育児中の女性を悩ませる?腱鞘炎とのベストな付き合い方

IMG_5518.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産、育児を通して女性は体力を使う機会が増えていきます。

中でも産前産後の身体の変化、心の変化はとても著しいものがあります!
まず、ホルモンバランスが大幅に崩れてしまうことで精神が不安定になりがちです。
これは出産を経験した女性の多くが悩まされたことだと思います…。
そして産後の育児において、手首を痛めてしまう症状が現れることがあります。
手首の痛みを感じたら、おそらく腱鞘炎にかかっている可能性が高いのです!
そこで今回は、産後の女性に多い腱鞘炎について、詳しい症状と改善方法をご紹介していきます!



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


腱鞘炎とは?

  
まず腱鞘炎について。

手首には、親指の動きをコントロールする2つの腱があり、その2つの腱を覆っている鞘があります。
腱を覆っている鞘が炎症を起こしている状態を、腱鞘炎と言うのです。
炎症した鞘は肥大化してしまい、包み込んでいる腱をギュウギュウに締め付けてしまうのです。
親指を動かしているときに痛いとかんじるのはこのためなんですね…!

育児にかかりやすい腱鞘炎って?

一口に腱鞘炎といっても、いろんな種類があります。
中でも、育児中の主婦にかかりやすかったり、テニスなどの手首を使うスポーツをしている人にかかりやすい腱鞘炎を【ドゥケルバン腱鞘炎】といいます。
産後の育児は、子供を抱っこしたり、無理な姿勢で家事を行う機会が増えます。
このときに、片手だけに負荷がかかりやすくなるため、腱鞘炎が起きてしまうのです。
例えば、片手で子供を抱っこして、もう片方の手で荷物を持つだとか、オムツ替えや家事で手を使う機会が増えてしまうことが挙げられます。

ドゥケルバン腱鞘炎の判断方法

手首の痛みを感じたら、まずはドゥケルバン腱鞘炎なのかを判断しましょう。
自己判断する方法、実はあるんですよ!
まずは、痛みを感じる手の親指を、もう片方の手でしっかり握ります。
そして、親指を小指に向かってグッと引っ張ったときに、痛みを感じたらドゥケルバン腱鞘炎の可能性が高いでしょう。

腱鞘炎の治療方法

一度腱鞘炎にかかると、その痛みは長引くことが多いです。
どうしても我慢できない痛みなら、整形外科などで医師に相談してみましょう。
腱鞘炎に対する診察は、主に問診と触診、湿布を処方されたり、テーピングで固定されたり、安静にするように言われ終わりますが、手首が動かせないくらいの痛みを伴った場合は以下の治療が受けられます。

ステロイド注射

腱鞘炎を患った時、整形外科で一番多い治療法とされるのがステロイド注射です。
ですが、育児中の女性は授乳への心配も懸念されるかと思います。
授乳中の薬の服用は、母乳から僅かながら子供に影響すると言われていますがステロイド注射の場合は、激しく心配するほどでもないようです。
こればかりは、診断した医師の意向によりますから、不安な点はしっかり伝え、どうしても抵抗があるようであれば別の治療方法を勧めてもらいましょう。
またステロイド注射をしたからといって確実に炎症が治るわけではありません。
人によっては副作用が現れることもあるためできれば避けたいものですね。

腱鞘炎切開手術

安静にしても、注射をしても改善されなかった場合は最悪、腱鞘炎を切開する手術が行われます。
局部麻酔なので入院の必要はなく、30分もかからない程度で手術は終わります。
ですが意識のある状態で切開されるのは、想像しただけでひやりとしてしまいますね…

通院しなくても腱鞘炎を和らげる方法

  
まだ私生活にさほど支障が出ないくらいの腱鞘炎であれば、自宅でのケアが可能です。

では自宅でどのようなケアができるのかについて説明していきます★

とにかく手を安静にする

前項でも触れましたが、腱鞘炎にかかった場合はとにかく手を休ませることが重要になってきます。

使えば使うほど痛めてしまうわけですから。
でも、日常生活や家事・育児において手を使わないわけにはいかないですよね?
そこで、なるべく手を使わなくてもいいように様々な工夫が必要になってきます。
例えば…育児をしながら家事をこなす場合、抱っこ紐やおんぶ紐を活用する。
これで両手があきますし、子供にとっても安定した姿勢なのでぐずることがあまりありません!
筆者も家事の際は抱っこ紐を使っていましたが、子供がすやりと寝てくれるので助かりました…♬
また炊事の場合ですが、包丁を使うとどうしても利き手にだけ負荷がかかってしまいますよね?
なので、包丁をなるべく使わないようにしたいところ。
例えば、人参やじゃがいもなどの野菜の皮むきを包丁で器用に行っている人は、ピーラーなどで代用する。
他に、素材の柔らかいものに関しては調理用はさみを使えば利き手じゃなくても簡単に処理ができますよね!
あとは日常生活において、買い物する時に荷物が重くなったりしますよね?
そのような時は、思い切って家族に甘えて荷物を持ってもらうなど協力を仰ぎましょう。
日常生活に関しては周囲の協力も必要不可欠です。
他にあげるとすれば、スマホなどを親指で操作しないこと。
無意識に操作していますが、結構親指に負荷をかけてしまっているんです。

このように、なるべく手を使わないようにいろんな工夫をしてみましょう。

アイシング

アイシング=患部を冷やすことです。
腱鞘炎の場合、患部を温めるよりも冷やすことが大事なんです。
塗るタイプの冷却剤や湿布を使って患部を冷やしましょう。
ですが、身体にとっては冷やすよりも温めることが良いのは明らかです。
長時間患部を冷やすことは血行不良を起こしたり体温調整ができなくなってしまうため注意が必要です。
痛みが引いたらすぐにでもストップしてくださいね。
筆者は普段通っている整体院で、一番勧められたのがこのアイシングです。
腱鞘炎だけでなくても、筋肉痛やその他の炎症にもアイシングは勧められます。

テーピングやサポーターを着用

テーピングやサポーターを着用することで、患部を傷めないように手を固定する方法です。
これに関しては整形外科などの専門機関で適切に処置してもらうことがベストですが、家事・育児に追われている人は煩わしく感じてしまうのがデメリット。
また誤ったテーピング法は腱鞘炎を悪化させる恐れがあるため、自己流は控えるようにしてください。

腱鞘炎とホルモンバランスの関係は?

実は産後の女性に多い腱鞘炎には、ホルモンバランスの影響も関係していると言われているんです。
一般の成人女性には、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが一定のバランスで保たれています。
産後になると、子宮や骨盤を元に戻すためにプロゲステロンの分泌が著しく活発になります。
このため、全身の腱鞘が収縮してしまうために腱鞘炎になりやすいと言われているんですね。
関係がなさそうで、関係のある腱鞘炎とホルモンバランス。
ホルモンバランスが崩れるのは出産時だけではなく、疲労やストレスによる影響もあります!
適度に身体を動かして、バランスのとれた食事をとり、毎日を健やかに過ごすことも大切なのです。

まとめ

このように、多くの女性を悩ませてしまう腱鞘炎。
ですが、出産・育児で患ってしまった腱鞘炎は、子供が1歳になるころには解消されやすいのです。
それは、子供がハイハイしたりたっちしたりするようになることで、抱っこの時間が減ることに関係しているから。
今の痛みは一生続くかも…なんて落ち込まずに、今だけの痛みと受け止めて前向きにケアしていきましょう!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ