豆腐ダイエットで綺麗に痩せる!

images

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に世の中には「これでもか!」というくらい様々なダイエットが存在しています。詳しく調べれば調べるほど理にかなっているものが多く、これだけ種類が豊富でダイエット要素が解明されているのであれば“痩せ薬”なんてすぐに作れる技術があるのではないか?と思ってしまいます。未だに痩せ薬とハゲ薬はなかなか日進月歩ですから、初心に帰ってカロリーの過剰摂取を控えて、適度な運動してカロリーを消費することが一番健康的でコストパフォーマンス的にも良いのかもしれませんね。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


今回ご紹介するのは「豆腐ダイエット」です。糖質オフダイエットの一つとして、炭水化物の変わりに豆腐に置き換えることで大幅なカロリーオフだ!と豆腐が取り上げられていました。豆腐はたんぱく質のかたまりですから、その栄養価についても注目され健康にストレスなく痩せることができる食材としてスポットライトを浴びていました。現に、私の友人のバレリーナも豆腐で短期間ダイエットを毎回しています。彼女を見る限りでは効果は絶大ですし、ただ短期的に絞り込む時に使用している分、長期間の継続は少し難しいのかもしれませんね。

では早速豆腐ダイエットについてのご紹介です。 豆腐ダイエットのルールは簡単の1つのみです。 夜ごはんの白ごはんや粉もんを全て豆腐にチェンジ! ダイエットの一番のストレスは食事量を抑えることによる空腹感や、食事制限に伴う料理そのものの制限や味のレパートリーです。豆腐はその問題を一度に解決できるパワーを秘めているのです。 豆腐はたんぱく質のかたまりであり、ダイエット時に不足しがちなたんぱく質をそのまま補うことが可能です。例えばルールに沿って白米の変わりに同じ分量の豆腐に置き換えることで糖質が9割以上もカットすることが可能です。糖質をかっとすることで血糖値が上がりにくく、血糖値が上がらないということはインスリンの分泌も抑えられます。インスリンは別名“肥満ホルモン”とも呼ばれていますから、ダイエットには最大の貢献をしてくれる食材と言っても過言ではありません。

さらに豆腐などの大豆食品にはイソフラボンと呼ばれる成分が含まれています。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするとも一説には言われています。女性ホルモンが不安定になることで生理前のイライラやもやもやを引き起こす原因ですから、整えることによって安定した精神状態を得ることも可能です。ダイエット時に必ず体感するストレスのイライラやもやもやもこれによって緩和されるでしょう。

豆腐自体のカロリーは極端に少なく、脂質もすくないため“たんぱく質”を摂取するという観点から見ても豆腐の万能さが際立っているでしょう。変な食事制限により、たんぱく質が低下してしまうと、体の筋肉や肌、細胞のもととなるたんぱく質が不足して不健康なダイエットになりかねませんので、しっかりとベースとなるたんぱく質の摂取は必須です。肉や魚に比べても低カロリーですから、とうふからたんぱく質を摂取することでよりカロリーオフな食生活をおくることが可能です。

さてお次は豆腐の食べ方を紹介させていただきます。 もちろんそのままでもお手軽に食べてもらえる食材ですのでトッピングを変えて好き放題簡単に食べることができる食材です。ただ、白米と違っていくら同じく主張が無い味であっても飽きが不思議ときてしまいますので、参考にしていただければと思います。 「湯豆腐」はあつあつにすることでゆっくり食べることもできますし、普段冷たい豆腐を食べているととても新鮮な味になります。ポン酢やゆずポン酢など薬味にもこだわることでいつもの豆腐とは違った風味が広がります。 「中華やっこ」冷奴の中華版トッピングです。ネギやトマトなどをカットし、生姜やラー油で混ぜ合わせて豆腐にトッピングします。麻婆豆腐などのイメージもありかもしれません。和風の具材以外にも中華料理にも豆腐はなくてはならない存在です。 「豆腐デザート」低カロリーレシピ紹介としてはそのままきな粉や黒ゴマをあえても美味しいとありました。本当かどうかはお試し次第ですが、多少の工夫次第で低カロリースイーツにもなりますので試行錯誤をし続ける価値はありそうです。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ