使わない方が良いそうです。

非常識な入浴法ですが効果は絶大。詳しく見ていきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


石鹸は肌の敵だった…!?

1

世の中には常識を逸脱するような美容法が数多く提唱されています。特にネットが普及した現代においてはその数が急増しているようにさえ感じます。実際このサイトでも「そんなまさか…」「嘘でしょ…??」と言いたくなるような美容法をいくつも紹介してきました。

もちろんその中には首を傾げてしまうようなものもありましたが、ほとんどが高い効果を期待できるものばかりです。やはり非常識とはいえ話題になるレベルのものであれば効果も確かだという事でしょう。もちろん信じる信じないは人それぞれですが…。

そんな中、また新たな美容法を発見したので皆さんにも紹介したいと思います。今回は数ある美容法の中でも特に信じがたいものですが、その効果を実際に体験し、日頃から行っている芸能人も多いようなので、あながち嘘とは言い切れません。

その上よくよく調べてみると根拠もしっかりしているので信じるに値する美容法だと思います。正直常識外れも甚だしいので最初は抵抗を感じるかもしれませんが、美容に敏感な女子たちは一度試してみることをオススメします。

今回皆さんに紹介したい非常識な美容法は「体を洗う時に石鹸を使わない」というものです。もちろん石鹸ではなくボディーソープを使用している方も多いと思いますが、石鹸と同様ボディーソープも使わないという美容法です。

体の汚れを落とすために欠かせない石鹸ですが、実は肌を傷めている恐れが隠れています。この後詳しく説明しますが、意外にも石鹸は肌の敵だったのです。では石鹸を使うと肌にとってどのような弊害があるのか、そして石鹸を使わないとどのような効果があるのか、詳しく見ていくことにしましょう。

乾燥を防止する

石鹸には私たちの肌に付着した汚れや臭いを洗い流してくれるというメリットがあります。しかしそれと同時に体の潤いを保つために欠かせない皮脂までも落としてしまいます。

もちろん余分な皮脂を落とさないとベタベタの肌になってしまいますが、体に必要な皮脂までも落としてしまいますので肌が乾燥してしまう恐れがあります。入浴後にボディークリームなどの保湿剤を万遍なく塗っている方も多いと思いますが、乾燥肌になってしまうとそれだけではケアしきれません。

1年を通して乾燥肌に悩まされている方は、もしかすると普段使っている石鹸やボディーソープが原因かもしれませんね。

肌のベタつきを回避する

先ほどもお伝えしたとおり、石鹸を使用すると皮脂が洗い流されるので乾燥肌になりがちです。でもそもそも脂性の方からすると皮脂をたくさん洗い流してくれるのは嬉しい事ですよね。石鹸を使い体のベタつきを回避しているという方も多いと思います。

しかしそれがかえって肌をベタつかせている原因になっているかもしれません。というのも石鹸は体に必要な皮脂までも洗い流してしまいます。すると体は必要な皮脂を何とか作り出そうと普段よりも余計に皮脂を分泌させようとし、かえって肌がベタベタになってしまうんです。

良かれと思っていることが裏目に出てしまうのは何とも残念な話ですが、乾燥肌の方と同様に脂性の方も普段何気なく使っている石鹸が原因になっているかもしれません。

肌トラブルを抑制する

石鹸やボディーソープを使って体を洗う際、多くの方はナイロンタオルなどでゴシゴシと洗っているかと思います。汚れをしっかり落とそうと思うとどうしても力がこもってしまいますよね。もちとんゴシゴシしたほうがキレイになった気がしますので当然です。

しかしそのゴシゴシは肌を傷めつけている恐れがあります。私たちの肌は意外と繊細に出来ています。それを強い力で刺激すれば間違いなく痛めつけられています。石鹸やボディーソープを体につけることだけでも肌にとっては大敵なのに、その上強い刺激を与えれば肌トラブルを起こすことに繋がってしまいます。

顔だけでなく体のどこかにニキビや吹き出物などが頻繁に現れる方は、もしかすると石鹸やボディーソープ、そしてナイロンタオルが原因になっているかもしれません。

臭いそうだけど大丈夫…!?

2

乾燥肌やベタつき、肌トラブルの原因が石鹸やボディーソープだったなんて、今まで考えたこともありませんでしたね。むしろ石鹸を使用しないと肌に悪いと思っていたので驚きは隠せません。

ですが根拠を調べてみると、意外にも石鹸を使わずに体を洗ったほうが肌にとっては良い事がたくさんありました。特に女性の肌は敏感、そして繊細ですので今日から早速石鹸の使用を中止してみてはいかがでしょうか。

しかしどれだけ肌に良いと言っても、拭いきれない不安があると思います。それが体の臭いです。石鹸は汚れや皮脂だけでなく、私たちの体臭を抑える働きもしてくれていますので、使用を中止したら臭ってしまうんじゃないかと心配になる方も多いでしょう。

ですがそんな心配をする必要はありません。何でも私たちの体には自らの体をキレイにするという本能的機能が備わっているそうですよ。その為石鹸を使わずとも嫌な体臭は自然と消えていくそうです。

もちろんお風呂に入らなくて良いという訳ではありません。入浴しなければ体臭は日毎にキツくなっていくでしょう。そうではなく石鹸を使用しなくてもきちんとお湯に浸かれば体臭がキツクなる恐れはないという事です。

この「石鹸を使わない」という入浴法を実践している芸能人の話によると、湯船に10分程度使っていれば体の汚れの約8割は落ちているんだとか。そして後の2割はお湯のシャワーを浴びながら手で優しく体を擦れば落ちていくそうです。

そもそも体臭は体の汚れなどに菌が繁殖することで発せられます。ですので石鹸を使わなくても汚れがきちんと落ちているのであれば臭う事はまずありませんので心配は不要です。

むしろ肌が傷つかないので臭いを発する菌が繁殖しにくくなって普段よりも体臭が和らぐのではないでしょうか。もちろんデリケートソーンなども石鹸を使う必要がないそうです。

石鹸を使わない上手な入浴法!!

3

さて「石鹸を使わない」という非常識な体の荒い方が意外にもツルスベ肌を手に入れるために効果がある。この事はご理解頂けたと思います。では次に、石鹸を使わない入浴法の正しいやり方を解説していきましょう。

もちろん普段通りの入浴で、ただ石鹸を使用しないという事だけでも十分効果があるのですが、出来るだけ体の汚れをキレイに落とすためにも正しい方法を理解しておきましょう。

①シャワーを浴びながら手で優しく体を擦る
②湯船に約10分浸かる
③シャワーを浴びながら再度手で優しく洗う
④湯船に約10分浸かる
⑤シャワーで汗や汚れた水を洗い落とす

いかがでしょう。「たったこれだけで本当にキレイになったの??」と思う方がほとんどだと思います。しかし前述したとおり体の汚れの約8割は湯船に10分浸かっただけで洗い流されます。それを2回も繰り返すわけですから十分に汚れは落ちているはずです。

これでもまだ信じられないという方がいるとは思いますが、まずは騙されたと思って試してみてください。石鹸やボディーソープを使っていた今までよりもキレイな肌になっているかもしれませんよ。ツルスベ美人を目指す方は是非どうぞ!!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ