お酢パワーを身につけて体の不調を回避!内側からキレイを目指す!

IMG_5415.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、普段自炊をするときにお酢を使う機会多い方ですか?

もちろん、直接口にできる調味料ではありませんし、お酢の酸味が苦手というひとも結構多いのではないかと思います。
なにより、現代人はお酢をあまり口にする機会が減っていると言われています。
でも…それはもったいない!!
お酢には、優れた効能や効果がたくさんあるんです!
それはなにも、健康や美容だけではありません。
ダイエットにも素晴らしい効果を発揮するんですよ!
お酢パワーを身につけて、体の内側からキレイを目指しませんか?



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


お酢は調味料だけじゃない!

  

お酢にはたくさんの種類がありますよね。
穀物酢やリンゴ酢、黒酢や香酢、バルサミコ酢など…
ところが、お酢は調味料として販売されているだけではなく、〝飲むお酢〟としても注目を浴びています。
筆者は、輸入食品のザクロ酢を炭酸で割って飲むのが好きなのですが、まるでジュースのような感覚で飲むことができるんです。
黒酢やリンゴ酢も、パック飲料として販売されていますよね!
お酢といえば調味料の一つぐらいにしか考えられていなかったのが、今では薬のような側面を持っているとして健康マニアの間では有名なんですよ。

お酢に含まれるアミノ酸について

先ほどお酢の種類について触れましたが、具体的には醸造酢、合成酢、加工酢3つの種類に分けられています。
なかでも穀物、野菜、果実などを原料としている醸造酢は、健康食品としてもっとも良いとされており、天然のアミノ酸を多く含んでいます。

人の身体は70%が水分、20%がアミノ酸でできています。
アミノ酸は、筋肉や臓器の元になるタンパク質を構成する欠かせない成分。
そして、体力の増進や疲労回復に効果を発揮します。
お酢を飲むと身体に良いとされる理由はアミノ酸だったんですね。

優れたお酢パワー

それでは、お酢を飲むと身体にどう影響を与えるのか、それぞれご紹介していきます。

ダイエット効果

先ほどご紹介した、お酢に含まれるアミノ酸。
アミノ酸は体内に入ると、脂肪の合成を抑制、また脂肪の分解を促す効果を発揮します。
アミノ酸の脂肪燃焼効果は、運動を併用することにより燃焼効率がアップすると言われており、ダイエットに良いとされているのです。
そして、同じくお酢に含まれるクエン酸。
クエン酸は老廃物や疲労物質を排出させる働きがあり、クエン酸を摂取することで排出がよりスムーズになります。
老廃物の排出がスムーズになると、脂肪や糖質を燃焼するエネルギー代謝が高まりますので、結果的に脂肪を燃焼してくれるのです。

むくみ予防

お酢には利尿作用があり、体内の余分な水分や老廃物を体外へ排出する効果を持っています。
お酢を取り入れることによって身体は短時間でアルカリ性に変わり、それを察知した腎臓が利尿作用を起こすんですね。
結果、お酢はむくみの解消や予防に良いとされているのです。

血糖値の上昇を抑制

人は食べ物を口にした直後、血糖値が急上昇します。
これは、胃腸の消化吸収が急速になることで起こる現象なのですが、血糖値を下げるために体内ではインスリンというホルモンがどんどん分泌されていきます。
ところが、このインスリンが増えすぎてしまうと、余分な糖分を脂肪に変えてしまうので肥満につながると言われているんです。
お酢は、人が口にした食べ物をゆっくり胃に届けることができます。
ゆっくり胃に届けることによって、胃腸の消化吸収もゆるやかとなり、結果的に血糖値の上昇を抑えることができるのです。

血液をサラサラにする

お酢は、血中のコレステロールや中性脂肪の増加を抑える働きを持っています。
コレステロールや中性脂肪を抑えることによって、血液の流れがスムーズになりサラサラとした血液になるんです。
また血流が改善することによって、身体の新しい細胞がどんどん作られていき、新陳代謝が高まります。
それにより、冷え性の予防や改善にも役立つと言われているんです。
お酢は生活習慣病予防はもちろん、毎日元気に生活していく上で欠かせないんですね。

免疫力、殺菌作用の向上

お酢に含まれるビタミンCやビタミンAには、身体の細胞を錆びつかせてしまう活性酸素を除去する効果があります。
これにより、身体の免疫力が高まることがわかっているんです。
ウイルスの侵入を阻止したり、インフルエンザ菌の活動を抑制し、発病しにくくなることから病気を予防するのに良いとされています。
またお酢には殺菌作用があり、食中毒の危険から身体を守る働きがあるんです。
健康維持には欠かせません!

食欲増進

これについてはご存知の方も多いのでは?と思います。
お酢は酸味が強く、消化器官を刺激するため食欲がない時にお酢を摂ると食欲増進につながると言われているんです。

便秘解消

免疫力・殺菌力向上の項でも説明しましたが、お酢には強い抗酸化力があり新陳代謝を活性化させる働きを持っています。
新陳代謝が高まることにより、腸の中で炭酸ガスを発生させるのでお通じが良くなると言われているんです。
また、殺菌力により腸内環境が改善されるため、便秘に良いとされています。

美肌効果

これは便秘解消につながるのですが、便秘は肌荒れを起こす原因と言われています。
その便秘を解消することで、肌荒れを予防することができるんです。
また細胞の活性化により新しい肌がどんどん作られていき、透明感のあるみずみずしい肌になれると言われているんです。

お酢を取り入れる際の注意事項

  

お酢が、健康や美容、ダイエットにとても良い効果を発揮することがよくわかったかと思います。
これを知れば、毎日お酢を飲みたくなりますよね!
ところが、お酢はたくさん飲めばいいというわけではないのです。
なぜなら、お酢の摂りすぎで胃が荒れてしまったり、腹痛や下痢を引き起こす危険があるから。
お酢を飲む際は、1日の目安量や希釈の仕方に注意が必要なのです!

まず、お酢のパッケージなどに1日の目安量が記載されていればそれを必ず守るようにしてください。
記載がない場合、お酢の1日の摂取量はだいたい30ml程度に抑えておくと良いでしょう。

飲むタイプのお酢には、そのまま飲めるものと希釈して飲むものと2つのタイプがあります。
希釈タイプの場合、製品によって希釈の仕方が違いますからかならず記載通りに希釈を行うこと!
高濃度だと効果出るかな…と思ってあまり薄めなかったりしたら、臓器の粘膜が荒れてしまったり胸焼けを起こす危険性があります。
また、胃腸の弱い人や子供が飲んでしまうのも胃腸に負担をかけてしまうことになります。
そういう人は、基準よりもさらに少ない量で希釈して飲んでくださいね。

そして、寝る前や空腹時は避けたほうがようでしょう。
高濃度のお酢は、歯が溶けてしまう酸蝕歯のリスクが高まると言われています。
お酢を飲んだ直後に眠ってしまうと飛んでもないことになる可能性が…!
お酢を飲む際は、お酢と歯が接触しないようにストローを使用するなど工夫してみましょう。

まとめ

お酢の効能や注意点をご紹介していきましたが、お酢を直接飲むことに抵抗がある人は調味料として使用してみると良いでしょう。
お酢の酸味は塩味を帯びていますから、塩の代わりにお酢を入れることで塩味が失われませんし、減塩にもなって健康にいいですよ♬
また、ジュースのように飲めるお酢もたくさん出ており、フルーツ果汁が入ったお酢は苦手な人でも飲みやすいのではないかと思います!
お試し程度からぜひお酢を取り入れた健康生活を実施してみてくださいね!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ