寝る時の靴下は冷え性を悪化させる!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの女性の悩みの種である冷え性。中には靴下を履かないと寒くて眠れないという人も多いようです。
しかし寝る時の靴下は冷え性を悪化させる危険性がるのも事実。
寝る時の靴下がなぜ良くないのか、詳しく解説していきますので参考にしてみて下さい。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


寝る時の靴下は体によくない!!

1

多くの女性が悩まされている冷え性は本当に辛いものです。寒い冬の時期はもちろん、熱い夏場でも末端が冷えて辛い思いを強いられている人も多いでしょう。

寝る時も靴下を履く!!

症状が酷い場合にはこのような人も少なくないのではないでしょうか。一時「寝る時に靴下を履くと良い」という事が注目を浴びいていました。寒くて眠れないという人にはぴったりのケア方法だと思います。

・足が冷たすぎて寝れない。足以外暖かいけど、寝れないから靴下履こう。
・眠たいのに足が冷たくてなかなか眠れない…。
・足が冷たすぎて寝れない。靴下履いてもまだ冷たい。
・冷え性なんとかしてほしい。靴下履かないと眠れないよ。

このように足が冷たくて眠れないという事を嘆く人も多いので、やはり多くの人が靴下を履いて寝ているのかもしれませんね。

しかし最近、寝る時の靴下が実はとても体に良くないという事が分かってきました。何と冷え性対策のために行っていた寝る時の靴下が、かえって冷え性を悪化させてしまうんです。

毎日靴下を履いて寝ていた人には何ともショッキングな情報かもしれませんが確固たる事実。この後詳しく解説していきますが、実際に寝る時の靴下は冷え性対策に効果がないという事が判明しました。

その理由を詳しく見ていくことにしましょう。

寝る時の靴下がNGな理由!!

2

寝る時の靴下がNGな理由は多岐にわたります。しかしいずれも冷え性を悪化させることに繋がりますので、今すぐに中止することをオススメします。というよりも理由を理解すれば怖くて靴下を履いて眠れなくなることでしょう。

靴下を履いて寝るのは絶対にNG!!

もちろんそこまで言うつもりはありません。しかしかえって冷え性を悪化させる可能性は極めて高いので、出来るだけ履かずに寝ることをオススメします。

締め付けによる血行不良

冷え性の最大の原因は血行不良です。もちろん冷たい外気に触れることで冷えるというケースも往々にしてありますが、大体の場合は血行不良が原因で体温を下げてしまっています。

それなのに靴下を履いて寝てしまうと、一晩中足を締め付けることになり更に血行を悪化させてしまいかねません。朝起きたら靴下の跡が付いているという人も多いでしょう。そういった場合は間違いなく靴下によって足が締め付けられ血行が悪くなっています。

そうなると冷え性対策どころではありませんね。益々末端に血が通わなくなりどんどん足が冷たくなるという悪循環に陥ってしまいます。

汗をかくことによる冷え

私たち人間は寝ている間にとても多くの汗をかきます。その量はなんと一晩でコップ1杯半にも及ぶと言われています。そんな状況の中で靴下を履いて寝ていると汗が乾かずに体温を逃がしてしまいます

すると靴下を履いているのに温まるどころかかえって冷えを招くことになり兼ねません。

寝る時は汗がすぐに蒸発するような環境を整えてあげる事が大切です。すなわち靴下は履かない方が良いという事が言えるでしょう。

むくみによる冷え

これは血行不良とほとんど同じ理由なのですが、むくみによって冷え性を悪化させる場合があります。足がむくんでいるのは老廃物や不純水分が溜まっている証拠です。

その状況が続くとさらに血行が悪くなり冷え性を悪化させる恐れも…。

靴下を履いたまま寝てしまうとむくみが中々改善されないので極めて劣悪な循環に陥り温めるどころかどんどん足が冷たくなってしまいます。

冷え性にオススメの対策!!

3

寝る時の靴下が体に良くなく、かえって冷え性を悪化させてしまうという事は重々ご理解頂けたと思います。良かれと思い行っていたことが悪影響になっていたというのは非常に恐ろしいですね。

しかしこれを機に靴下を履くのを中止し、しっかりとした対策法を行えばぐっすり眠れるようになりますので安心してください。足が冷たくて眠れないという人にとっておきの対策法を紹介します。

レッグウォーマー

足が冷たいからどうしても靴下を履きたい!!そのような人にはオススメなのが

レッグウォーマー!!

レッグウォーマーは普通の靴下よりもゴムが柔らかく出来ていますので過度に締め付けることがなく血行を悪化させる心配がありません。もちろんサイズや物によっては締め付けてしまう場合がありますが、靴下を履くよりかはいくらかマシです。

それにレッグウォーマーは指先が空いていますので足全体を覆うことがなく、普通の靴下よりも汗を逃がすことに優れています。またレッグウォーマーは体温を上げる足首を重点的に温めてくれるので、その効果は絶大です。

眠る直前に足湯

冷えを改善するためには体を温めて血行を促すことが何よりも大切な事です。その為には、

眠る直前に足湯

これがとても効果的です。バケツや洗面器に40度~43度位のお湯を足首が浸かる程度注ぎ、そこに10分間足を浸けておきましょう。その後すぐにベッドや布団に入れば足が冷たくて眠れないという事を防ぐことが出来ます。

しかしこれは毎日行わなければ意味がありません。もちろん短日でも効果がないわけではありませんが、根本から冷え性を改善するためには日常的に行う事がとても大切です。

温冷浴

聞きなれない言葉かもしれませんが、冷え性を改善させるためには

温冷浴

がオススメです。これは温めるのと冷やすのを交互に行うという入浴法です。まずは普段通りにお風呂に浸かってもらい、体が十分に温まった時点で冷水のシャワーを浴びます。これを3回から5回繰り返します。

冷水のシャワーを浴びてしまったら余計に冷えを悪化させてしまいそうな気がしますが、実はこれを行う事で血行が促され体の芯から温めることが出来ます。

全身に冷水シャワーを浴びるのはもちろん抵抗があると思うので、まずは足だけでも試してみて下さい。それだけでも靴下を履かずにぐっすりと眠ることが出来るでしょう。

まとめ…

眠る女性

寝る時の靴下が体によくないこと、そして眠る前の冷え性対策について詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか。今までずっと靴下を履いて寝ていた人は裸足で寝ることに抵抗を感じるかもしれません。

しかし上に記した対策をしっかり行ってからベッドにはいれば、靴下を履いていた時よりもぐっすり眠ることが出来るはずです。

ちなみに靴下を履いて寝るというのは、太りやすい体質を作ることにもつながり兼ねません。血行不良になったり汗によって体温が逃がされてしまうと基礎代謝が低下するのは当然。すると脂肪をエネルギーに変えることが出来なくなり、肥満の原因にもなってしまいます。

冷え性が悪化し肥満になるなんて女性にとっては一大事です。これを機に寝る時の靴下をいったん中止してみましょう。もしかしたら冷え性が改善されるだけでなく、痩せて理想の体型を手に入れることも出来るかもしれません。

是非試してみて下さい。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ