赤ワインダイエットで上品にダイエットしてみよう

hlt013-s1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今年の夏は随分と猛暑が続きましたね。「暑さをぶっ飛ばせ!」ということで、何かとお酒を飲みまくった夏でした。私はお酒を飲むことは大好きなのですが、実を言うと得意ではありません。すぐに顔が赤くなってしまいますし、飲みすぎると気分も悪くなってしまうので。。。ということで、たしなむ程度でお酒の雰囲気が大好きなのです。今年の夏は特に“ワインが飲める大人女性を目指す!”をテーマに、飲めないワインにばかり挑戦していました。“自宅で仕事後におひとり様ワイン”なんて素敵だと思いませんか? 早速サングリア作りにも目覚めて(そのままではワインを楽しく飲めないので)ワイン女子をはじめています。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


実はワインは美容にも健康にも、そしてダイエットにもとても良い飲み物なのです! これを機にワイン女子になれるように、しかもダイエットもできてしまうなんて一石二鳥ですよね。

ワインダイエットの真髄の前に、酒豪で「ワインをガブガブ飲みまくりたい!」という方には全く持っておすすめができないダイエットになります。なんでも、“適量”というのがありますから、“たしなむ程度のワイン”でダイエットができちゃうということをご紹介します。

まず、赤ワインの素晴らしい特性は、緑茶の4倍ものポリフェノールそしてカリウムが豊富に含まれていることです。ダイエットや美容に詳しい方ならご存知だと思いますが、ポリフェノールは強い抗酸化力を持ち、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、更に剛脈硬化を防いでくれます。カリウムは体内の余分な塩分を外に排出する効果があります。赤ワインの原料であるブドウの皮や種に含まれている、プロアントシアニジンというポリフェノールの一種が体に効果的で体内に発生した活性酸素と結び付いて無害化してくれるのです。ワインはワインでも、白ワインになるとポリフェノールの量は1/10程度に減ってしまうそうなので、お気をつけください。血圧を下げる働きや、筋肉のスムーズな動きを助けてくれる働きもあるのです。 ただ単に大人の飲み物ではないということがおわかりいただけましたでしょうか。

では、「この赤ワンがどうダイエットになるの?」というところのご紹介です。

ずばり、赤ワインをゆっくり飲むことで食事そのもののペースダウンを図る!といことが一番の目的になります。ダイエット中は特に「禁酒しなければいけない!」という暗黙のルールがあります。勿論、ビールのように、つまみに油っぽい味の濃いものが欲しくなる場合や、カクテルやチュウハイのようにドリンクに糖分が多く含まれるものもありますのでそういったお酒は控えた方が良いでしょう。赤ワインにつきましては、ドリンク本来の糖分は少ないですし、あてとして油っこいものやカロリーの高いものを食べないよう気づかいさえできれば万能なアルコールといえるでしょう。ダイエット中に禁酒をしなくても良いということがストレスフリーにもなりますし、赤ワインを片手にゆっくりと時間をかけることで満腹中枢が刺激されるのです。満腹中枢が刺激されることでお腹も満たされ、たくさん食べなくても満足感を得ることができるのです。

食欲の秋がもうすぐはじまりますので、新しい趣味として赤ワインはじめませんか?ダイエットだから禁酒!という極論ではなく、ストレスフリーに体質改善はじめましょう。 赤ワインをゆっくりと飲みながら食事をすることで、食事のペースダウンをし、満腹中枢を刺激しましょう。少量でも満腹感を得ることで食べる量そのものに変化がでること間違いありません。さらに赤ワイン自体に含まれているポリフェノールの体への働きで、老化や、美容にも効果がありますのでお得感がたっぷりあります。繰り返しになりますが、だからといって“赤ワインのがぶ飲み”は禁止ですよ。ストレスフリーにダイエットと美容を両立する上で最低限の食事量や運動量を守る上で、プラス赤ワインを取り入れることでより健康的に、より美容効果やアンチエイジングにもつながり、さらに食事量も減らせてしまえるというダイエットなのです。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ