脂肪燃焼成分!!みかんダイエットの方法とNG!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人にとても馴染み深いみかんがダイエットに期待できるという事をご存知でしょうか。

しかも運動や食事制限を必要としないダイエット法なのでズボラさんにもおすすめです。

冬にぴったりなみかんダイエットについて詳しく見ていくことにしましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


みかんの成分はこんなに優秀だった!!

1

冬になるとどの家庭でもみかんが常備されますよね。ひとり暮らしの人はあまり食べる機会がないかもしれませんが、それでも実家から送られてきたりスーパーで見かけると無性に食べたくなりますよね。

そんな私たちに馴染み深いみかんが、なんとダイエットに優れた効果があると話題を集めています。話題になっているというと何だか噂に過ぎないんじゃないかと疑ってしまいたくなりますが、決して噂レベルの話ではありません。

良く調べてみるとみかんにはダイエットに高い効果が期待できる成分が豊富に含まれていることが明らかになりました。それを美容に詳しい専門家やお医者さんまでもが認めているので、あながち否定は出来ませんよ。

それでは早速みかんにどんな優れた成分が含まれているのか、その効果と併せて詳しく見ていくことにしましょう。専門的な言葉がいくつか出てきますが決して難しい事ではないのでじっくり学んでいってください。

クエン酸で糖質を燃焼

クエン酸という言葉を聞いたことがあるでしょうか。栄養ドリンクやサプリメントなどに含まれているので1度や2度は耳にしたことがあると思います。また最近では食器洗剤などにも含まれていることが多いので、主婦の方には馴染み深い成分かもしれませんね。

このように一見するとクエン酸はダイエットとは全くかけ離れた効果があるように感じます。栄養ドリンクやサプリメントに含まれているわけですから、主に疲労回復や美肌効果などが期待できるでしょう。また食器洗剤などに含まれている事を踏まえると、汚れを落とすのに効果があるのではないかと思われます。

しかしクエン酸の効果はそれだけではありません。なんと私たちが食事で体内に摂取した糖質を分解して燃焼させる効果も期待できるんです。

糖質を燃焼させてエネルギーに変えることはダイエットにおいて非常に大切な事です。その為に多くの人が頑張って運動に励んでいるわけですから。それを運動なしにみかんを食べるだけで出来るとなれば何とも嬉しい限りですね。

ちなみにクエン酸が含まれている食べ物はみかん以外にもたくさんあります。

・レモン
・グレープフルーツ
・パイナップル
・キウイ
・イチゴ
・アセロラ
etc…

これを見て勘の良い人は既にお分かりかもしれませんね。何を隠そうクエン酸は酸っぱいと感じさせる成分なんです。ですので酸味がある果物全般にクエン酸は含まれています。

しかしその中でも特にクエン酸含有量が多いのはみかんです。もちろんレモンの足元には及びませんが、他の果物と比較した場合みかんはかなりの優れものだという事が分かります。

ペクチンでコレステロール低下

ペクチンという成分はクエン酸と比較するとあまり聞きなれない名前ですよね。しかしどちらかというとクエン酸よりもペクチンの方がダイエットに期待が出来る成分です。

ちなみにペクチンが含まれる食材も数多く存在します。挙げればキリがないので割愛しますが、そもそもペクチンは食物繊維の一種なので、本当に様々な果物や野菜に含まれています。

ではこのペクチンがどんな働きをしてダイエットに導いてくれるのかというと、それはコレステロールの吸収です。

コレステロール値が高い人は大体肥満に悩まされています。いっぽう痩せている人というのはコレステロール値が低いという特徴があります。すなわちダイエットにおいてコレステロール値をコントロールすることは非常に大事だという事です。

マヨネーズなんかでもコレステロールオフなんていうものが多く市販されていますよね。これはコレステロール値が上がり肥満にならないようにという狙いがあります。それほどダイエットとコレステロールの関係性が深いという事でしょう。

しかしただ単にみかんを食べていればこのペクチンを摂取できるという訳ではないんです。なんとこのペクチン、みかんの果実ではなく内皮に多く含まれているんです。

女性に多く見られるのですが、みかんの内皮を向いて食べるという人がとても多く感じます。固い皮もありますし食べずらいのはわかりますが、ダイエットを目的とした場合は内皮を剥かずに食べることをオススメします。

ですので缶詰のみかんではダイエットになりませんのでご注意ください。

みかんダイエットの正しい方法!!

2

普段何気なく食べているみかんがどれだけ優秀だったかご理解頂けたでしょうか。それではここからはみかんダイエットの正しい方法を見ていくことにしましょう。

いくらダイエットに効果がある成分が豊富に含まれているからとはいえ、むやみやたらに食べて良いという訳ではありませんので、しっかりと正しい知識を身に着けてくださいね。ではどうぞ!!

いっぱい食べてもいいの??

ダイエットになるなら出来るだけみかんを沢山食べよう!!

そう思う気持ちも良く理解できますが、そんな事をしたらダイエットどころか肥満にまっしぐらになってしまいます。何事も過ぎたるは及ばざるが如し。極端に考えてしまうとついつい食べ過ぎてしまいますので気を付けましょう。

ダイエットに最も効果的な量は1日3個がベストだとされています。それ以上でもそれ以下でもなく3個食べるという事を心掛けましょう。

いつ食べるのがベスト??

食べるみかんは1日3個とお伝えしましたが、それは必ず食事の前に1個食べてほしいからです。すなわち食べるタイミングは朝昼晩の食事の寸前がベストという事です。

これは食事によって摂取した糖質やコレステロールの分解や燃焼を促すためです。だったら食後のデザートとしてでも良いのではないかと思われますが、それでは効果が半減してしまうので食前を必ず守るようにしましょう。

というのもみかん1個の水分量は意外に多いものです。それを食前にお腹の中に入れれば通常の食事よりも少量で満腹感を得ることが出来ますよね。ダイエットに効果的な成分を摂取し、尚且つ食事の量を減らすことが出来ればさらに効果は高くなります。

これは絶対にNG!!

3

みかんを食べるだけでダイエットになる…。なんて嬉しい事でしょうね。今まで頑張ってきた苦労が何だったのかと思うほどですよね。

しかしどれだけ優れたダイエット法だとしても、以下の事だけは絶対にNGですので気を付けてください。

食事に置き換え

みかんがダイエットに効果があるというと、必ずや食事を抜いてみかんだけを食べ続ける人が出てきます。しかしこれでは必要な栄養がとれないので体調を崩しかねません。例え痩せられたとしてもゲッソリしていてキレイではありません。絶対に食事に置き換えることはNGです。

内皮を剥く

前述したとおりダイエットに効果があるペクチンという成分は、みかんの果肉ではなく内皮に含まれているものです。ただ美味しく食べるだけなら問題ないですが、みかんをダイエットに役立てたいと思うのなら内皮は絶対に剥いてはいけません

すぐに諦めない

みかんダイエットは他のダイエット法と違いすぐに効果が出るわけではありません。どちらかというとダイエットに効果的な成分を摂取して体質を改善するという方法ですから、効果が出ないからといってすぐに諦めないようにしましょう。

以上のことを踏まえて上手にみかんダイエットを続けていってください。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ