手汗にはクリームや薬が安心?

te14-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手汗に困る場面は手汗をかかない人には中々理解してもらえないものです。

意識すればするほど止まらない手汗と手で触れると濡れる辛さ。

そんな手汗の原因と対処法を紹介します。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


手汗の原因は?

066

手汗の原因はいくつかあります。

まず多くの場合はストレスや不安・緊張などの精神的なダメージによる手汗です。

ストレスがかかると症状がすぐに体に現れます。

交感神経が異常をきたしてしまい手汗がひどくなってしまう場合や不安や緊張によってホルモンバランスを崩してしまい手汗をかいてしまう場合があります。

他の原因として考えられるのは、運動不足や肥満などが考えられます。

運動不足では機能している汗腺と、機能していない汗腺に分かれてしまい機能している汗腺に負担が全部かかってしまいコントロールが出来ずに手汗が悪化してしまう原因になります。

肥満では汗をかきにくい体質になっているため汗をかくバランスが取れずにコントロールが不能な状態になってしまうのが原因です。

たかが手汗と思って放っておくと悪化してしまう場合があります。

具体的には、ひどくなるとメモを取るときに手汗が紙に染みてしまったり常に手汗をかいた状態になってしまいます。

手汗抑える方法は?

o0481031912373147355

手汗を抑えるには原因を突き止めてから抑える方法を選びます。

ストレスや緊張から手汗が来る場合には精神的にリラックスをすることが抑える方法になります。
リラックスするのは簡単でゆっくり深呼吸したまに気分転換などをして気持ちを落ち着かせるようにします。

常に周りを意識していて緊張などしている場合でも深呼吸は効果的です。
腹式呼吸が一番効果的で自律神経のバランスを調整することが出来ます。また運動不足の場合は日常生活に軽く運動を取り入れることが抑える方法となります。
ですが急な運動をしてしまうと体がついていかずむしろストレスが溜まってしまうので、通勤や通学でジョギングやウォーキングを取り入れることやお風呂の後にストレッチなでをして、軽く運動することも効果的です。
なによりまずは生活習慣を整えることが1番です。
ホルモンバランスや交感神経の乱れは生活習慣の乱れから来るので気をつける必要があります。
十分な睡眠とバランスの取れた食事と適度な運動が手汗を抑えるにはいい方法です。

手汗抑えるツボは?

手をつなぐ

手汗を抑えるツボはいくつかあり、どこにいても簡単にツボを刺激することが出来ます。

まずは手のひらの中心にある労宮というツボです。

このツボは手をグーにした時に中指の先端が触れる部分にあります。
ここをゆっくりと5秒ほど押して刺激し、離すときも5秒ほどかけてゆっくり離します。
緊張をほぐしリラックスさせる効果があります。
また合谷というツボも効果があります。
手の甲の方にあるツボで親指と人差し指の付け根の骨の間にあります。

このツボは、様々な体の不調に効果があり万能とされています。

汗の異常に対して体の代謝を正常に戻す働きがあります。

刺激を与えるときは、親指でゆっくりと押すのがいいです。
ツボを刺激する際はゆっくり時間をかけて行うと一番効果が出ます。

その他にもツボがあるので自分の症状や状態に合ったツボを選び刺激するといいです。
また、ツボはたくさんあるのでツボの正確な位置をしっかりと確認して行うことも大事です。

手汗抑えるクリームは?

手汗を抑えるにはツボや生活習慣の改善だけではなくクリームなどによって抑えることも出来ます。手汗を抑えるクリームには
普通のハンドクリームなどとは異なり汗を抑えてくれる制汗成分が含まれているため汗を抑える効果と臭いを抑える効果があります。
オススメするのが特製エキシウクリームというクリームです。

これは手汗と臭いをしっかりと抑える効果があります。

またAHCフォルテという商品もオススメです。

これはヨーロッパ産で人気の手汗や臭いを抑える商品です。

レビューの中にも手汗に利くとあります。

こういったクリームや商品もたくさんの種類があるので自分に合ったものを選ぶ必要があります。
薬局やドラッグストアでも購入出来るので、いざという時のために購入しておくのもいい対策法だと思います。

手汗抑える薬は?

実際に手汗を抑える薬はもちろんあります。塩化アルミニウムが含まれている薬は手汗を抑える効果があります。

医療機関などで多汗症の人が処方される薬にも塩化アルミニウムが
含まれている場合が多いです。

皮膚科を受診すると貰えることがあります。

市販のものではオドレミン液という塗薬が販売されています。

ネットなどでも気軽に購入することが出来ます。
効果の持続期間にはもちろん個人差がありますが、塗って数時間から数日ほど手汗を抑える効果が大体あるそうです。
ですがオドレミン液に含まれる塩化アルミニウムは効果がある分、反対にかなりリスクもあります。
酸性が強い薬のため塗ることで肌が敏感な人や弱い人は刺激に反応してしまいかぶれや赤くなって痒くなるなどの症状が出る場合があります。
また肌に異変が出てくる可能性もあるため長時間使用するのはあまりオススメ出来ず、もし刺激が強いようであれば水で少し薄めるなどの対策をとった方がリスクが少なくすみ 安全に使用することが出来ます。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ