シミに効果のある化粧品、美容液を具体的に紹介します!!

l_2015-2-12_d9c35d635d0887d18ef0260a51487c28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミは美容の敵、女性の敵ですが、やはり年齢を重ねるにつれて気になってくるのも事実です。

そこで今回は「シミ」をテーマに本当に効果のある美容グッズ、成分や商品など実際に効果のあるものを紹介します。

知識としてシミについて知っておくだけでこれからのシミとの付き合い方は変わってきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


シミが消える美容液は?

すでに出来てしまったシミを消すには、『肌に負担をかけない』ことが大前提です。

ファンデーションの油分や紫外線などは、お肌への負担となります。

しかし、ファンデーションをしないわけにはいきませんよね。

そんなときにおすすめなのが、『美容液ファンデーション』です。名前の通り美容液成分の含まれたファンデーションです。

シミを消したくて美容液ファンデーションを使うときは、『美白効果があること』と『保湿効果があること』を重視してください。おすすめの美容液ファンデーションは、マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールです。美白効果も保湿効果も高く、ファンデーションとしてのカバー力ももちろんあります。

他に人気の高いものは、1本で7役もの働きをするエニシングホワイト、製薬会社開発のデルメッドなどがあります。

エニシングホワイトは厚生労働省が認めた美白美容液、デルメッドは80種類もの有効成分が配合された美容液です。

シミが消える食べ物は?

シミに効果のある食べ物はあるのでしょうか。その前に、シミを防ぎたいなら『絶対に控えたい食べ物』について先に説明したいと思います。

それは

  • 白砂糖
  • カフェイン
  • 保存料

の3つです。

白砂糖は身体を冷やすので代謝が悪くなります。

つまりメラニンが残りやすくなります。カフェインはメラニンを拡散させますし、保存料はリンを過剰に含んでいます。

せっかく様々なシミ取りを実践していても、これらを過剰に摂取したら意味がなくなってしまうので、覚えておいてください。

では、シミが消える食べ物についてです。

それはズバリ、お肌に良いとされるビタミンC、E、βカロテンです。これらは単独で摂るよりも一緒に摂ったほうが、より良い相乗効果が期待できます。

ビタミンCは主にレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、Eはカボチャやうなぎ、アボカドなど、βカロテンはカボチャやニンジンなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

シミが消える化粧品は?

炎症性色素沈着1-300x225

シミに効く化粧品というと、やはり『美白化粧品』を思い浮かべると思います。

美白に効果的な成分はたくさんありますが、実は国が認めている美白成分はわずか9つしかありません。

それは、

  • アルブチン
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • カミモラET
  • t-AMCHA
  • トラネキサム酸
  • リノール酸

です。しかしこれらは、『シミを消す』というよりも『シミを予防する』成分になります。

では、シミを消す効果のある化粧品はあるのでしょうか。それは、『ハイドロキノン配合』の化粧品です!

ハイドロキノンは漂白成分で、濃度4%以上は医薬品扱いになります。

つまり、高濃度のものは処方せんが必要ということです。

このハイドロキノンを1.9%配合している『ビーグレン』のホワイトクリームがおすすめです。

シミを消す効果はもちろん、シミを薄くする効果、シミを予防する効果もあります。

ハイドロキノンは肌がかゆくなるなどの副作用が出ることもあるので、まずはトライアルセットで試してみてください。

コンシーラーはシミ消える?

66d876a22a2728e8583f3848e13e664d_s

メイクでシミを消すとき、ついついファンデーションを厚塗りしていませんか?

厚塗りすると、時間が経ったときに化粧ヨレがひどくなったり、かえって目立って汚く見えたりしてしまいます。

その上お肌にも負担がかかってしまいますので、ファンデーションの厚塗りは絶対にNGです。

厚塗りせずにシミを消すときの救世主となるのが『コンシーラー』です。最近では美白成分配合のコンシーラーもあるようです。

シミを消すためにコンシーラーを使うときは、塗り口が小さめのものがおすすめです。

スティックタイプやクリームタイプなど色々あるので、自分で使いやすい形状のものを使いましょう。

コンシーラーはシミ・そばかす用や、クマ・くすみ用、ニキビ跡用など目的に応じて色味があります。

ファンデーションよりも少し濃い色を選ぶと、色浮きせず自然に見えると思います。

コンシーラーを使うタイミングは、ファンデーションがパウダータイプならコンシーラーが先、リキッドやクリームタイプならコンシーラーが後です。

口コミから見るシミが消えた方法は?

shutterstock_182238299-480x310

インターネットの普及により、商品を購入する前に『口コミ』での評判をチェックする人も多いと思います。口コミで評価の高かったシミを消す方法、実際にシミが消えた!という方法をご紹介します。

自力でシミを消す方法の場合、やはり『ビーグレン』が効果が高いようです。

ハイドロキノンにより、ほぼ確実にシミを消す、または薄くすることが出来ます。早い人だと3日から5日くらいで効果を実感出来るようです。『オバジ』はシミが消えたという人が多い一方、効果がなかったと言う人も多いようです。

そして、確実にシミが消えたという方法が、皮膚科による除去です。皮膚科での除去は、ケミカルピーリングやレーザー治療、トレチノイン治療などがあります。トレチノイン治療は塗り薬を処方してもらい、自宅で出来る治療です。角質を剥がしてシミを消し、過剰な皮脂分泌を抑制したり体内のコラーゲンを増やす働きなどがあるため、新たなシミが出来にくくなるというメリットもあります。簡単で、しかも確実にシミがなくなると人気です。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ