あなたは大丈夫?脚が太くなる原因・スラリ脚を目指す方法

IMG_5206.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

綺麗な脚線美は、女性の誰もが憧れるものですよね。

ハイヒールやレギンス、トレンカなど脚を細く長く見せるアイテムが流行したように、年代・季節問わず美脚に対する関心は高まる一方です。

とはいえ、鏡を見るたびにがっくし…
パンパンのふくらはぎにくびれのない足首。
脚線美なんて程遠いと嘆いている人も大勢いることでしょう。

ですが、普段の私生活において無意識に行っている仕草が脚を太くさせている原因だとしたら…どうしますか?
今回は、私生活における〝脚太り〟の原因と改善方法についてご紹介していきます!



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


上半身に比べ下半身が痩せにくいのはなぜ?

  
ダイエットをする際、上半身は落ちやすいのに下半身がなかなか落ちない…なんて経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで、上半身に比べ下半身がなぜ痩せにくいのか。
それは、下半身にはLPLという酵素が多いことに原因があるのです。
このLPLは、血液中の中性脂肪を脂肪細胞や筋肉細胞に取り込んでしまいます。
特に、女性は筋肉量が少ないため、さらに脂肪細胞へ取り込まれてしまい太りやすくなってしまうというわけなんです。
また、下半身は心臓から離れているため血液の循環がスムーズにいかないことが多く、余分な水分や老廃物を溜め込んでしまいます。(=むくみ)
この余分な水分や老廃物を放置したままにすると脂肪へ変わっていき、その脂肪のかたまりがセルライトとして残ってしまうのです。
さらに、骨盤の位置が正しくなかったり、姿勢が正しくないことで体が歪んでしまうと、老廃物がたまりやすくなり、上半身と下半身をつなぐ大腰筋が衰えてしまい下半身が太りやすくなる都言われています。

このように、下半身は上半身に比べて太りやすいことがお分りいただけたかとおもいます。
実は、これらの下半身太りの原因は、私生活の〝ある行動〟によって引き起こしてしまうことがあるのです…!
では、普段の私生活において無意識のうちに脚を太くさせてしまっている仕草とは一体何なのでしょうか?

私生活で無意識に行っている〝脚太り〟な行動

ここでご紹介する内容はほんの一部になりますが、当てはまっている人は要注意!

脚に合わないハイヒールを履いている

本来、ハイヒールは脚を長く細く見せる効果がある人気の高いファッションアイテムですよね。
ですが、このハイヒールには脚が太くなってしまう大きな原因が隠されているのです!

ハイヒールを履くと、バランスを取るためにつま先とカカトで重心を置こうとします。
つま先立ちのようなスタイル…ですよね。
ですがこのスタイルが下半身に大きな負担をかけてしまっているのです。
体のバランスを取ろうとするあまり、筋肉疲労を防ぐために自然と脚に贅肉がついてしまいます。
よって、ハイヒールを履くと脚が太くなりやすいというわけなんです。

さらに、ハイヒールを履いて歩くときに、自然と前かがみの姿勢になっていたり、膝が曲がったままの状態になっていたら最悪です!
筋肉疲労を防ぐために脂肪がつくほか、つかなくてもいい筋肉まで発達させてしまうため脚がどんどん太くなってしまうからです。

もちろん、ハイヒールで正しく歩けば脚が太くなりません。
かかとをひきずらないように歩いたり、背筋を伸ばす、カカトとつま先を同時に着地させることがポイントです。
ハイヒールを履くなら、正しい歩き方をぜひマスターしてくださいね。
正しい歩き方をマスターすれば、脚が引き締まる効果も期待できます!

立ち仕事やデスクワーク中心の仕事

立ち仕事は、脚が太くなりやすいとよく言われていますよね。
これは前項でも説明した通り、心臓から程遠い下半身に十分な血液を送り込むことができていないため、下半身に余分な水分や老廃物が溜まりやすくなっているからなんです。
デスクワークの場合、同じ姿勢で作業をすることが多いですよね?
これも血流が滞る原因になっているんです。
椅子の高さが高すぎていたり、デスクワークの姿勢において脚が地面にべったりつかず、カカトをあげていたりぶらぶらさせている状態を作ってしまうと、膝や太ももの裏側に圧力をかけてしまうんです。
また、立ち仕事やデスクワークの場合室内での仕事がメインですよね。
そうなれば、冷房による冷えも心配です。
体が冷えてしまうことで余計血流が滞ってしまいますから、脚がむくみやすくなるというわけなんです。
むくみは放置しておくと脂肪に変わってしまうため、帰ってきたその日にしっかりケアをしてあげることが大切。
血流を促す脚のマッサージや、湯船に浸かり身体を温めることによって血流を促すなど方法はいくらでもあります。
シャワー派の人は要注意ですよ!

脚を組んでしまう、片方の脚に重心を置く

これは癖になっている人もいると思いますが、脚を組むことが脚太りの原因になっていることがあります。
脚を組むと、片方の脚に負担がかかってしまいますよね。
こうすることで、関節やリンパ節が圧迫されてしまい、血流がスムーズにいかなくなってしまいます。
血流がスムーズにいかなくなることでむくみとなってしまい、次第に脂肪へ変わっていくというわけです。

さらに、立ったときに左右どちらかの脚に重心を置いている人も、脚を太くさせてしまっているんです…!
これは身体を歪ませるだけではなく、外側に向かって重心をかけることによって脚が太くなりやすくなってしまうから。
電車やバスの中、待ち合わせの最中などに無意識に行っていたら…要注意!

水分の取り方に問題がある

  
余分な水分と老廃物がたまるとむくみになってしまうと説明しましたが、かえって水分を摂らなくなってしまうと、これまでの体型を維持しようと働くため老廃物が増えていく一方です。

そして、冷たい飲み物ばかり飲んでいる人は身体を冷やしてしまい、血流がスムーズにいかなくなってしまいます。
よって、太りやすくなってしまうんですね!

水分の取り方で重要なのは、〝量〟〝水温〟〝利尿〟にあります。
そこで一番理想とされるのが、〝1日に常温の水1リットル〟という目安。
飲むときは、ゆっくりと飲んでくださいね。

塩分、糖分の多い食事

塩分はむくみの原因になる、というのはご存知の方も多いはず。
これは、血中の塩分濃度を正常にしようと、水分を多量に溜め込むよう身体が働いてしまい、むくみが進行して行くからといわれています。
ですが、糖分もむくみの原因となりやすいのです。
これは、血液の循環が悪い状態で糖分が増えてしまうことで、老廃物を排出する働きがにぶってしまいます。
この排出されなかった老廃物が、むくみに変わっていくんですね…。

普段外食が多かったり、カップラーメンや加工品ばかり食べていれば塩分•糖質過多が疑われます。
むくみを作らないためにも、〝利尿作用〟によって余分な水分や老廃物を排出しなくてはなりません。
その利尿作用のある成分が、アボカドやサツマイモなどに含まれるカリウムなんです。
食生活で脚太りを防ぐ方法はありますから、十分に気を配ってみてくださいね。

まとめ

私生活のなにげないところで、脚太りになる原因を作り続けてしまっているんですね…。
当てはまる人は、今すぐにでも私生活の改善を行いましょう!
そして、毎日疲れた脚を癒してあげるケアを忘れないようにしてください。
むくみの蓄積は脂肪、そしてセルライトですからね!
引き締まった美脚を手に入れて、自分に自信を取り戻しましょう★


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ