チートデイでダイエット停滞期を乗り越えよう!!

体重計を持った女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ダイエットをしていると、最初は順調に体重が落ちていたのに突然思い通りに行かなくなる時が必ずや訪れます。

これを停滞期というのですが、チートデイという方法を取り入れることで簡単に停滞期を乗り越えることが出来るようです。

是非試してみましょう!!



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


そもそもチートデイとは…!?

1

チートデイという言葉を耳にしたことありますか??

一般的にはあまり広く知られていない言葉ですが、ダイエットに励んでいる人は是非とも覚えておくと良いでしょう。いや、必ず覚えておいた方が良いかもしれませんね。なぜなら必ずやチートデイを必要とする時がやってくるからです。

そもそもチートデイとは何なのか…。簡潔に説明すると「ダイエット停滞期を乗り越えるための方法」です。

ダイエットをしていると体重が落ち体型もスリムになっていきます。もちろんそれが目的なので当然ですが、最初は順調でもある日突然そのペースが落ち思い通りの結果が出なくなる時があるんです。

これを「ダイエット停滞期」と言います。

これは決して珍しい事ではありません。ダイエットに取り組めば大体の人が陥る現象です。

・一気に体重5キロ減ったけど、そこから全然減らないのはなんで??
・目標まであと1kgってところで停滞中…orz
・急に痩せなくなったのはダイエットするなっていう神のお告げ…?
・運動量たりないのかな。どんだけ頑張っても停滞期から抜け出せない。

このようにネットでも多くの人が停滞期から抜け出せないことを嘆いていますので、ダイエット中のほとんどの人に停滞期が訪れるという事がよく解りますね。

このような現象が起きるのは、ダイエットで体脂肪を減らすと脳や体は健康を維持するために必要な脂肪を蓄えようとするからなんです。すなわちダイエットが着々と順調に行えているという証拠です。

とはいえせっかく頑張っているんですから出来るだけ早く停滞期から抜け出したいものです。そこで役立つのがチートデイです。

チートデイ…。日本語に訳すと「騙す日」となりますが、その名の通り停滞期に入ったら、あえてカロリーを沢山摂取し、脳と体に「ちゃんと栄養摂ってるから大丈夫だよ」と意図的に伝え騙す方法の事を言います。

たった一日だけ普段よりもたくさんの食事をとり、その翌日から再び食事制限および運動などご自身のダイエットを再開します。食べてしまったら余計太って停滞期が延びてしまうのではないかと不安にもなりますが、脳と体が騙されて結果的にますますダイエットの効果が上がります。

聞きなれない名前なので難しい方法なのではないかと不安になりますが、至って簡単な事です。一日だけ食べる量を増やすだけなので楽ちんですよね。むしろ普段食べるのを我慢しているんだから喜ばしい事かもしれませんね。

チートデイの正しい実践法!!

2

では早速、チートデイの正しい実践法を具体的に見ていきましょう。前述したとおり停滞期に入ったと感じたら、一日だけいつもより多めの食事をとるだけなので難しい事はありません。

しかし正しい方法で行わないと良い結果に結びつかないので要注意です。決して自己流で行わないようにしましょう。では段階を踏んで見ていきましょう。

どのくらい食べればいいの??

チートデイを行う時、どのくらいの量を食べたらいいのか、これが一番の疑問だと思います。ただ単に「一日だけ食べる量を増やせ」と言われてもいまいち分かりませんし、本当に食べていいのか不安になりますよね。

食べる量は、ダイエット中の摂取カロリーにプラスして2500kcalを摂取するようにするのがベストです。

女性の場合ですと基礎代謝の平均が1500kcalと言われていますので、ダイエット中の摂取カロリーは1300kcalが目安となります。ですのでチートデイを行う日は「1300kcal+2500kcal=3800kcal」を一日で摂取できるような食事を心掛けましょう。

そんなに食べて大丈夫なの…??

このような疑問が生じるのは当然ですよね。何しろ基礎代謝の2倍以上ものカロリーを摂取するわけですから。しかしこのくらいしないとチートデイの効果は出ません。不安でも食べてくださいね。

もちろんこれはあくまでも平均ですので、出来ることならご自身の基礎代謝量、ダイエット時の摂取カロリー目安などはあらかじめ調べておきましょう。

何を食べてもいいの??

ダイエット中の摂取カロリーにプラスして2500kcalを摂取する。こう聞くと何を食べても良いと勘違いされる人が多いのですが、決して何を食べても良いという事ではありません。

もちろんダイエット中に食べるのを我慢しているんですから、チートデイの時くらい好きなものを食べても構いません。その方がストレスもなくダイエットが長続きし結果的には高い効果が期待できますので…。

だからと言ってなんでも良いという訳ではありませんよ。タンパク質の豊富な肉や魚、食物繊維が多い野菜や果物を優先的に食べるようにしましょう。ご飯やパン、麺類などは極力増やさない方が得策です。一切食べてはいけないわけではありませんので、健康を害さない程度には食べるようにしてくださいね。

いつ行えばいいの??

チートデイはダイエットが順調にいっている時、すなわち体重や体脂肪率の変化が著しい時に行ってはいけません。必ずダイエット停滞期に入ったと感じてから行いましょう。

とはいっても停滞期に入ったと判断するのは簡単ではありませんので、大体3週間に1回の頻度を目安にしてみて下さい。カレンダーなどにチートデイを行った日の記録を付けておけばわかりやすいと思います。

無計画なチートデイはご法度!!

3

ダイエット中にたった1日でもたくさん食べても良い日があると思うと嬉しくなりますよね。

普段我慢しているお肉をいっぱい食べよう…。せっかくだから外食しちゃおう…。

こういった欲望が一気に湧き出てくる気持ちはとても理解できます。しかしチートデイは前述したとおり正しい方法で行わなければ効果が出ません。自己流や勝手なアレンジを加えて行ってしまえば、停滞期を抜け出すどころか、未来永劫ずっと停滞期になってしまいかねませんので注意してくださいね。

また無計画に行うのはご法度です。チートデイを行った日の事は必ずカレンダーや手帳に記録して、いつ行ったのかを忘れないようにしましょう。

ちなみにこの方法は一般的には認知度が低いですが、モデルやアスリートなどは定期的に行っているそうですので効果は絶大です。もちろんこれらの人は計画的に正しい方法で行っているからこそ絶大な効果があるんです。誤った方法では決して行わないようにしてください。

最後にもうひとつ注意点をお伝えしておきましょう。

チートデイを行う時は「食べたら太る」という気持ちは捨ててください。その気持ちがあるために中途半端に摂取カロリーを増やすと効果がありません。逆に太る原因になってしまいますので、きちんと計れないにしても「大体プラス2500kcal」を目安に食べるよう心掛けてください。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ