コーヒーダイエット


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーの匂いを嗅ぐとなんともいえないまったりした気持ちになりますよね。お仕事後の一服や、ショッピングの休憩などほっとしたいひと時にはあたたかみのあるコーヒーの優しい香りと、悠久のコーヒータイムを過ごしたくなります。

一般的にはコーヒーはカフェインが含まれており、交感神経に働きかけるため、寝る前に飲んでしまうと目が覚め眠れなかったり。カフェインは刺激も強く、お肌にも良くないなどコーヒーについての論争は様々なものがあります。(あと、歯にステインがつくというのもありますね。)しかし、実はコーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸と呼ばれる物質には脂肪分解を促進する効果があるといわれています。この二つの物質の力を借りることで、運動前や活動時のエネルギー必要時にコーヒーを飲むことで脂肪を分解しエネルギーに変える効果があるのです。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


カフェインには腸の働きを良くする作用があります。特に即効性があるともいわれ、便秘がちであれば朝食時にコーヒーを飲む習慣をつけることで、朝から腸内を活性化し、老廃物排出に最も優れている午前中に排出することができるでしょう。逆に、即効性が見られる程強めの刺激にはなりますので、お腹が弱い方にはあまりおすすめはできません。自分の体調を見ながら飲んでください。

有名なハーバード大学ではコーヒーの優位性を調査した実験があります。コーヒーを習慣として飲む人と飲まない人とでは糖尿病になる確率が少なくなるという結果が出ました。女性では30%、男性では50%も少ないという事実結果が明らかになりました。癒しの空間を演出してくれるだけではなく、大病の予防にも効果がるということがこの調査結果からわかりました。さらに1日のはじまりとしてゆっくりと時間をかけてコーヒーを味わう習慣をつくることで心筋梗塞の要望にもつながるということもいわれています。国内においても様々な実験調査が現在進行形で行われておりますが、どの実験結果においてもコーヒーを一定量飲まれているグループは病気に対する耐性が強いという結果がでております。

ただ!市販のコーヒー飲料にはブラックやミルク問わず実はたくさん糖分が含まれていたりもします。糖分を多く含んだ飲料の摂り過ぎには肥満や糖尿病など他の病気に通じる可能性もありますのでくれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。自分で淹れるタイプのコーヒーであれば、カフェインレスに限らず同等の効果があるといわれています。ブラックでは飲みにくいという方には無脂肪乳やはちみつなどを使うなどして、なるべく体に優しい素材を使うと良いでしょう。

脂肪燃焼や病気に対する耐性以外にも、コーヒーにはリラックス効果もあるんです。(みなさん実感されているからこそ、コーヒーがここまで愛されているのでしょう!) ちなみに、リラックス効果はコーヒーの香りに含まれており、中でもグアテマラやブルーマウンテンなどはアルファー波を最も多く出すと言われています。仕事の合間に定期的なコーヒータイムを取り入れることでほどよくリラックスすることができ、よりお仕事も集中できると言った効果もあるそうです。お仕事のしすぎで脳内がパンクしそうな時こそ、一呼吸置いて、コーヒーの香りを嗅ぐことで精神・身体共にリラックスさせましょう。その後の仕事に対する取組が大きく変わることでしょう。

コーヒーは国境を越えて世界中で古くから愛されている飲料です。その国の文化に応じてお豆の種類や挽き方、飲み方の方法もそれぞれあります。コーヒーの香りや味だけではなく、淹れ方、お豆、器具など多方面へ範囲を広げることでより楽しむことができるでしょう。

ただ、何度も繰り返しにはなりますが、飲み過ぎにはくれぐれも注意が必要です。コーヒー飲料に隠れてたくさん含まれている糖分も大敵ですが、カフェインについても飲み過ぎは禁物です。1日3~4杯であれば大きな問題はありませんが、これ以上を超える場合は少し注意が必要になります。コーヒーはがガブガブ飲むのではなく、ゆっくりと時間をかけて香りと雰囲気を楽しみながらリラックスして飲みましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ