空腹時に生じる胃痛の原因と対処法!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

空腹時の胃痛に悩まされている人、決して珍しくありません。
それが一時ならまだしも毎日のように痛みが生じていたら非常に辛いですよね。
だからといて仕事や学校を休むわけにはいきません。
空腹時に生じる胃痛の原因と対処法を詳しく学んでいきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


空腹時の胃痛の原因!!

1

空腹時に胃痛が生じてしまうのは何故なんでしょうか??

美味しいものをついつい食べ過ぎてしまい胃が痛くなったというなら何となくその理由はわかりますよね。胃に負担を掛け過ぎてしまえば痛むのは当然ですから…。

しかし多くの人は、胃の中が空っぽの空腹時に胃が痛くなり苦しい思いをしています。中には毎日のようにその痛みを格闘している人も多いでしょう。

空腹時の胃痛の原因として最も考えられるのはこれです。

胃酸過多症!!

聞きなれない名前ですが、空腹時の胃痛に苦しんでいる人はこの「胃酸過多症」という病気を患っている可能性が非常に高いと言えます。

主な症状としては
・食後2時間~3時間たつと胃がキリキリ痛む
・不快な胸やけを起こす
・吐き気がするけど吐けない
etc…

他にも様々な症状が確認されますが、いずれにしても胃酸が過剰に分泌してしまう事が原因とされています。

胃酸はそもそも胃の中に入った食べ物を消化するという働きを担っています。その為私たちが健康的に過ごすには欠かせないものなんです。しかし物には限度があり、過剰に分泌されてしまうと食べ物だけでなく胃の粘膜まで溶かしてしまい、炎症を起し痛みを生じさせてしまいます。

また胃酸が過剰に分泌されることで胸やけを併発します。何とも言えない酸っぱさを感じた場合は胃酸が過剰に分泌されている証拠です。

<空腹時の胃痛のメカニズム>
・胃酸が過剰に分泌される
・食べ物だけでなく胃の粘膜まで溶かしてしまう
・炎症を起す
・胃が痛くなる

自分の体から分泌されたもので自分の胃を傷つけているなんて、考えただけで恐ろしいですが、これは紛れもない事実です。

胃酸過多が起こる原因

そもそも何故胃酸が過剰に分泌され「胃酸過多症」が起きてしまうのか。それに大きく分けて二つの理由があります。

食生活の乱れ

日常的に脂っこいものを好んで食べていたり、お酒や辛いモノばかり口にしていると胃に負担をかけてしまいます。その為胃を保護しようとして胃酸が過剰に分泌されます。空腹時に胃が痛む場合は普段の食生活を見直す必要があります。

精神的ストレス

「胃酸過多症」は劣悪な食生活だけでなく、精神的疲労や憂鬱状態の時に発生しやすい性質があります。緊張すると胃が痛くなるという人も少なくありませんが、これは紛れもない胃酸過多症が原因になっています。生きていくうえでストレスはつきものですが、過剰に溜め込んでいないか今一度確認してみて下さい。

対処法!!

beautiful girl eating healthy food

空腹時に生じる胃痛の対処法は、
胃酸過多症を解消する!!
ということに尽きます。

その為にはどんな事をすればいいのか、対処法を詳しく見ていきましょう。

空腹を持続させない

空腹になると胃が痛くなってしまう訳ですから、第一の対処法としては
空腹を持続させない!!
ということが最も大切です。

仕事が忙しく食事の時間をとれない場合もあるでしょう。しかし長時間空腹の状態が続けばその分胃酸が過剰分泌され、更に胃を痛めつけることになり兼ねません。

何時に食事をするのか、毎日きちんと決めて出来るだけ空腹の時間を長くしないように心掛けましょう。

食べ過ぎに注意

空腹になると胃が痛むからと言って満腹になるまで食べてはいけません。胃が空っぽでも胃酸によって痛めつけられますし、満腹にしてもさらに胃酸が過剰に分泌するので症状を悪化させることになり兼ねません。

限度は「腹7分目」です。

腹8分目とよく言いますが、胃酸過多症を患っている場合はそれでも食べ過ぎです。「もっと食べたいな…」というところで一旦食事を終わらせましょう。

その代わりと言っては何ですが、ある程度の間食をして胃を保護してあげる必要があります。要するに空腹も満腹もNGという事です。

ゆっくり食べる

胃酸過多症を患い空腹時の胃痛に悩まされている人は、一回の食事に掛ける時間が極めて速い傾向にあります。もちろん全員が全員ではありませんが、往々にして食べるのが早い人が多く見受けられます。

忙しくて食事時間をゆっくりとれないのかもしれません。しかしあまりにも早く食べてしまうとその分胃に負担がかかり症状を悪化させることになり兼ねません。

よく噛んでゆっくり食べる!!

胃痛を和らげるためには食事の内容と同じく、時間についても注意しなければなりません。

緑黄色野菜をたくさん摂る

胃痛に悩まされている場合は、ビタミンAとビタミンCを積極的に摂取しなければなりません。というのも痛んだ胃を修復するためにはこれらが欠かせない栄養素だからです。

・ほうれん草
・にんじん
・かぼちゃ
・ブロッコリー

これらはビタミンAとビタミンCが豊富に含まれており、更に食物繊維もたっぷりと含まれているので胃の修復には最適です。出来れば茹でたり煮たりして柔らかくしてから食べるようにしましょう。

いっぽうでピーマンなどの香りが強いものや、大根やゴボウといった固いものは胃に負担を掛けてしまいますので控えたほうが宜しいかと思います。

ストレスをためない

空腹時の胃痛の原因は食事だけではなく、精神的なストレスも大きく関係しています。

すなわち
ストレスをためない!!
という事もとても大切な対処法のひとつです。

・良質な睡眠をとる
・適度に運動をする
・お酒や喫煙を控える

ストレスを全く感じずに生活するのは不可能ですが、以上の事を心掛けるだけでも少なからずストレスを軽減することが出来ます。仕事の関係上忙しかったりお付き合いがあるのはわかりますが、体に負担を掛けない程度にしなければなりません。

日本人は有数の胃弱民族!!

tpgrf-ji018-026

空腹時に生じる胃痛の原因と対処法を詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか。長きにわたり胃痛に悩まされている人は本当に辛いでしょう。しかし毎日の生活を少しだけ見直すだけで少なからず痛みを緩和することが出来るので是非試してみいてください。

日本人は世界から見ても
有数の胃弱民族です!!
欧米人に比べたら極めて胃が弱い民族と言っても過言ではありません。

そのうえこのストレス社会に生きているわけですから、胃が痛くなるのも当然かもしれませんね。しかし胃がなくては食事が出来ません。食事をしなければ私たちは生きていけません。

不要な臓器は何ひとつありませんが、その中でも胃はとても大切なものです。毎日のケアを怠らずに行い、しっかり労わってあげましょう。胃が痛いと感じるのは胃が悲鳴を上げている証拠です。放っておくと取り返しのつかないことになり兼ねませんので、暴飲暴食などは絶対に避けなければなりません。

正しい対処法を行い、今後も胃と上手に付き合っていきましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ