実は危険な水ダイエット!!水中毒と予防法。

ミネラルウォーターを飲む女の子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前から水ダイエットという超簡単なダイエット法が人気を集めています。実際にその高い効果に驚かれた人も多いでしょう。

しかしその裏側には“水中毒”というとても怖い落とし穴が潜んでいるんです。

水中毒の危険性について詳しく見ていきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


水ダイエットは一長一短!!

1

世の中には様々なダイエット法が存在します。どう考えてもキツイもの、簡単すぎて効果を疑うもの、本当に数多くのダイエット法が提唱されています。その中でも数年前から注目をあつめ人気を博しているのが水ダイエットです。

実際に取り組まれた人も多いでしょう。何しろ「水を1日約2リットル飲むだけ」という極めて簡単な方法ですから、運動が苦手な人、食事制限をしたくない人が飛びつくのも理解できます。

効果の程はもちろん絶大で、実際に肥満に悩んでいた人があっという間に理想の体型を手に入れたという話をいくつも耳にします。しかし何事も一長一短。メリットがあればデメリットもあるものです。

水ダイエットも同様、簡単で高い効果が期待できるいっぽう、非常に怖い落とし穴もその裏に潜んでいます。それが“水中毒”です。

どのような危険性があるのか、この後詳しく解説していきますが、水中毒になるとダイエットどころの騒ぎではありません。かえって太ってしまう可能性もありますし、ひどい場合ですと重度の疾患となり死亡するケースも…。

今現在水ダイエットに取り組んでいる人、そしてこれから挑戦しようとしていた人にとっては非常に残念な情報になってしまうかもしれませんが、取り返しのつかないことになり兼ねませんのでしっかり知識を深めておいてください。

もちろん水ダイエットを完全否定するわけではありません。正しい方法で行えば危険性も少なくなりますし高い効果も期待できますので、まずは落とし穴にハマらないように注意することが大切です。

水中毒とは…!?

水を飲む

水中毒…。あまり聞きなれない言葉ですよね。しかし意外にも多くの人がこの症状に悩まされているそうですよ。ちなみに水ダイエットを行った人以外でも、熱い夏場の水分補給で水を飲み過ぎて発症した方も多いようなので、誰もがこの危険と隣り合わせにあるという事です。

ではまずどんな症状が出て来るのか、詳しく見ていきましょう。

水中毒の症状

水中毒の症状は多岐にわたり、決して一言では言い切れません。代表的なものを例に挙げてみますと以下の通りです。

・疲労感やむくみ
・頭痛
・吐き気
・痙攣
・意識障害
・精神分裂
・呼吸困難
etc…

これはあくまでも一例にすぎません。この他にも昏睡や人格変化など人によって様々な症状があらわれてきます。これらはいずれも軽度なものから重度なものまで様々です。最悪の場合は死に至ることもあるそうですので軽視してはいけません。

水中毒の原因

水中毒の原因は水の飲み過ぎや誤った飲み方です。水ダイエットに励んだり夏場に水分を豊富に補給しようとして、あまりにも大量な水を飲むと体の水分量のバランスが乱れ、様々な細胞が膨らんでしまいます。

水中毒は別名「低ナトリウム血症」と呼ばれる事があり、水分バランスの乱れ、血液中のナトリウム濃度の低下、各症状を発症といった順で悪化していきます。

ちなみに「尿として余分な水分を排出すれば問題ない」と思われがちですが、そもそも私たち人間は1分間で16mlの尿しか作ることが出来ないので、それを超えるスピードで大量の水を飲んでしまうと水中毒に陥ってしまいます。

日頃どのくらいの水を飲んでいるか、そして一気に飲み過ぎていないか、今一度見直してみる必要があります。

こんな人は要注意です!!

3

さて、水中毒は実際に症状が出るまで自覚することが簡単ではありません。その為症状が出る前に、水中毒になる可能性がないかセルフチェックをしてみましょう。

以下の項目にひとつでの当てはまったら、少々危険な状態にあるかもしれません。もちろん100%水中毒になるとは言い切れませんが、軽視は出来ませんので一度確認しておきましょう。

①お腹を叩くとチャポンチャポンと音が鳴る
②下半身および下っ腹が太っている
③脛を指で押した時、皮膚が戻らず指の形が残る
④日常的にむくみが生じる

いかがでしょう。いくつか当てはまるものがあったでしょうか。特に大量の水を飲んでいないのに当てはまった人もいると思います。しかしいずれにしても何かしらの疾患が原因という可能性は否定できませんから、一度専門のドクターに見てもらう事をオススメします。

ほんの少しの注意で予防できる!!

??????

どうでしょう。普段水の飲み方などに気を使ったことはないと思います。まさか水が原因で病気になるとは思いもしませので驚いてしまいますよね。しかし過度に恐れることはありません。

水ダイエットにしろ夏場の水分補給にしろ、正しい方法で飲めば水中毒になることはまずありませんので安心してください。しかもその方法は至って簡単。ほんの少しの注意で予防することが出来ますので、以下の事をしっかり覚えておきましょう。

適量を守る

1日に飲んで良い水の量というのは人それぞれ大体決まっています。それを守らずに大量摂取すると水中毒になる恐れがありますので要注意です。

ちなみに水ダイエットを行う場合は1日2リットルまでが目安です。むしろ2リットルが上限といっても良いでしょう。それ以上飲むと過剰摂取になりますので上限を必ず守ってください。

しかしこれは肥満の人の目安です。水ダイエットを行う人の中には決して肥満じゃない人もいるでしょう。そのような人は上限を1.5リットルに設定してください。これは夏場の水分補給でも同じことです。痩せたいと思うあまり、熱中症にならないようにするあまり、ついつい大量に飲んでしまいがちですがそれは逆効果だという事を覚えておきましょう。

一気に飲まない

水はただ飲めば良いというものではありません。喉が渇いたからと言って一気に飲んでしまうと落とし穴にハマってしまう事になりますので要注意です。

特に水ダイエットを行っている人は、何とか2リットルを飲み切ろうとして1回で大量の水を飲んでしまいがちです。しかしこれでは利尿作用が追い付かず水中毒になり兼ねません。

ただ飲み切るのではなく、何回かに分けて飲むよう心掛けましょう。

おしっこを我慢しない

おしっこは人間の生理現象ですのでいつ何時したくなるかわかりません。しかし社会の中で生活していれば我慢しなければならない時が必ずあります。大人としてトイレを我慢出来ないというのは少々宜しくありません。

が、おしっこは出来るだけ我慢しないようにしましょう。出したい時に出さないと余分な水分が排出されず、体内の水分バランスが崩れてしまうので水中毒になってしまいます。我慢しなければいけない場所に行く前には、必ずトイレでおしっこを出す。膀胱が破裂してしまいなほど我慢してはいけません。

いかがだったでしょうか。人間が健康に生きていくために欠かせない水が、このように病気の原因になるなんて思いもしませんでしたね。効果が高くて簡単に行える水ダイエット。取り組むときは以上の事をしっかり踏まえて正しい方法で行っていきましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ