冷え性はダイエットや肩こりに大敵!血流をスムーズにして冷え性を解消しよう!

IMG_5459.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これを読んでいるあなたは、冷え性に悩まされていませんか?
冷え性は寒い冬の間にしかおきないと思われがちですが、実は夏でも冷え性に悩まされる人は多いのです。
ムシムシ、じめじめした夏。
年々気温が上昇しつつある温暖化…
こんな時に、人々のオアシスになるものは何でしょう?
やはり、〝涼しい場所〟〝涼しい物〟なのではないでしょうか。
ところが、クーラーの影響により人々は冷え性になりがち。
冷え性になることで、起きてしまう弊害はさまざまです…!
ということで、今回は冷え性が招く体のダメージや冷えの解消法をご紹介していきます。

夏こそ危険!女性の冷え性

冷え性と聞くと、なんとなく寒い季節を連想してしまいませんか?
ですが、冷え性は夏場こそ危険なんですよ!
夏場は、気温が30℃以上にも登り歩いているだけでもフラフラしてしまいますよね…。
そして、ものすごく暑い外気温のから、涼し〜い室内に行き来することが多いです。
また、炭酸ドリンクや清涼飲料水を飲んで暑さをしのぐことだってありますよね?
ところが、急に涼しい場所に移動したり冷たい飲み物を飲んで一気に体温を下げようとしてしまうと、自律神経に乱れが生じてしまいます。
自律神経は、人の体の体温調節をする働きがありますが、これが乱れることによって体温調節ができにくくなってしまうのです。
よって、夏場でも冷え性になってしまいがちというわけなのです…!

★ここで一息★
冷たいビールや冷たいジュース、すごくおいしいですよね!
それは、ジュースが冷たい状態で飲むことにより本来の甘味などが抑えられ、お茶のようにスーッと飲めてしまうためだそうです。
例えば、常温のコーラやビールなんてあまり美味しくありませんよね?
ですが、夏場だからこそ体が冷たい飲み物を欲してしまい一気に飲んでしまいます。
これでは冷え性を招いてしまうと同時に、糖質過多でダイエットにもよくありません。
冷たい飲み物は美味しいですが、飲み過ぎには注意が必要ですよ!

冷え性が招く身体のダメージ

では、人の身体は冷え性になってしまうとどのような害があるのでしょうか。

まず、人の身体は全身に血液を巡らせたり、汗をかくなどして体温を調整する機能が備わっています。
ところが、不規則な生活で自律神経が乱れたり、ストレスや外部的ダメージにより体内の活性酸素が増えてしまいます。
これにより、体温調節をするために必要な基礎代謝がパワーダウンしてしまうのです。
代謝が落ちることで、人は冷え性になってしまうんですね。

また、筋肉の量も関係しています。
人の身体は、筋肉を収縮させながら身体の末端まで暖かい血液を送る機能が備わっています。(筋ポンプ作用)
ところが、筋肉量の少ない人(特に女性に多いですね)は筋ポンプ作用がうまく働かず、全身に暖かい血液を巡らせることができません。
これにより冷え性を招いてしまうのです。

冷え性になると、以下の健康ダメージを受ける可能性が高まります。

肩こり、首のこりの悪化

冷え性による肩こりの場合、筋肉の緊張からくるものや眼精疲労からくる肩こりとは違い、血行不良が原因とされています。
血液は身体を温めるために巡るだけではなく、老廃物を回収するためにも巡っているもの。
そして乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まってしまうことで肩こり、首のこりを引き起こしてしまいます。

むくみ

冷え性によるむくみも肩こり、首のこりと同様に血行不良が原因です。
血行不良により、新しい水分や栄養が届きにくくなってしまいます。
そうなると、筋肉は今ある水分で身体を維持しようと働いてしまうので、パンパンにむくんでしまうのです。

脂肪がつきやすくなる

むくみの項で説明しましたが、身体に十分な血液を送ることができなければ、身体は今ある水分で身体を保持しようと働きます。
その〝今ある水分〟には老廃物を多く含んでおり、脂肪と結びやすい性質になっています。
老廃物を含む水分が脂肪と結びついてしまうと、それはセルライトとなって身体に蓄積されてしまいます。
セルライトはまわりの脂肪をどんどん呼び寄せてしまうため、肌表面にボコボコっとした脂肪の塊ができてしまうのです。

脂肪が燃えにくくなる

冷え性になってしまうと、活性酸素を量産してしまいます。
活性酸素は細胞を錆びつかせてしまい、摂取したカロリーを燃焼する機能が弱まってしまうため脂肪が燃えにくくなってしまうのです。
また、量産した活性酸素は不飽和脂肪酸と結びつくことで過酸化脂質となり、血液をドロドロにしてしまいます。
これにより、血流が悪化してしまいさらに冷えを悪化、血栓症の危険性まで出てしまうのです。
冷えの堂々巡りです…。

というように、冷え性はダイエットにも大敵ということがわかりますよね。
これらの冷え性ダメージに共通していることは、血流です!
血流をスムーズにするこそが、冷え性を解消する手立てになるというわけなんですね!

血流をスムーズにするために

では、具体的にどのようなことをすれば、血液はスムーズに全身に行き渡ることができるのでしょうか?

血流に良い食べ物を摂取する

血液の流れをサポートする食品はたくさんあります。
血流をスムーズにするためには、血液をドロドロにしない成分を含んだ食品を取ればよいのです。
例えば、不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)をおおく含む青魚。
青魚には血液をサラサラにしてくれるDHAがたっぷり含まれており、中性脂肪やコレステロールの低下に良い成分です。
また、タマネギや納豆、らっきょうなども血液をサラサラにしてくれる食べ物です。
そして、ポリフェノールの一種であるヘスペリジンという成分(ビタミンPとも呼ばれてる)は、血流を改善するほか、毛細血管を強化してくれたり抗アレルギーの効果をもたらします。
ヘスペリジンが含まれる代表的な食品はみかんです。
昨今、食生活の欧米化が進んでいるので青魚などを食べる機会も減っていますが、積極的に食べてもらいたい食品です。

リンパマッサージ

こちらはインナーケアとは違って外部的に刺激を与えることで血流を促す方法です。
リンパの流れに沿って、下から上、内側から外側にマッサージを行うことでリンパの流れが活性化されます。
リンパの流れが活性化することで、溜まりがちな老廃物を集めて排出しやすくなるのです。
これによって血液の流れもスムーズになるのです。

お風呂で身体を温める

お風呂で身体を温めてあげることで血液の循環を良くする方法です。
冷房の影響で身体が冷え切ったままの場合、お風呂にゆっくり浸かることで全身が温まりますよね。
シャワーでぱぱっと済ませてしまうと、身体が十分に温まらないので冷え性が改善されなかったり身体がむくみがちになってしまいます。
身体を温めるのに効果的な入浴方法として、ぬるま湯・半身浴というのはご存知の人も多いのではないでしょうか?
冷房の影響を受けてしまう時期だからこそ、身体を温めてあげてくださいね。
また、お風呂につかることで副交感神経が働き上質な眠りにつきやすくなると言われています。
上質な眠りは自律神経を整えますから、自然と冷え性解消にもなるんですよ。

まとめ

ここまで冷え性の原因やダメージ、解消法についてご紹介していきましたが、十分な睡眠や1日3食の徹底、規則正しい生活を送るこそ冷え性を改善する第一歩になるのです。
暑い季節、ついつい身体は〝冷〟を求めてしまいます。
もちろん、熱中症には十分に気をつけなければいけませんが、身体を冷やさないことも十分気をつけてくださいね!
また、血流の改善はダイエットの第一歩!
血液をスムーズにしてスマートな身体を手に入れましょう♬


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ