コーヒー好きは要注意!!冷え性の原因はカフェインだった!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬…。温かなコーヒーを飲むと体がポカポカになりますよね。

しかし飲み過ぎには注意しなければいけません。なんとカフェインは冷え性の原因にもなり兼ねないそうです。

コーヒー好きの人にはショックな話ですが、カフェインの過剰摂取は控えましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


美人は冷え対策を必ずしている!!

寒さに震える女性

多くの女性の悩みの種である冷え性。手足が冷たくなってしまうとそれだけで辛いですし、日常生活に支障をきたすこともあります。しかし冷え性が問題視されるのは体が冷えて寒いという事だけではありません。

「冷え性は万病のもと」という言葉を耳にしたことはありませんか。体が冷えているという事は間違いなく血流が悪くなっている証拠です。血液が正しく流れていなければ私たち人間の体は様々な病を患う事になってしまいます。

・風邪を引きやすくなる
・生理不順になる
・肩こりや腰痛になりやすい
・便秘がちになる
etc…

これらは冷え性が招く病の一例です。この他にも挙げればキリがないほど様々な病を引き起こす恐れがあります。

更に冷え性は美容に関しても様々な弊害をもたらす原因になってしまいます。

・乾燥肌
・ニキビなどの肌トラブル
・肌のかゆみ
・血色不良
etc…

これもあくまで一例にすぎませんが、このような事になれば美しくなりたいと思う女性であれば死活問題ですよね。どれだけ日頃のケアを入念にしていても、ばっちりメイクを施していても、決して理想の自分に近づくことは出来ません。

そのためテレビや雑誌で輝かしい活躍をしている女優さんやモデルさんは、肌のケアだけでなく、しっかりとした冷え性対策をしているものです。「特別な事は何もしていません」という人も多いですが、私たちはそれを鵜呑みにしてはいけません。

・冷たい飲み物は飲まない
・靴下を履いて眠る
・体が温まる食事をしている
・マッサージを入念に行う
etc…

以上のように美人は必ずしも何かしらの冷え性対策を行っています。これは冷え性が美容の大敵だという事を知っているからです。それに健康を害する恐れもあり体調を崩して仕事が出来なくなることを知っているからです。

私たちも女優さんやモデルさん達のこの行動を真似してみましょう。毎日のスキンケアやダイエットも大切な事ですが、冷え性を患っている状態であればどれだけ頑張っても美しくなれません。それよりもまずは体を冷えないようにする、そんな対策が必要なのではないでしょうか。

ではどんな事が冷えの原因で、どんな事をすれば予防や改善を出来るのか詳しく見ていくとにしましょう。

カフェインの過剰摂取は冷え性の原因!!

2

冷え性にならない為には前述したとおり、冷たい飲み物を飲まない、体が温まる食事をする、マッサージを行うなどの対策が欠かせません。しかしそれでも治らないという方も少なくないのが事実です。

寒い場所にいるわけでもないのに、体を冷やしているわけでもないのに、なぜ冷え性が改善されないのか。もしかしたらコーヒーを飲み過ぎてはいませんか。

寒くなると温かなコーヒーがとても美味しく感じますよね。外出先から帰って来て体を温めるために熱いコーヒーを飲む方も多いでしょう。しかしそれがかえって冷え性を招くことになっているかもしれません。コーヒーでなくともお茶の飲み過ぎかもしれませんよ。

というのもコーヒーやお茶に含まれているカフェインが冷え性の原因になってしまうからです。冷え性とカフェインというと全く持って縁がないものかと思いがちですが、実はカフェインの過剰に摂取すると体を冷やすことになってしまうんです。

カフェインにはそもそも、私たちの体から熱を取り除く性質があります。これは臓器などを守るという優れた働きでもあるのですが、過剰に摂取すると体に必要な熱まで奪われてしまい体はどんどん冷えていってしまいます。

またカフェインには利尿作用を促す性質もあります。おしっこが排出されるという事はその分体内の熱も奪われているという事です。おしっこをした後にブルっと身震いをしてしまうのはこのためです。排尿により体温は一気に低下していきます。

すると冷え性の原因になるのは明らかです。体を温めるために熱いコーヒーやお茶を飲んでいたという人にはショックな話かもしれませんが、これからはカフェインを過剰に摂取しないように気を付けなければいけませんね。

何事も一長一短です。メリットがあればデメリットもあるもの。良かれと思い行っていることが時にかえって症状を悪化させることもあります。その事をしっかり理解して冷え性対策を行っていく必要がありそうですね。

冷え性にならないための対策!!

3

それではここからは、冷え性にならないためにはどのような対策をしていけばいいのか、詳しく見ていくことにしましょう。

まず前述したとおり、冷たい飲み物を飲まない、体が温まる食事をする、マッサージを行うなどの対策は毎日欠かさず行う事をオススメします。カフェインがどうのこうのの以前に、根本から体を冷やさないようにするという事は何よりも大切な事ですので、毎日少しづつでも良いので行っていきましょう。

それでも改善されない場合は、カフェインに気を付けていくことが大切になっていきます。しかし全くカフェインの摂らない方が良いという訳ではありません。カフェインにはカフェインなりのメリットがあるので、過剰に摂取しないようにするという事が大切です。では具体例をどうぞ!!

コーヒーは1日2杯まで!!

コーヒが好きという方は何も我慢する必要はありません。冷たい飲み物を飲むよりは温かいものの方がよっぽどましですから、熱いコーヒーも飲んで構いません。しかし飲み過ぎないように注意する必要はあります。

コーヒーは出来るだけ1日2杯までを心掛けましょう。デスクワークが中心の生活をしている方はついつい何倍も飲んでしまいがちですが、それは間違いなく冷え性の原因になります。休憩時間だけといったように自分の中で決めごとを作り2杯までに抑えることが何よりも大切な事です。もちろん緑茶や紅茶なども同様です。

ハーブティーを飲む

どうしても温かいものを飲みたくなったら、コーヒーや緑茶、紅茶ではなくハーブティーを飲むようにすることをオススメします。ハーブティーの場合はカフェインの含有量が比較的少ないうえ、血行促進作用がありますので冷え性の対策にはもってこいです。

特に生姜やシナモン、ローズヒップなどを取り入れると良いでしょう。これらはハーブの中でも特に体を温める効果がありますのでおすすめです。

ココアを飲む

ハーブティー以外にもココアを飲むことをオススメします。ココアは体温上昇が急速ではないものの、体温低下も緩やかなので一度体が温まったら中々冷えるという事はありません。温まるまでに時間はかかりますが、慢性的な冷え性の方にはもってこいと言えるでしょう。

またココアにはリラックス効果があるので仕事中の休憩などにはぴったりなのではないでしょうか。もちろんカフェインもほぼゼロですのでオススメです。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ