生活習慣病の対策・対処にドライフルーツ

mid section view of a man sitting on a bench in a park

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事が忙しくなると食生活が不規則になりがちです。ストレスから暴飲暴食を繰り返し、体調が悪くなった、なかなか疲れがとれないなんていう人は多いのではないでしょうか。

気づくとお腹にたっぷりと脂肪がついて、昔着ていた洋服がきつくて入らない。体重が増え、スタイルが悪くなり、なんだか老けた感じがするといった、悩みを抱えていませんか?最

近よく聞くメタボリックシンドロームという言葉。お腹が出ていてカッコ悪いというだけでなく、血流の流れが悪くなり、色々な病気にかかりやすくなってしまうので、注意が必要なのです。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


体の不調を感じていませんか?

UXuNqWrB1uLsZrA1zmik31pQ0RcSaVKiwFUW6y9nfdk

疲れやすい、顔色が悪い、食欲がないなどの体の不調はありませんか?東洋医学では、未病という言葉があります。病気ではないけれど、健康でもない、病気に向かいつつある状態のことを指します。

  • 胃腸が弱い人
  • 冷え性の人
  • なかなか眠れない人
  • だるさが続いている人は

未病である可能性が高いといえます。このような体の不調には、血行をよくし、免疫力を高めることが大切だといわれています。

昔から人々は、生薬の効能を生かした治療をしてきました。生薬の薬効成分が、冷え性や、胃腸が弱い、体がだるいなどの症状を改善する働きがあります。血行促進、疲労回復に効果のある生薬のひとつに生姜(ショウガ)があります。

生のショウガはそのまま料理にも使われているおなじみの食材ですね。乾燥させたショウガをお茶に入れて飲むと、体を温める効果があるといわれています。ショウガに含まれている成分が血行をよくし、体を温めて、体の内側から調子を整えていきます。

食生活の見直しにドライフルーツを

lrg_28238047

生活習慣病とは、乱れた食生活や運動不足、喫煙、飲酒などの生活習慣に起因すると考えられている病気のことで、心臓病、高血圧、糖尿病などのことをいいます。生活習慣病予防には、食生活の改善が一番の近道だといわれています。

またガン発生の原因には、30%は食生活が影響しているといわれています。毎日時間に追われて忙しく、ストレスがたまりやすい現代人は、インスタント食品やファストフードに頼り、不規則な生活を送りがちです。

バランスが偏った食事ばかりしていると、体の調子が崩れてしまいます。まずは食生活の見直しをして、バランスのとれた食事をとることを心がけましょう。

ドライフルーツには、体に必要なビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。代謝機能を高め、体の調子を整えていくことで、生活習慣病などを予防することができます。次に、生活習慣病予防についてと、体質改善に役立つドライフルーツについて考えてみたいと思います。

イチジク

nama-ichijiku

クワ科に属した植物で、原産地はアラビア南部です。イチジクは昔から生薬としても利用され、「不老長寿」の果物として親しまれてきました。

  • カルシウム
  • 鉄分
  • ミネラル
  • エストロゲン
  • ポリフェノール
  • ザクロエラグ酸
  • 食物繊維
  • セルロース
  • カリウム

をふんだんに含み、栄養価の高いドライフルーツです。

中でも食物繊維が豊富で、全重量の10%が食物繊維で占められており、水溶性食物繊維のペクチンと、不溶性食物繊維のセルロースを多く含みます。ペクチンはコレステロールの吸収を抑え、血糖値の上昇を穏やかにして脂肪の蓄積を遅らせます。

セルロースは水分を吸って膨らむので、便のかさを増やして排便を促し、腸内環境を整える働きがあります。イチジクに含まれているカルシウムは、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を予防する効果があります。

またイチジクにカリウムが多く含まれています。カリウムには利尿作用があり、むくみ予防にも効果的です、またカリウムには、血圧を下げる効果があるので、高血圧予防の期待ができます。1個約35kcalで、低カロリーなおやつとして人気のドライフルーツです。

松の実

栄養豊富で昔から体にいいと伝えられ、中国では毎日食べると仙人になるといわれている食べ物です。体を温め、内臓機能をアップさせるといわれ、薬膳料理でもよく使われる食材のひとつです。

不飽和脂肪酸を豊富に含み、コレステロール値の減少に効果が期待されています。

またカルシウム、リン、鉄などミネラルも豊富に含まれており、滋養強壮、疲労回復、便秘解消に効果があり、疲れやすい人、風邪をひきやすい人、冷え性、虚弱体質の人などにオススメです。

クランベリー

は、ジャムやジュースなど、お菓子やお料理に利用されている人気のドライフルーツです。真っ赤なクランベリーの実には、赤色の色素成分アントシアニンと、プロアントシアニジンというポリフェノール成分が豊富に含まれており、活性酸素を減らす抗酸化作用を持っています。

またクランベリーに含まれる抗菌作用で、免疫力が強化され、体質改善にも期待できます。

メタボリックシンドロームとは?

_42026140_obesity416-1

メタボリックシンドロームとは、別名「内臓脂肪症候群」といわれ、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるといわれています。成人男性の約2人に1人、成人女性の約5人に1人が、メタボリックシンドロームの疑いがあるのだそうです。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪量で判定します。

お腹が出ている人、最近太ってきて気になる人は、ご家庭でもおおよその判断ができますので、以下を参考にしてみてください。

あなたは大丈夫?メタボ診断

お腹周りのサイズと、健康診断の結果で判断します。

腹囲85cm以上(男性)、腹囲≧90cm以上(女性)の人で、次の13の項目がひとつでも当てはまる人は要注意です。

1、血圧130/85mmHg以上

2、中性脂肪150mg/Dl以上またはHDLコレステロール40mg/dL未満

3、空腹時血糖110mg/dL以上

13の中で当てはまる項目が1個以上ある人は、メタボ予備軍と考えられます。2個以上該当する人は、危険ですので今すぐ専門の病院で診察を受けてください。

メタボ改善に必要なのは、食生活の見直しです。内臓脂肪をとるために次のことに気をつけてみましょう。

  • 脂肪によるエネルギー摂取を減らしましょう。
  • 食塩の摂取を減らしましょう。110g未満が目安です。
  • ビタミン、ミネラル、食物繊維の多い野菜をたっぷり食べましょう。目安は1日350g以上の野菜をとること。

健康のために、野菜を1日に350g食べることがすすめられていますが、普段の食事でこれらの栄養はきちんと摂取できていますか?意識しないとこの量はなかなか食べられないと思います。

また、運動不足で、高脂肪高カロリーの食事をとることが多い現代の私たちは、メタボ体型になりやすい生活をしています。できるだけ、脂肪や塩分を控えた食事内容にすることが大切ですね。

塩分とカリウムの関係

ドライフルーツの写真納品_htm_me6b88f5

塩分の摂り過ぎは血圧の上昇につながります。カリウムを摂ることで、余分な塩分が排出され、血圧を下げる効果があると分っています。高血圧が気になる人は、積極的にカリウムを摂るといいでしょう。

カリウムが多い食品には、干し柿、プルーン、干しあんず、バナナなどに多く含まれています。高血圧予防にドライフルーツが、とても効果的です。ただ腎臓が悪い人がカリウムを摂りすぎると「高カリウム血症」になり、血圧の上昇を招くことがありますのでご注意ください。

アントシアニンで血糖上昇抑制

ぶどうやブルーベリーの皮などに含まれる紫色の色素成分アントシアニンには、抗酸化作用があり、最近注目されている成分です。アントシアニンには抗炎症作用、血圧抑制、肝機能向上などの働きがあります。

また血糖値上昇を抑制し、糖尿病改善にも効果が期待できます。普段の食事をちょっと見直し、体にいい成分を積極的にとってみませんか?

医食同源という言葉があるように、日頃から栄養のバランスのとれた食事をとることで、病気を予防できると考えらます。体にいいといわれている食べ物はいくつかありますが、代表的なものにショウガ、ナツメ、クコの実、クワの実などがあります。

これらは昔から病気予防や治療に使われてきました。健康だけでなく美容にも効果があり、乾燥させたドライフルーツは人気です。これらのドライフルーツを上手に活用して、体に必要な足りない栄養を補給してあげるといいですね。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ