これで安心!!筋肉痛を秒速で治す方法!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉痛って辛いですよね。運動の習慣がある人でも苦しいのに運動不足の人は尚更です。
だけどダイエットのためには運動しなければいけない…。筋肉痛は出来るだけ早く治すに越したことはありません。
今回は筋肉痛を秒速で治す方法を詳しく紹介します。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


そもそも何で筋肉痛になるの…!?

1

辛い筋肉痛…。出来るだけ早く治すに越したことはありませんね。ダイエットのために運動をしたのに筋肉痛を患って何日間か運動できないのであれば元も子もありません。ですが筋肉痛を治す方法を知る前に、まずはそもそも何で筋肉痛になるのか、その原因を探っていきましょう。

とはいうものの、実は筋肉痛の確かな原因というのは未だ解明されていないのが現実です。もちろん「過度な運動をすれば筋肉痛になる」という事は確固たる事実なのですが、メカニズムとなると詳しくはわかっていません。

だったら原因なんて探れないじゃないか…

そう感じる人も多いと思いますが、お医者さんが発表している有力な説はいくつかありますのでそれをしっかり覚えておきましょう。

有力な説はいくつかあるのですが、その中でも最も有力視されているのは
「運動をしたことで筋肉および周辺の組織が破壊され、それを修復する段階で炎症が起こり痛みが伴う」
という事です。

要するに
「筋肉が破壊された時に痛みが生じるのではなく、治そうとする働きによって痛む」
という事になりますね。

素人の考え方からすると少し不思議な気がしますが、風邪を引いたときに菌を殺すために熱が出るのと同じ原理と考えればわかりやすいでしょう。

またその他にも
「運動したことによって疲労物質が蓄積し、筋肉に必要な栄養素が届かない為」
という説も有力視されています。

これ以上深く掘り下げるとややこしくて分かりにくくなってしまいますのでこの辺にしておきましょう。いずれにしても「運動をすることで筋肉が破壊されているのは間違いない」という事だけは覚えておくようにしましょう。

筋肉を鍛えるために運動をしているのに、かえって破壊してしまっては意味がないと感じてしまいますね。しかし何事も鍛えるためには痛みが伴うもの。痛みがあるからこそ鍛えられるという事を頭の片隅に入れておけば、筋肉痛も嫌なものじゃなくなるかもしれませんね。

筋肉痛を秒速で治す方法!!

2

運動と筋肉痛は切っても切れない縁で結ばれているという事がお分かり頂けたと思います。しかし何日も痛みが続くと運動したいのに出来ないという状況に陥ってしまいます。それではダイエットにもならないので出来るだけ早く治してしまいたいですよね。

ではここからは実際に筋肉痛を秒速で治す方法を紹介していきたいと思います。これには数多くの方法がありますが、全てを行おうとすると非常に大変で多くの時間も費やすことになってしまいます。まずはご自身にあったもの、すぐに出来るものから始めてみて下さい。

栄養補給

筋肉痛を秒速で治すために最も効果的なのは適切な栄養補給です。筋肉はもちろん私たちの体の一部ですので食事が原料で作られています。栄養が欠乏すると筋肉痛が長引くので効果的な栄養補給をしていきましょう。

筋肉痛に効果的な栄養は
・タンパク質
・ビタミンB1
・亜鉛
・クエン酸
などが代表的なものです。

タンパク質

タンパク質は私たちの体が健康を保つためには欠かせない栄養です。臓器や筋肉を形成するためにはとても重要ですので積極的に補給する必要があります。もちろん食事で補給できるのがベストですが、それには限界があります。

ですので運動をした後にサプリメントやプロテインで補う事をオススメします。これなら無駄なカロリーを摂取しないで済むのでダイエットにはとても効果的です。

ビタミンB1

ビタミンB1は疲労の原因である乳酸を素早く取り除く働きがありますので筋肉の破壊を迅速に修復するのに役立ちます。原因の項目でお話したように筋肉痛は筋肉の修復段階で痛みが生じますので、その時間を出来るだけ短縮させることこそ最も大切な事です。

これも豚肉や豆類などで補給するのがベストですが、余分なカロリーを摂取する可能性もあるのでサプリメントがオススメです。

亜鉛

亜鉛は筋肉を形成するタンパク質の働きを促進させる役割を担っているので筋肉痛の時には積極的に摂取したい栄養です。特に亜鉛は普段の生活で不足することが多いので意識して摂取するようにしましょう。

食事でいえば納豆やレバーです。もちろんサプリメントも数多く販売されていますので試してみるとよいでしょう。

クエン酸

クエン酸は様々な果物に含まれている成分で、酸っぱさを感じさせるものです。そして疲れの原因である乳酸を分解、更には生成を抑える働きがあるので筋肉痛にはとても効果的です。

レモン、みかん、梅干し、キウイなどに豊富に含まれていますので食事の際に取り入れてみるとよいでしょう。

痛い部分を冷やす

風邪を引いて熱が出たときは頭を冷やしますよね。これは体全体が炎症を起しているのでそれを抑えるためです。筋肉痛もこれと同じ。痛んでいる部分を氷や冷水、湿布などで冷やすと比較的治りが速くなります。

しかしこの方法は実際に痛みが生じてからでは効果が半減します。出来るだけ運動をしたあとすぐに、痛みを感じる前に行うのがベストです。少々テーマと異なってしまいますが治療というよりも予防に適している方法です。

血行促進

疲労の原因である乳酸は血流が滞ることによってたくさん生成されてしまいます。言い換えれば血行を促進させてあげれば乳酸の生成を抑制することが出来るという事です。

・軽く運動する
・マッサージをする
・ストレッチを行う
・湯船に浸かる
etc…

など体温を挙げて血流を促してあげるように努めましょう。

お酒はNG

お酒を大量に飲んでしまった翌日、全身の怠さと共に節々が痛むという事が良くあります。実はこれ、摂取したアルコールを分解するために大量のアミノ酸が使われてしまうからなんです。

アミノ酸は筋肉の原料になっている物質ですので、それを無駄遣いしてしまうと筋肉痛の治りが遅くなってしまいます。運動をした日の夜は出来るだけお酒を飲まないようにしましょう。どうしても飲まなければいけない場合は飲み過ぎないように心掛けてください。

しっかり睡眠

私たちが健康に暮らしていくためには体から分泌される成長ホルモンが欠かせません。しかしこの成長ホルモンは昼間活動している時には分泌されず、夜眠っている時にしか分泌されません。

その為睡眠不足になると破壊された筋肉の回復が遅くなり、いつまでも筋肉痛に苦しめられることになります。22時~2時までの4時間は成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムですから、出来るだけこの時間には眠るように心掛けましょう。

まとめ…

3

筋肉痛について詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか。運動には筋肉痛がつきものです。特に普段から運動の習慣がない人はどうしたって筋肉痛になってしまいます。

ダイエットには適度な運動が何よりも大切ですので、日々しっかり取り組むためにも以上の事を心掛けて筋肉痛を出来るだけ早く治していきましょう。

理想の体型を手に入れるのって意外に大変ですね。しかし努力は必ず結果としてあらわれてくるので諦めずに頑張りましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ