実年齢より見た目年齢が断然上回ってる!?30代からのメイク術

IMG_5723.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクにも、ファッションや髪型と同じように毎年のトレンドがあるのですが、チェックしていますか?

特に年齢を重ねると、自分に合っているメイクというのを見つけているので、あまりメイクの仕方を変えない人も多くなってきます。
でも、気がつけば流行遅れどころか老け顔メイクになっている危険性がありますよ…!
そこで今回は、30代からのイメチェン!メイク法をご紹介します。
これを読んでいるあなた、いつまでも今のメイクで大丈夫ですか…?



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


今のメイクの仕方を続けると?

  
例えば、年齢を重ねるとシワやたるみ、しみなどの肌悩みが増えてきますよね?

それは、体内の美容成分が徐々に減少し、活性酸素が増えてしまうことで肌が老化してきているサインなのです。
それをカバーするために、アンチエイジングをするんですよね。
エイジングケアとは、年齢肌に見合ったケアをすること。
そしてこれはメイクやファッションでも同じことで、年齢に見合ったものをチョイスしていかなくてはいけません。

もちろん、自分のことは自分が一番よくわかっているため、自分をよく見せる、言い換えれば可愛くするメイク術はすでに身につけていると思います。
でも、その型にはまってしまったまま何年も過ぎてしまうと、いつの間にか見た目に違和感を感じるようになるのです。

20代にしていたメイクと、30代の今おこなっているメイク…
化粧ノリはまったく変わらないですか?
化粧ヨレはありませんか?
ほとんどの人は、20代に比べて化粧のノリが悪くなったり、化粧崩れしやすくなっているんじゃないかと思います。
20代のメイクをそのまま引きずってしまうと、いつしか見た目年齢が実年齢を上回ってしまうこともあるんですよ!
30代になったころから、メイクのやり方を見直さなくてはならないのです。

メイクを見直さなくてはならないポイント

  
では、アイテム別・パーツ別でメイクを見直す方法をご紹介していきたいと思います。

メイク前のスキンケア

実は筆者、若いときは乳液などの保湿アイテムをまったくつけず、化粧水をつけてすぐにファンデーションを塗っていたという大胆な〝引き算〟をしていました…。
若いときはそれでなんとか通せましたが、もし今その方法でメイクをしていたら、バリバリのカサカサ肌になっていたことでしょう。
そう、年齢が進むと肌が乾燥しやすくなるんです。
なので、メイク前のスキンケアは入念に行わなくてはいけません。

スキンケアでしっかり保湿をしておかなければ、いくらメイク時の化粧のノリが良くても、時間が経つと乾燥が目立ってきたり皮脂でメイクがヨレてしまうことも。
特に、オイリー肌の人はメイクの前に収れん化粧水を使用して毛穴を引き締めると、皮脂による化粧崩れを防ぐことができます!

下地・ファンデーション

30代になると、糖化が原因で肌が黄色くくすんでしまうことが多いです。
ファンデーションを塗ったとき、なんか浮いて見えてしまう、首との色が違って見えるというのは明らかにファンデーションがあっていない証拠。
また、20代のファンデーションをひきずって肌が真っ白になってしまうと、逆に老けて見えてしまうので要注意!

そして気をつけたいのが、肌悩みをカバーする方法です。
シミやクマ、小じわが気になってくると、その部分にファンデーションを重ねてしまってつい厚化粧になってしまいます。
厚化粧になってしまうと、逆にシミやクマ、小じわが目立ってしまう原因になるのです。
ファンデーションでかさねるのではなく、コンシーラーを軽く指でタッピングする程度で止めておきましょう。

★肌トラブルを隠したいときは…
シミやシワなどの部分的にカバーしたいところは、ハイライトをふんわりのせると良いでしょう。
こうすることで光が反射し、隠したい部分が目立たなくなるんですよ!
さらに、リップやアイメイクで発色の濃いものを使用すると、そのアクセントでシミやシワなどに目がいかなくなる効果もありますよ!

最近ではナチュラルメイクが流行っていますが、BBクリームやCCクリームは仕上がりがナチュラルに仕上がるだけではなく、保湿効果も同時に得られるので便利です♬

チーク

頬骨にコロンっと丸いチーク、可愛らしいですよね♬
でも、その可愛らしさが似合うのも20代で終わってしまいます。
30代を過ぎても丸〜いチークのままだと…おてもやん!?と突っ込まれそう。
30代からは、チークで顔をシャープに見せる入れ方が適しています。
色は、ピンクの強いものを避け、やわらかいコーラル系がいいでしょう。
ブラシにチークを取り、手の甲で粉をいったん落とします。
そしてブラシを寝かせながら、頬骨の高い位置から外側に向かって優しくはかせます。
こうすることで、顔がシャープに見せることができ、小顔効果もあります。

アイメイク

  
年齢を重ねると、ちりめんジワという細かな小じわが目を中心にたくさん現れるようになります。

そうするとアイシャドウがのらなくなったり、化粧崩れでくすみが目立ってしまうんですよね。
ここで、ちりめんジワが目立ちにくいクリームタイプのアイシャドウがおすすめ。
また、ラメ(パール)の粒子が大きいアイシャドウは年齢を重ねると同時に一気に老け顔に近づいちゃう原因に。
アイシャドウを選ぶときは、光沢感がやわらかく、ラメの粒子が細かいものを選ぶと良いでしょう。

また、目を大きく見せる〝でか目メイク〟にも流行があります。
アイラインでしっかり目を囲うギャル風のメイクは今時ではありません。
慣れていれば粘膜にアイラインを引くとナチュラルなでか目を作ることができますが、それが難しい人はウォータープルーフのペンシルを目のキワにそってぼかすように入れると、ナチュラルなでか目を作ることができますよ。

リップ

これを読んでいるあなたは、リップライナーを使ったことはありますか?
〝リップライナーなんてなんか年配の人が使うものなんじゃ… 〟と思われがちですが、アイライナーは年齢関係なく使って損はありません!
年齢を重ねると、口周りの輪郭がぼやけてしまったり、逆に紫外線の影響などで色素沈着している場合があります。
ここで、リップカラーよりもやわらかい色のリップライナーを使うことで、リップカラーが長持ちするんです!
さらに、グロスを使った場合グロスが垂れ下がる(垂れ落ちる)のを防いでくれるので、仕上がりも持ちもぜんぜんいいんですよ★

日焼け止め

日焼け止めをサボりがちなら要注意!
紫外線は肌の老化を進めてしまう活性酸素を増やしてしまうだけではなく、肌の真皮にまで到達して、コラーゲンやエラスチンなどが減少してしまいます。
よって、シミの原因になるだけではなく、シワやたるみを引き起こす原因となってしまうのです。

肌が敏感になりやすい人は、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めを使用すると良いでしょう。
また、SPF値が高い日焼け止めは効果が長持ちしますが、テクスチャーが滑らかではないため化粧ノリがわるくなる原因にもなります。
SPF値の高さは、使用するシーンに合わせて使い分けるのがベストです。

まとめ

年相応のメイクに切り替えるにはなかなか踏ん切りがつかないものかもしれませんが、一つ一つ見直すだけでも結構です。
若作りのメイクは、決してその年代のメイクをそっくり真似することではありませんので、自分に合うメイクと流行のメイクをうまく取り入れてみてくださいね!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ