基礎代謝アップの習慣をつける

写真 2[1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は週間特集としてお送りしております。体系も性格も全ては毎日何を行うか、今までにどのようなことを毎日行っていたのか“習慣”で全てが決まります。逆に、今後の習慣次第で未来の自分を大きく変えることも可能です。

ダイエットの減量時にだけではなく、“基礎代謝”は健康の大きなキーワードとなります。年齢とともに基礎代謝は必然と下がってしまいます。以前と同じ食事量なのに、自然とお腹がぽっこりしてしまう原因は基礎代謝が減ったことによる脂肪の蓄積です。

何もアクションをとらぬまま毎日を過ごすと年齢とともにどんどんと代謝は下がってしまいます。しかし逆に今習慣を変えることで未来の自分を大きく変えることができます!それでは早速ですが身につけて損は無い習慣をご紹介しますので一つでも多く毎日意識的に取り入れて習慣にしてしまいましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


<体温を上げる編> 体温を上げることで代謝もアップしますし、血の巡りがよくなります。どんどん脂肪を燃焼しやすい体づくりをしてしまいましょう!  ・朝ごはんを食べて体温アップ   ご飯を食べると消化をするために体内の温度がぐっと上昇します。眠っている間に低下した体温を上昇させることで、朝から効率的に動きましょう。

・体に合った下着(洋服)を着用する   窮屈な服を着用することで血行が滞ってしまう可能性もあります。決してゆるい服装を促しているのではありません。自分に合ったサイズの服を着用しましょう。

・体温以上の温度で20分以上の半身浴をする   以前半身浴について取り上げたことがあります。ゆっくりと体温を上昇させることによって血行促進・新陳代謝アップ効果があります。湯船につかることでリラックス効果も大きくおおすすめです。

<姿勢編> 何度か取り上げておりますが、姿勢一つで大きく変わります。少し窮屈な感じがありますが、我慢をして習慣になるまで意識的に姿勢を正しましょう。  ・もたれすぎない、お腹をひっこめて背筋をのばす   お腹にぐっと力をいれてひっこめ、お尻の根元から背骨を意識します。普段楽な姿勢時には決して使っていない筋肉を新たに使うことになりますので引き締まります。

・お尻を意識してきゅっと立つ   どちらかの足に重心をかけてアンバランスに立つのではなく、お尻をイメージし、きゅっと引き締める容量ですっと立ちましょう。    ・モデル歩きの一歩手前をイメージして歩く   ペタペタ、ズンズン歩くのではなく、モデルさんがランウェイを歩く時の歩き方をイメージしてください。細く長い脚を惜しげもなく前に出してクロスさせるような歩き方ですよね?さすがにあそこまでの歩き方は特長がありすぎますので、手前の少し交差するようなイメージで歩きましょう。

・目線はまっすぐ遠く、腰から歩いてシェイプアップ   スマホを片手にフラフラなんて論外です。まっすぐ遠くをみて背筋を良く歩きましょう。足で(ひざ下)で歩くのではなく、腰から歩くことをイメージしてください。下半身全体を使って歩くことを意識してください。全身の筋肉を使って歩くことで代謝アップとシェイプアップにつながります。

<食事編> 当たり前ですが、食事は肉体をつくるための基礎として大きな役割を果たします。習慣として摂り入れたい食材をご紹介します。  ・高タンパクな食事でマッチョに   筋肉つくるために必要なお豆などのタンパク質を多く摂ることで代謝が良い体にしましょう。    ・生姜を摂って体の中からポカポカ   冷え症には生姜ですよね。少量でも体の中からポカポカしますので、季節を問わず生姜を摂ることでいつでも代謝の良い体づくりを心がけましょう。

どうでしょうか?結構簡単に取り入れることができる週間ばかりですよね。基礎代謝をアップさせるためには小まめな小さい努力が必要になります。この基礎代謝アップの習慣をベースにストレッチやエクササイズを行うとなお良いでしょう。基礎代謝が上がっている状態で行うエクササイズや運動は通常時の効果と大きく結果が異なります。

習慣にするためには少し時間と気合が必要ですが未来の素敵な自分をイメージしながら取り組みましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ