ダイエットに適したプロテインの種類と飲み方!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前は筋肉増強のためだけに用いられていたプロテイン…最近ではダイエットに用いる人も増えてきています。
しかしどんな種類でどのような飲み方をしたら良いのかいまいち分かりませんよね?
今回はダイエットに適したプロテインの種類と飲み方を解説します。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


プロテイン自体にダイエット効果はない!!

1

プロテインを用いたダイエットを見事に成功させるために、適した種類や正しい飲み方など、プロテインについて詳しく見ていこうと思います。

その前に、これからプロテインダイエットを始めようと試みている人、もしくは既に実践している人に伝えておかなければならないことがあります。

それは他でもない…
プロテイン自体にダイエット効果はない!!
という事です。

痩せるためにプロテインを飲む!!

そう考えていた人はショックを隠し切れないかもしれません。しかしこれは紛れもない事実です。

とはいってもプロテインがダイエットに全く持って必要ないものかというと、そうではありません。皆さんがお考えのようにプロテインを用いることでダイエットの効率を上げることが出来るのも事実です。

しかしプロテインを飲んだだけでは決して痩せることは出来ないというのを、あらかじめ理解していて頂きたく思います。

そもそも「飲むだけで痩せられる」というような魔法の薬はこのように存在しません。そんなものがあれば誰も苦労をしてダイエットをすることはないでしょう。

プロテインは食事に置き換えて摂取カロリーを抑える!!

これが本来の目的ですので「飲んでいれば何を食べても良い」「全く運動しなくても痩せられる」というような勘違いはしないでくださいね。

またプロテインはダイエット中に不足しがちな栄養素を補うという役割を担っています。ダイエットをするとタンパク質がどうしても不足してしまい、その結果体調を崩すことにもなり兼ねません。

そんな時にプロテインを飲むことで、健康を保つために欠かせないタンパク質を補い、体調を崩さないようにダイエットすることが可能になります。

あくまでもプロテインはダイエットの強い助っ人だという事を忘れないようにしましょう!!

ダイエットに適したプロテインの種類!!

2

それではダイエットに適したプロテインの種類を紹介したいと思います。今までプロテインを飲んだことがない人は、あまりご存知ではないかもしれません。しかし一言でプロテインと言っても、その種類は多岐にわたり使用用途も様々です。

詳細は以下の通りです。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインはプロテインの王様と称され、主に筋肉増強を目的として使用されます。ボディービルダーやアスリートが愛用しているのがこれですね。

牛乳を原料とし乳清タンパク質というものに分類されます。専門的な事を深く掘り下げてもなかなか理解できないと思いますが、要するに筋肉を増やしたい時に飲むべきプロテインということです。

すなわち体重を落とすことを目的とするダイエットにはあまり向いていないという事が言えるでしょう。もちろん筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げるという効果はありますが、それには一定の時間が必要で、短期的に痩せたいという人にはオススメできません。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインはホエイプロテイン同様、牛乳を原料として生成されています。しかし製法が異なるので使用目的も変わってきます。

カゼインプロテインはホエイプロテインに比べ、吸収するスピードが遅く栄養の持続性が長いという特徴があります。その為筋肉が分解されるのを防ぐ働きがあります。すなわち一度鍛えた筋肉が衰えるのを防ぐという効果があるという事です。

お分かり頂けたと思いますが、結局のところカゼインプロテインも筋肉増強のために用いられる種類という事です。減量を目的にするダイエットにはあまり向いていないと言ってよいでしょう。

ソイプロテイン

ソイプロテインというのはその名の通り、大豆を原料としています。その為他のプロテインに含まれていないイソフラボンが豊富に含まれています。

<イソフラボンの効果>
・抗酸化作用
・血流促進
・骨の強化
・細胞の代謝を向上
etc…

イソフラボンの効果を見て、勘のいい人は既に察しがついているかもしれませんね。そうです。

ダイエットに最も適したプロテインはソイプロテイン!!
という事になります。

様々な働きがあるイソフラボンですが、その中でも「細胞の代謝を向上」ということがダイエットに大きく関係しています。代謝が向上するという事はそれだけ脂肪を燃焼しエネルギーに変える働きがあるという事。その結果太った体は次第に痩せていくことになります。

そのうえ抗酸化作用や血流促進という効果もあるので、老化防止や冷え性の帽子という役割も担っています。健康的で美しく痩せられるというのは非常にありがたい事ですね。

正しい飲み方!!

3

ダイエットに適したプロテインは「ソイプロテイン」だという事はお分かり頂けたと思います。それでは早速プロテインダイエットを実践するために、正しい飲み方を学んでいきましょう。

冒頭でもお伝えしたとおり、プロテインダイエットは
食事をプロテインに置き換えて摂取カロリーを抑える!!
というメソッドです。

食生活が普段のままなのにプロテインを飲んでしまえばかえって太ることになるので要注意です。しかし1日3食全てをプロテインに置き換えてしまうと栄養やカロリーが不足し健康を害しますので、極端な事は決して行ってはいけません。

いつ飲めばいいの??

昼食or夕食をプロテインに置き換える!!

これが一番の理想形と言ってよいでしょう。

というのも、朝食は1日の活動の源となる食事ですので、それをプロテインに置き換えるのは非常に危険です。体の動きも悪くなるだけでなく、頭の回転も芳しくなくなってしまいますのでこれは避けるべきです。

また朝食は食べた後の時間が長いので1日の食事の中で最も消費されやすいという特徴があります。ですので普段通りに朝食を食べてもそこまで体重や体型に影響することはありません。

いっぽう昼食や夕食…特に夕食は食べた後の活動時間が短いという事もあり、プロテインに置き換ても、健康上さほど問題はありません。それに夕食は最も消費されにくい食事ですので、プロテインに置き換えることによって高いダイエット効果が期待できます。

どうやって飲めばいいの??

一般的に販売されているプロテインは粉末状になっているものがほとんどです。そのためそのまま飲むという事は出来ません。

大方の人は水や牛乳、もしくはスポーツドリンクで溶かして飲んでいることでしょう。
何で溶かして飲むかはご自身の判断にお任せしますが、ダイエットを目的とした場合はやはり…

水で溶かして飲む!!
という事を強くオススメします。

その理由は他でもない、摂取カロリーを抑えるためです。せっかく食事を抜いてカロリーを抑えているんですから、牛乳やスポーツドリンクなどカロリーが比較的高い物で溶かして飲むのは非常にもったいない話です。

出来ればカロリーゼロの水で溶かして飲むようにしましょう。

まとめ…

4

ダイエットに適したプロテインの種類と飲み方について詳しく解説してきました。いかがでしたでしょうか。プロテインをはじめて飲むという人は分からないことだらけだったと思います。

しかし種類や飲み方を誤ってしまうと、ダイエットどころかかえって太ってしまう事にもなり兼ねませんので、今回学んだことをしっかり理解しておくとよいでしょう。

最後におさらいをしておきましょう。

・プロテイン自体にダイエット効果はない
・数ある種類の中からソイプロテインを選ぶ
・昼食or夕食をプロテインに置き換える
・水で溶かして飲む

以上の事を踏まえて、是非ともプロテインダイエットにチャレンジして、理想の体型を手に入れてください!!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ