【徹底比較】ランニングは朝と夜どちらが効果的!?

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットに最も効果があると言われているランニング。毎日頑張っている方も少なくないでしょう。

しかし結局のところ朝と夜どちらに走ることがダイエットには効果的なんでしょうか。

少しでも効果的に痩せるために徹底比較してみましょう!!



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


ダイエットにおけるランニングの目的!!

1

ダイエットのために毎日ランニングに励んでいる人を良く見かけます。痩せるためには走るが一番と今も昔も言われているので頑張っている人も多いでしょう。理想の体型を手に入れるために日夜努力するというのは素晴らしい事です。痩せたい気持ちがあっても行動に移せない人がほとんどなので、シューズを履いて出かけるだけでも立派だと思います。

さてダイエットを目的にランニングをしている人に質問があります。普段と夜どちらの時間帯に走っているでしょうか

これは人それぞれだと思います。始業時間が早く朝に走れない人や早起きするのが苦手な人は夜。仕事が忙しく帰宅が遅い人や比較的夜型の人は朝に走っているでしょう。もちろんいずれにしても走るというのは大いに結構です。

しかし朝と夜、果たしてどちらの方がダイエットに効果的なのでしょうか。せっかく走るのですから、より早くダイエット効果が現れた方が良いに決まってますよね。という事で今回は朝走るのと夜走るのでは、どちらが痩せやすいのか検証してみたいと思います。

その前に確認しておきましょう。ダイエットにおけるランニングの目的とは一体なんでしょう。これを知っているかどうかで走り方にも大きな差が生じますので良く覚えておいてください。

ダイエットにおけるランニングの目的は…

脂肪燃焼

これ以外の目的は他にありません。もちろん筋肉を鍛えるとか体力をつけるとか、様々な目的が考えられますが、結局のところそれは脂肪燃焼を促すための目的に過ぎません。

筋肉がないと代謝が下がりますので脂肪は燃えません。体力がなければどれだけ筋肉を鍛えても効率よく働かせることが出来ませんので脂肪燃焼には繋がりません。このようにダイエット中の人のランニングは全て脂肪を燃焼させるためのものだという事を今一度把握しておいてください。

という事は夜と朝どっちが脂肪燃焼効果が高いのかという事を調べていけば自ずとどちらが痩せやすいのかが見えてきそうですね。この後詳しく解説していきたいと思います。

メリット&デメリット(朝編)

2

朝のランニングってとても気持ちが良いですよね。頭もスッキリしますし何よりも朝日を浴びて走るというのは心も体もリフレッシュされるような気になります。

しかし何事も一長一短。メリットがあればデメリットもあるものです。ますは朝のランニングの良し悪しを見ていきましょう。

メリット

朝ランニングのメリットは様々ありますが、例を挙げるとするなら以下の通りです。

・お腹の中が空っぽ

これはダイエットにおいてとてもメリットがあります。ランニングをするとエネルギーをたくさん消費することになります。私たち人間の体はエネルギーをまずは食べたものから確保する性質があります。

そのためお腹に何かが入っていると蓄積された脂肪が燃焼されるまでに時間が掛かってしまいます。要するにお腹が空っぽの状態で走ると脂肪燃焼効果が促進されるという事です。

・体の動きが活発になる

運動をすると体力を消耗して体の動きが悪くなるのではないか。そう思う気持ちもわかりますが、実はそれ、全くの間違いなんです。体を動かすことにより脳が覚醒されるため、日常の生活も活発になります。

すると普段は面倒だと思っていた階段もスイスイ登れるようになりますし、ダラダラと一日を過ごすことがなくなりますので知らず知らずのうちに体を動かし脂肪燃焼を促すことに繋がります。

・長続きする

ランニングを始めたときはやる気満々だったのに、時間と共に面倒になってしまい挫折してしまった…。このような経験は誰もがあるでしょう。ダイエットにおいて継続というのは非常に大切な事です。

しかし夜よりも朝の方がこうなるリスクが極めて低いという研究結果があります。朝の脳は夜よりも前向きでポジティブですから、面倒になって挫折という可能性が低くなります。

デメリット

・運動能力が低い

朝起きたときというのは体が完全に目覚めてません。その為運動能力が昼や夜よりも低くなる可能性があります。すると夜と同じ距離を走ったとしても余計に時間が掛かってしまったり、体が思うように動かないので無理をすると思わぬケガを招いてしまいます。

朝起きてすぐに体が重たいと感じた事があるでしょう。それは体が完全に目覚めていないからです。

・起きれない

朝は夜よりも脳の働きがポジティブだとはいえ、起きれなければ元も子もありません。普段から夜更かしが多い方、深夜までの残業が続いている方にとって早起きするというのは非常に大変な事ですよね。

起きれなくてつい走るのは辞めてしまったとなればダイエットどころではありません。

・朝食を抜いてしまう

ダイエットを成功させるためには規則正しくバランスの取れた食事が欠かせません。しかし朝にランニングをしてしまうと、出勤までの時間が少なくなりついつい朝食を抜いてしまいがちになります。

また走り終えたばかりで思うように食事が喉を通らないというケースもあるでしょう。いずれにしてもダイエットに必要な栄養が欠けてしまうというデメリットがあります。

メリット&デメリット(夜編)

3

仕事や勉強など、どうしてもランニングする時間が夜にしか取れないという方も多いでしょう。もしくは夜走る方が好きという人も少なくないと思います。

では次に夜ランニングのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・食欲を抑える

朝ランニングのデメリットでも言った通り、走ったばかりの時は思うように食事が喉を通らないというケースが往々にしてあります。朝食の場合はこれがデメリットになりましたが、夕食の場合はメリットにもなります。

3食きちんと食べることは大事な事ですが、夜の暴飲暴食はダイエットの大敵です。その食欲を抑えることが出来るのならそれに越したことはありません。夜って美味しいものが多いからついつい食べ過ぎてしまいますよね。

・ぐっすり眠れる

ダイエットにおいて良質の睡眠もとても大切な事です。私たちの体は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。すなわちよく眠らないと脂肪燃焼に欠かせない筋肉の成長が著しく低下してしまいます。

ランニングをすると体温が上がり良質の睡眠をとれるだけでなく、寝つきも良くなるので非常に効果的です。

デメリット

夜ランニングのデメリットは様々ありますが、今さら説明するまでもないかもしれません。というのも、朝ランニングのメリットの逆がそのまま夜ランニングのデメリットになるからです。

すなわちこういう事です。

・お腹の中に食べ物がある
・疲れているので体の動きが鈍くなる
・長続きしない

もちろんこれでも走るに越した事はありませんが、上記のようなデメリットがあるという事は覚えておいてください。

結論

4

さて朝ランニングと夜ランニングのメリット&デメリットを詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか。いずれも一長一短ですので甲乙つけがたい部分はあるのですが、結論としては以下のようになると思います。

ダイエットのためなら朝ランニングの方が効果的

ダイエットにおいて最も大切なことが脂肪燃焼効果だとするならば、こういった結果になるでしょう。もちろん夜走ることで得られる効果もたくさんありますので、夜走りたい方は無理に止める必要はありません。

しかし朝と夜、どちらも走る時間があるという人はこの結果を踏まえて是非朝ランニングに励んで理想の体型を手に入れてください。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ