離婚危機!?産後クライシスの原因と解消法!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産を経験した途端に夫への愛が薄れてしまう産後クライシス
ほんの一部の人だけが悩んでいるものだと思いきや、意外に多くの妻が夫に苛立ちを感じ苦しんでいるようです。
離婚危機に陥らない為にも、産後クライシスの原因と解消法を理解しておきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


産後クライシスの原因!!

1

愛する彼と結ばれ結婚。そして待望の子供を出産。女性としてこれほど幸せな事はありません。

結婚するときは「この人に一生ついていく…」「この人の赤ちゃんを産みたい…」と、誰もが心からそう思ったはずです。

しかし…
いざ出産を経験した途端に、あんなに愛していた夫への愛情が薄れていき、日常的に苛立ちを感じてしまう事も往々にしてあるようです。

このような現象が、今話題となっている
産後クライシスです!!

子供を出産した直後は幸せの絶頂期です。それなのに何故、夫への愛が薄くなり嫌いになってしまうような事が起こるのでしょうか。

「うちの夫婦は円満だし産後クライシスなんて関係ない…」
もしかしたらほとんどの人がそう感じているかもしれませんね。しかし意外にも多くの妻が薄れていく愛情、苛立ちに毎日毎日苦しんでいると言われていますので、今は問題がなくとも油断は大敵です。

ある調べによると、産後2年の間に夫への愛が薄れていくのを実感している妻は
なんと80%弱にも及ぶと言われています。その数は年を重ねていく毎に増していくとも言われているので「今はラブラブ!!」という夫婦でも危険性は否めません。

また妻が産後クライシスになってしまうと、最悪の場合離婚危機にまで話が発展してしまうことも珍しくありません。

ほんの一部の人だけが悩んでいるものだと思われてきましたが、今や全ての夫婦が真剣に考えなければならなくなっているのが事実です。

それでは愛してやまなかった夫への愛が出産した途端になぜ薄れていくのか、産後クライシスの原因を深く探っていきましょう。ご自身の心に該当していないか、照らし合わせながら学んでいってください。

ホルモンバランスの崩れ

産後クライシスに陥る主な原因は以下の通りです。

・夫が育児や家事に協力的じゃない
・ひとりの時間が全く取れない
・頑張っているのに夫が労ってくれない
・夫が子育てに関心がない
etc…

要するに子育てに関してを妻が一人で背負い込んでしまったために産後クライシスに陥るという事です。

となると…
・夫がズボラだから
・夫の妻への理解がない
・夫が何もしてくれない

と、全ての原因は何もしない夫にあると思われがちです。しかしそれは大きな間違いであり、産後クライシスの本当の原因は

妻のホルモンバランスの乱れ
と、言われています。

薄れていく夫への愛や夫への苛立ちと、ホルモンバランスなんて全く持って関係性がないものだと思われますが、実は非常に深い関係があり、産後クライシスのほとんどの原因がこれにあるとされています。

というのも、女性の体は妊娠をすると「プロゲステロン」というホルモンの分泌が著しく盛んになります。これは子宮内を赤ちゃんが成長しやすい環境にするためのものなので必要不可欠なのですが、時にホルモンバランスを乱す原因にもなってしまいます。

女性の体は非常に繊細です。ホルモンバランスが乱れるだけで心身ともに負担となり、イライラや憂鬱が起こりやすくなってしまうのです。

そんな中、少しでも夫が協力してくれない場合、イライラの矛先は夫へと向かい産後クライシスに陥ってしまいます。

要するに産後クライシスの原因は、夫の行動やそれに対する妻の不満ではないので、それらを解決しようとするだけでは根本からの解消にはつながりません。むしろ解決し要とすればするほど夫婦間の溝は大きくなり関係は悪化していきます。

妻・夫・責任はどちらにもない!!

2

産後クライシスは、夫の言動が原因なのではなく、妻のホルモンバランスの乱れによるもの…。

だとすると全ての責任は妻にあるのではないかと思い、更に思い悩む女性が増えてしまいます。自分が悪いんだと思えば思うほど症状は重くなってしまいます。

しかし…産後クライシスは
妻・夫・責任はどちらにもない!!

この事だけは覚えておかなければなりません。この事を忘れて無闇に解決策を探ろうとすると、かえって夫婦間の溝は深くなる一方です。

お互いに相手を責めない。
自分に責任があると悩まない。

産後クライシスから抜け出すためには、以上のことが何よりも大切です。

産後クライシスの解消法!!

3

では、実際に産後クライシスに陥ってしまった時、どのように解消していけばよいのかを詳しく見ていくことにしましょう。解消法というと何だか難しく考えてしまう人が多いですが、難しく考えれば考えるほど事態は悪化し、離婚危機まで発展してしまいますので気負わない程度にするのがベストです。

妻編

育児や家事を一人でこなしている妻は、それだけで大きな負担を抱えながら毎日生活しています。

・もう少し夫が協力してくれたら助かるのに…
・休みの日くらい子供の面倒を見てよ。
・何で全てを私がやらないといけないの…

産後クライシスになってしまう妻のほとんどは、夫へ過剰な期待をしている傾向にあります。

考えてみて下さい。我が子が愛おしくない夫がいるでしょうか。その我が子を産んでくれた妻の事が嫌いな夫がいるでしょうか。もちろん例外はあると思いますが、妻や子供を愛していないという夫はまずいないはずです。ましてや出産直後なら尚更です。

夫も夫なりに「何かできないか…」と考えています。実際は何もできていないとしても、何かの役には立ちたいと考えているはずです。

そんな折に妻から「何で何もしてくれないの…」「もっと協力してよ…」と不満を突きつけられたら、夫は憤りを感じてしまいますよね。それも産後クライシスを悪化させる原因になってしまいます。

妻が出来る産後クライシスの解消法は
夫へ過剰な期待をしない!!
これが何よりの解消法です。

もちろん一切協力してくれない場合には苛立ちが増してしまうかもしれません。
しかし期待しているうちの半分を夫がしてくれた場合には「この人もこの人なりに頑張ってくれてるんだ」と認めるようにしましょう。

それだけで気持ちはだいぶ楽になるはずですよ。

夫編

妻が産後クライシスになり苛立っている時、夫は「もう俺のこと愛していないのかな…」と悩んでしまいがちです。しかしそのような現象が起こっているのは、何も本当に愛情が薄れているのではなく、妻のホルモンバランスが乱れているだけですので、過剰に悩んではいけません。

ホルモンバランスが乱れている妻にどう寄り添ったらいいのか、どうしたら妻の負担が少なくなるのか、その事だけを考えるようにしましょう。

・授乳と授乳の間だけは妻を一人にさせる
・休日は普段よりも子供の面倒を見る
・時には家事全般をひとりでする
etc…

方法はいくらでもあるはずです。もちろん全てを完璧にこなす必要はありません。
自分が出来る精一杯の事をするだけで、妻の苛立ちは薄れていくはずです。

つまり…
妻の負担を理解する!!

これが夫が出来る最大の産後クライシス解消法です。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ