ダイエット効果!!ヒートショックプロテインを増やす入浴法!!

入浴中の女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットにおいてヒートショックプロテインを増やすという事が重要です。
聞きなれないのでピンとこない人も多いと思いますが、これはお風呂で簡単に増やすことが出来ます。
ダイエット効果が期待できるヒートショックプロテインを増やす入浴法を紹介します。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


ヒートショックプロテインとは!?

1

ヒートショックプロテインを増やすことで効率よく痩せられる」と、美容に敏感な女性を中心に話題となっています。しかしまだまだ多くの人がヒートショックプロテインという言葉すらご存知ない事でしょう。

私たち人間の体のほとんどは水分です。その他にも様々なものが混在して体を作っているのですが、水分を除くとほとんどはタンパク質しか残りません。そのタンパク質はストレスや疲労、病気など様々な事が影響して日々傷つけられてしまいます。

それを修復する役目を担っているのが
ヒートショックプロテインです。

ヒートショックプロテインはもともと私たちの体内に存在しており、その他のタンパク質が傷つけられた時、すぐに修復できるよう常にスタンバイをしています。すなわちヒートショックプロテインがなければ、私たちは健康的な毎日を送ることが出来ないという事でもあります。

その他にもヒートショックプロテインには以下のような特徴があります。

細胞を活発にする

前述したとおり、ヒートショックプロテインは傷ついたタンパク質を修復するという役割を担っています。という事は働きが鈍くなったありとあらゆる細胞を活発にしてくれるという事でもあります。

普段意識することはありませんが、私たちが疲れを感じている時や病気を患っている時とういのは、体の細胞の一部分が傷つき正常に働いていません。それを放っておけば大病を患ったり疲れが取れないという状態に陥ってしまいます。

しかしある程度の病だったり疲れであれば、自然に治癒されますよね。もちろんそれに適した治療や対処をする場合もありますが、勝手に治っていたということも往々にしてあるでしょう。

自覚はありませんが、これはヒートショックプロテインが一生懸命に働き細胞を基の元気な状態に戻してくれたという事です。まさに縁の下の力持ちですね。

年齢と共に減少する

健康を維持するために欠かせないヒートショックプロテインですが、残念なことに年齢と共に減少してしまいます。

若い頃は少々の事では疲れませんし、病気を患う機会も少ないものです。しかし年齢を重ねると体の至るところに支障が出て、疲れが取れにくくなったり大病を患ってしまいます。

これはただ単に体の細胞が弱くなったことが原因ではありません。もちろん細胞自体が弱体化してしまうのもひとつの原因ではありますが、それを修復するヒートショックプロテインの数が減少してしまったという事が最もな原因です。

細胞が弱くなったとしても、傷ついた瞬間に修復してくれれば問題が起きることはありません。すなわちヒートショックプロテインは体に存在するお医者さんといっても過言ではありません。

体を温めると増加する

年齢と共に減少してしまうヒートショックプロテインですが、増えることがないのかというとそうとも言えません。もちろん年齢によっての限界はありますが、

体を温めると増加する
という特徴もあるので、きちんと体をケアしてあげれば、ある程度年齢を重ねても数を増やすことも不可能ではありません。

・寒くなると風邪を引く
・運動不足になると体が弱くなる
・冷え性が体調不良を招く

これらは往々にしてあることです。いずれも体が冷えてしまったのが原因です。いっぽうで…

・熱が出たら風邪が治った
・運動したら体が丈夫になる
・お風呂に入ったら体調が良くなる

これは体温が上昇したことによる効果と言って良いでしょう。
つまり体を温めるとヒートショックプロテインが増加し不調を起した細胞を元気にしてくれるという事です。

年齢による体調不良や冷え性の人は、体を温めてヒートショックプロテインを増やす事を心掛けてみてはいかがでしょうか。

ダイエット効果!!

2

・細胞を活発にする
・年齢と共に減少する
・体を温めると増加する

ヒートショックプロテインの特徴や働きはご理解頂けたと思います。しかし「なんでダイエット効果が期待できるの??」という疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。ダイエットと直接的な関係がいまいち分かりませんよね。

ですがよく考えてみて下さい。細胞を活発にする働きがあるという事は、すなわち

代謝を向上させる!!

という事でもあります。代謝が向上されれば食事で摂取した余分なカロリーや、蓄積されてしまった脂肪を効率よく燃焼させることが出来るので自然と体は痩せていきます。

食事制限や運動をしてもなかなか痩せられないという人は少なくないでしょう。そのような人はもしかしたらヒートショックプロテインが減少しており、代謝の働きが鈍いのかもしれませんね。

無理なダイエットをする前に、まずはヒートショックプロテインを増やすことを心掛けてみてはいかがでしょうか。

ヒートショックプロテインを増やす入浴法!

半身浴

ヒートショックプロテインは体を温めることで増加するのは前述したとおりです。中でも効率よく増加させるためには「入浴」が一番です。

しかしただ単にお風呂に浸かれば良いという訳ではありません。もちろんお風呂に浸からないよりは効果が期待できますが、出来るだけ多くのヒートショックプロテインを増やすためには、それに適した入浴法を行う必要があります。

ではヒートショックプロテインを増やす入浴法において重要なポイントを詳しく見ていきましょう。

温度と時間

お風呂の温度の好みは人それぞれです。熱いのが好きな人もいれまぬるいのが好きな人もいるでしょう。しかしヒートショックプロテインを増やすためには適温に調整する必要があります。またその温度によっても入浴時間が異なりますので、しっかり覚えておきましょう。

・40℃=20分
・41℃=15分
・42℃=10分

普段からぬるめのお湯に浸かっている人は熱く感じるかもしれませんが、ヒートショックプロテインを増やす場合にはこの温度で入浴しなければなりません。

もちろん熱くて長時間入っていられない場合は途中で休憩を挟んでも構いません。入浴時間はその合計で計算すればよいので、無理のない程度に行いましょう。

また入浴中にお湯の温度が低下しないように、首が出る部分以外には湯船に蓋をするのがポイントです。

体温を38℃に維持

入浴中は口に体温計を咥えましょう。というもの、ヒートショックプロテインが最も増加しやすい体温が38℃だからです。

常に体温を計り続けていないと把握することは出来ませんよね。ですので口に咥えて計れる体温計で防水されているものを是非ともひとつ用意してください。

入浴中は体温を38℃に維持する!!

これはダイエットを成功させるためには非常に重要です。

急激な体温低下はNG

入浴後は体温が上昇しているので冷たい飲み物に手が伸びてしまいますが、急激な体温低下はNGですので我慢してください。

お風呂から上がったら出来るだけ体温が下げず保温状態をキープする必要があります。

・浴室内で体を拭く
・あらかじめ部屋を暖めておく
・バスタオルなどを体に巻き保温

以上のような事をして約20分間くらいは体温が下がらないよう心掛けましょう。もちろんそれ以降は冷たいものを飲もうが扇風機にあたろうが構いません。ですが出来るだけ緩やかに体温が低下するように気を付けましょう。

毎日行うのが逆効果

以上の入浴法を行えば痩せられるんだと思うと、ついつい毎日行ってしまいがちですが、この入浴法は週に2回がベストです。それ以上でも以下でも逆効果になってしまいますので、やり過ぎには注意しましょう。

いずれにしても食事制限や運動などが出来ないという人は、是非この入浴法でヒートショックプロテインを増やし、理想の体型を手に入れてみてはいかがでしょうか。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ