朝バナナダイエット

バナナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前に空前の大ヒットした“朝バナナダイエット”皆さんの記憶にもまだ新しいでしょう。

発端はmixiの痩せるコミュニティーでは300人が実際にこのバナナダイエットで成功しており、大反響を呼びました。テレビや書籍や、ブログなどありとあらゆるメディアでは連日取り上げられ、スーパーからはバナナのコーナーが空になるほど空前の大ブームになりましたよね。

バナナはお手軽で便利な万能ダイエットフルーツです。

どこでもお手軽に手に入りますし、値段も高くない、食べることについても余計な手間のかかる調理は一切不要でどこでも数分で食べきることが可能です。

さらにバナナには豊富な酵素が含まれており、食べた後も消化を助け、バナナ自体が消化しやすい食材であることから体内の浄化活動をサポートしてくれます。

このため、朝バナナを食べることで昨日1日分の体内に溜まった老廃物や毒素を排泄に最も適した時間帯に体外へ排出することができるのです。

 



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


ダイエットをする上で誰もが抱く共通の願いとしては

  • 食欲を我慢したくない
  • 高いお金を払いたくない
  • 面倒なのは嫌だ

この3点が主に上げられるかと思います。このバナナダイエットのコンセプト自体がそんな私たちの悩みを完全にクリアしているダイエットだったのです。

  • 我慢せず
  • お金もかからない
  • 食べるだけ、簡単

この3拍子がそろっていたからこそ、誰もが簡単にはじめることができブームに火がついたのでしょう。

最近はだいぶ終息しつつある朝バナナダイエットについてもう一度思い返して紹介をさせていただきます。

朝バナナダイエットとの極意とは朝「バナナと常温の水を良く噛んで食べること」これだけです。具体的な手順や、気を付けたいポイントなどはひとまず後にして、なぜバナナなのでしょうか?

なぜ、朝にバナナを食べるだけで痩せることができるのでしょうか?バナナダイエットの概要の前に、“バナナ”のパワーについて掘り下げてみたいと思います。

なぜバナナなのか?

バナナという食材がダイエットをするにあたり最も“使いやすい”食材であることは皆さんも想像ができると思います。どこのスーパーでも最近はコンビニでさえ販売していますので、手に入れることが至極簡単です。

価格についてもお安いですから、日本全国何処にいても手軽に手に入れることができます。更に、バナナは他の果物や野菜と違って調理の手順も楽です。

皮をむくだけで余計な手を加える必要がありませんので、調理器具を使ったり、片づける手間もほとんどかかりません。お皿も必要ないですから、そのままぱぱっと食べることができることも魅力です。

なぜ朝に食べるのか?

次にダイエット効果の面から“朝バナナをたべること”について検証をしてみます。

バナナという食材が持つお手軽性以上に、バナナの本質的な“消化酵素”が大きくダイエットのサポートをしてくれます。(最近酵素ばかり耳にしますね)バナナに含まれている豊富な酵素の働きにより、体内に溜まっている老廃物や毒素を体の外へと排出してくれます。

また、午前4時~正午までが人間が最も排泄に適している時間帯であるといわれています。つまり、この時間帯に体の老廃物や毒素をしっかり排出しきることがダイエットや体内を綺麗にするポイントになります。

朝ごはんをしっかり食べることは良いことなのですが、朝食にお肉や魚などをモリモリ食べてしまうと、体は豊富にある栄養素の吸収と、食物の消化に必死になってしまいます。消化や吸収することに重点をおいてしまうため、充分な浄化活動(老廃物や毒素を体の外へ出すこと)ができなくなってしまうそうです。

バナナには元から酵素が含まれているため消化の働きを助けてくれます。バナナという食材は既に消化が始まっているような食材のため、体内における消化の時間はほとんどかかりません。

このため浄化活動に専念でき、老廃物や毒素を排泄に適した時間帯に出し切ることができるのです。 以上がバナナダイエットのベースとなる知識になります。

なるほど、ただ単にバナナが安くて手軽で、馴染み深い果物だからとばかり思っていましたが全く違いました。バナナの酵素の助けを借りて、排出時間帯に体内にある不必要なものを全て出し切ることが重要なのですね。

体内にたまった老廃物や毒素は、代謝を落としたりするようなおデブ要素を作るきっかけになってしまいます。他にもむくみや細かな不調の原因にもなりますのでなるべく体には溜めこまないように、溜まらない体づくりと習慣が大切です。

この二つを解決してくれるのがバナナダイエットだったのですね。

バナナダイエットのポイント

これだけメディアの取り上げも多く、大反響を生んだバナナダイエットですが、成功者が多い半面、失敗者も当然います。人には少なからず「合う」「合わない」の体質がありますから、どんなダイエットも万能ということはありません。少しでも成功する確率を上げるために、気をつけたいポイントをご紹介します。

良く噛んで食べる バナナダイエットに限らず、良く噛むことで満腹中枢が刺激され、少量でも満足ができるようになります。

特にバナナは噛みごたえの点から見ると柔らかいためあまり“食べた感”は感じないのかもしれません。バナナを食べることで消化や栄養素の吸収以上に浄化活動を促進させることが目的のため、バナナ以外の“腹もちの良いもの”を一緒に食べてしまうとせっかくの朝バナナダイエットは意味がありません。

ルール上は「バナナであれば何本食べても良い」というのがありますので、なるべくバナナにしぼって頑張れると良いでしょう。ただ、空腹や味のマンネリがストレスになってしまっては良い影響をおよぼしませんので、どうしても追加で他の味が欲しい場合は1つ果物を増やして、バナナを食べてから15分以上間をあけます。

バナナダイエットを成功させるコツ

水を良く飲む

バナナダイエットはバナナを良く噛むことと常温の水を飲むことがベースになります。バナナの約7割は水分であり、食物繊維も豊富に含まれているので便秘等にも効果があります。女性の悩みでよくある“むくみ”や“冷え症”とは体内の水分バランスが乱れていることが原因で起こります。

バナナの持つ酵素の働きにより、浄化活動が活発になるため、サポートとして外に出しやすくするために水をたくさん飲みましょう。飲みやすさとしては冷えた水を好まれるとは思いますが、なるべく常温で体に負担をかけないレベルのものを飲みましょう。

水の量についてもあえて決まりはありません。なるべくストレスがないようにダイエットをすすめるためにこまめに水分を取るといったレベルで良いでしょう。普段水を飲む習慣が無い方は、この機会に薄味になれる体づくりをしてしまいましょう。

こまめにジュースやコーヒーなど味のあるものを飲んでいると味覚が鈍り、満足感を得ることができなくなってしまいます。無理のない範囲でこまめに水をとることを心がけましょう。 バナナを食べるにあたり、上記の

  • 良く噛む
  • こまめな水分補給

を必ず心がけること。

それ以外にはダイエットのベースとなることを実践する必要があります。

まとめ

朝バナナダイエットには食事制限や運動量の指定は一切ありません。普段の生活の中に朝食をバナナにするというイベントが追加されるだけです。ただ、他のダイエットにも同様ですが、昼食や夕飯に力を抜きすぎて好き放題してしまうと日々の努力は簡単に失われてしまいます。

昼食や夕食時なども良く噛み、水分をこまめに取ることでゆっくり食べる習慣をみにつけます。今までと比較して少量でも満足できるようになると良いですよね。

バナナの酵素と浄化活動の働きを万全の態勢で実践するためにも、ベースとなる生活習慣の改善も必要となります。夜型人間ではなく、早めの夕飯、早めの就寝を習慣づけることで痩せやすい体のベースづくりをしましょう。

しっかりと睡眠を取ることは、体のストレスや疲労を除去する働きはもちろんですが、“快眠”はダイエットや美容・健康に最もパワフルに影響します。ダイエットをする本人の土台をしっかりとした上で、朝バナナダイエットを行うと、成功率が上がり、痩せやすい、太りにくい体調と生活習慣作りを心がけましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ