肩甲骨ダイエット

写真 4[1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“姿勢”は体のスタイルバランスだけではなく、体型や見た目を大きく左右します。姿勢は日々の生活習慣の蓄積で形成されるため、目に見えた効果を出すためには少し気長に取り組み、時間をかけてじわじわと変えていく必要があります。

よく姿勢の話をするときに“骨盤”がキーワードになりますよね。骨盤ダイエットが少し前にブームとなり、骨盤のゆがみを直すことで普段使っていなかった筋肉を引き締めることで体全体が引き締まる、インナーマッスルが鍛えられた結果代謝が上がり減量につながるなど様々な効果効能が話題になりました。 長時間のデスクワークや窮屈で不自然な姿勢習慣の蓄積により骨盤がゆがみ、ゆがんだ骨盤をベースに脂肪が体につき流れの悪くなった場所はどんどんむくみ。。。と悪循環が起こっていました。そこで根本であるゆがんだ骨盤を直し、綺麗なスタイルをキープすることで痩せるというダイエットです。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


同じように今度は“肩甲骨”に注目が集まっています。肩甲骨というと天使の羽根部分にあたる骨ばかりをイメージしてしまいがちですが、肩甲骨ダイエットとは肩甲骨のまわりの筋肉を鍛えることです。

肩甲骨のまわりには首や肩を動かしている大小様々な筋肉があります。長時間のデスクワークなどで同じ姿勢を続けていたり、運動不足のままの生活を打破するべく小まめに肩甲骨を動かしてまわりの筋肉を少しでも働かせて鍛えましょう。大小様々な筋肉が動くことで上半身の血行促進や老廃物排出促進へとつながります。結果として体が引き締まる効果やむくみがなくなるなどの効果を期待することができます。

肩コリや、一説によるとバストアップにも効果がある肩甲骨のストレッチをご紹介します。  ・正面を向いたまま、首を左右順番に頭を肩につけるよう倒す 30秒そのままキープ   首筋の筋肉を伸ばすストレッチをすることにより首回り、肩まわりの筋肉をほぐしま     す。  ・両腕を真横に開き、そこから90度に天井にむけて曲げます。そのまま肩甲骨を意識したままで腕を上下に動かします10~20回動かすと良いでしょう。     ・(オフィスで座ったまま行う場合)骨盤を意識し、背骨をぴんとします。   そのまま腕を目の前にまっすぐ伸ばします。そのまま顔を覆うように腕を曲げ   肩甲骨が動くことを意識しながら上下に10~20回ほど動かします。

ほかにも肩甲骨を意識しながら腕をぐるぐるまわしたり、肩甲骨をぐっとよせるようにゆっくりと動かすなど様々なストレッチやエクササイズがありますので、自分の環境に合ったものを毎日習慣として取り入れてください。

日常生活においてなかなか意識されていない筋肉ですので1日5分を目安に肩甲骨まわりの筋肉を動かす習慣を付けるだけで大幅なダイエット効果が期待できるでしょう。どのエクササイズもしんどいものではありませんので気軽に試してみてくださいね。 首や肩まわりの大小様々な筋肉を鍛えることで血行促進にもつながります。姿勢や血行不良が原因の肩コリや頭痛にも効果が期待できます。

同じ姿勢を永く保つ仕事をされているのであれば、小まめに例えばトイレの度にストレッチを行うなどをして定期的に肩甲骨を動かしてあげると良いでしょう。

肩甲骨を鍛えることでバストアップの可能性があるという話をしましたが、バストのカタチやスタイルが綺麗な女性は実は肩甲骨も綺麗だと言われています。バストのカタチだけではなく首・肩・背中と周辺の筋肉バランスが綺麗だからこそバランスの良いバストが形成されるのでしょう。

肩甲骨を動かすことで首回りの筋肉が鍛えられます。例えば朝から肩甲骨ストレッチを行うことで、首回りの筋肉が刺激され血行が促進されます。脳に血液がたくさん流れますので、何時まで経ってもだるい朝をシャキッと目覚めさせる効果も期待できます。全身に血が巡ることで朝から活発的に活動もできますので有難いことこの上ありません。 明日の朝から是非試してみましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ