夜中の辛い咳をすぐに止める方法!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒くなって今日この頃。早くも風邪を引いてしまった方も多いですね。

風邪を引くと何故だか夜中に辛い咳が止まらなくなります。眠れないし息苦しいしとても辛いですよね。

しかしご安心を…。

夜中の辛い咳をすぐに止める方法があったので参考にしてみて下さい。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


何で夜中に咳が出るの!?

1

風邪を引くと様々な症状があらわれますが、その中でも咳は特に辛いですよね。発熱は何とか我慢することが出来ますし、鼻水などは頻繁に鼻をかめば何とかなるでしょう。しかし咳は自然と出てきてしまいますのでどうしようもありません。

息苦しいし酷い場合には吐き気を催す場合もありますので非常につらいものです。特に夜中眠っている時に出る咳は非常に厄介ですよね。ただ単に咳が出るだけでも苦しくて吐きそうになるのに、眠っている間に咳が出ると「このまま窒息死してしまうんじゃないか」と不安にもなります。

それでいて夜中の咳は中々止まりません。痰が絡んでいて咳が出ているのなら出してしまえば治まるのですが、夜中に出る咳は痰が絡んでいない事が多く、何回咳をしても一向に止むことがありません。

これは大人でも辛い事です。夜中にひとりでもがき苦しんだ経験は誰しもあるでしょう。ですから子供だったら尚の事辛いはずですよね。幼い子を持つ親御さんたちはそばで見ていて本当に心苦しくなりますよね。

そばにいるだけ、背中をさするだけしか出来ないんですから。本来なら代ってあげたいと思うところですが、こればかりはそうもいきません。愛する我が子が苦しんでいる姿、出来ればみたくないですよね。

そもそも何で夜中になると咳が止まらなくなるんでしょうか。もちろん咳は異物が気管に侵入しないようにするための防衛反応ですので、ホコリとか痰とか、何かしらの異物が原因なのは確かです。

しかしそれなら起きている時も同じこと。何で夜中の方が咳き込みやすく、なかなか止まらないという状況に陥ってしまうのでしょうか。辛い咳を出来るだけ早く止めるためにも、その原因についてまずは詳しく見ていくことにしましょう。

夜中は気道が敏感になる

前述したとおり私たちの体は肺にホコリなどの異物を混入させないための防衛反応として咳が出ます。もちろんこれは起きている時も眠っている時でも変わりありません。しかし夜中は昼間起きている時に比べると気道がとても敏感になるんです。

これを専門的には「気道過敏性」と言います。こんな難しい言葉を覚える必要はないのですが、眠っている間は起きている時と違い意識がありません。もちろん完全に意識を失っているわけではありませんが、起きている時よりも様々な面で無防備になっています。その為ホコリなどの異物を吸い込みやすい状態になってしまうので、気道は通常よりも敏感になります。

ですので起きている時にはなんでもない小さな異物でも、夜中は咳の原因になってしまうんです。そのうえ敏感になっているわけですから一度咳き込み始めたら止まらなくなってしまいます。

夜中は気道が狭くなる

夜中眠っている間は体の中の様々な機関もお休みの状態に入ります。これは副交感神経が優位に立っている状況でして、どうしても気道が昼間よりも狭くなってしまうんです。気道が狭くなれば普段は感知しない小さな異物にも反応してしまい咳が止まらなくなってしまいます。

これは大きな穴に物を落とした時と小さな穴に落とした時を想像すればわかりやすいですね。大きな穴に落としてもその周辺にものがぶつかることはありません。しかし小さな穴であれば同じ大きさのものでも外周にぶつかってしまいます。夜中の咳もこれと同じことが起こっているんです。

体温の低下によるもの

眠っている間は体温調整が起きている時よりも上手に出来ません。その為急激に体温が低下する場合があります。特に風邪を引いている時は体の様々な機能が低下しているので体温を下げやすい状態にあります。

急激に体温が低下すると気管が一気に収縮をはじめます。すると異物が混入したわけでもないのに咳が止まらなくなります。

夜中の咳をすぐに止めるには!?

2

夜中に咳が止まらなくなる理由はお分かり頂けたと思います。しかし理由を理解したところで実際に咳が止まってくれないことには辛くて辛くて仕方ありません。もちろん我慢できる範囲なら良いのですが、酷くなって嘔吐してしまう場合もあるので出来るだけすぐに止めたいですよね。

それに我が子が苦しんでいる姿を見ていると、何とも居たたまれない思いになってしまいます。ではここからは夜中の咳をすぐに止める方法を詳しく見ていきましょう。

「そんな事できるのか…!!」と疑問に感じる方も多いと思いますが、ご安心ください。原因が分かれば自ずと改善策は見えてくるものです。難しい方法ではないのでいざという時のために覚えておくとよいでしょう。

温かいものを飲む

夜中に咳が止まらなくて息苦しい場合、飲み込むのが大変かもしれませんが温かい物を飲むようにしましょう。前述したとおり体温が低下すると気管が収縮をはじめ咳き込みやすくなってしまいます。温かい飲み物を飲めば自然と体温は上昇しますので辛い咳を止めることが出来ます。

また喉が乾燥していると咳が出やすくなります。そのうえ一回咳をすると喉の乾燥はどんどん加速していきます。喉がカラカラの状態にならないよう飲み物を飲んで潤してあげましょう。

この時冷たいものではあまり効果がありません。温かい物は蒸気が出ますのでそれでのどを潤すことが出来ます。必ず温かい物を飲むようにしましょう。

お子さんの場合は眠っている時に急激に飲み物を飲ますと誤嚥してしまいかえって咳き込むことになり兼ねないので、状態を起してあげて目を覚ましてから飲ませるようにして下さい。

ハチミツをなめる

ハチミツをひとさじ舐めるのも夜中の咳には効果的です。はちみつの独特なとろみは喉に潤いを与えるのにもってこいです。そのうえハチミツには咳止めシロップと同等の咳止め成分が含まれているそうなので、お子さんでも安心して使用することが出来ます。

もちろん大量に舐めるのはオススメできません。どうしても咳が止まらい場合にスプーン一杯程度が理想的です。お湯に溶かして飲んでみると口にしやすいので良いかもしれませんね。

背中を蒸しタオルをあてる

咳が出たときや吐き気を催した時、背中をさすることがありますよね。実はこれって凄く理に適っているんです。先ほども説明したとおり体温が低下すると咳き込みやすくなります。その為背中をさすって体温を上げてあげると咳をとめることが出来るんです。

しかしそれでは体温が上がるまでにあまりにも時間が掛かり過ぎてしまいます。それにそばに誰もいない場合には摩ることが出来ません。

ですのでその代わりに温かな蒸しタオルを用意し背中に当ててあげましょう。こうすることで体温をすぐに上昇させ咳を止めることが出来ます。蒸しタオルが用意できない場合にはホッカイロでも代用できますので試してみて下さい。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ