気になるニキビが目立たなくなる!ニキビ肌のためのメイク術とは?

IMG_5727.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな人でも必ずと言っていいほど1度は悩まされる肌トラブル・ニキビ。

ニキビができてしまうと化粧をしても目立ってしまったり、なかなか治らずにイライラしてしまったり、スキンケアやメイクでさらに悪化してしまうこともあります。
本当に厄介な存在ですよね…。
生理の前にできやすかったり、便秘やストレスが原因になったり、肌質でニキビができやすい人もいると思いますが、このニキビをメイクで目立たなくするためにはどんなことに気をつければよいのでしょうか?
ということで今回は、ニキビ肌のためのメイク術をご紹介していきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


完璧に隠せないからこそ普段のケアが重要に

  
こんなことを言うと心折れてしまうかもしれませんが、肌に凹凸ができている以上、どの角度から見てもわからない!というまでに完璧にニキビを隠すなんてできません。

いかに目立たなくするかが、ニキビ肌のメイクの目的になります。
だからこそ、余計普段のケアでニキビを目立たなくさせるために力を入れていただきたいのです。

例えば食生活。
甘いものや外食は極力控えて、糖質の摂りすぎに気をつけましょう。
また、ホウレンソウなどに含まれるビタミンBには、肌の健康をサポートする働きがあるので、肌荒れを予防したり皮脂の過剰排出を防いでくれます。
そして、十分な睡眠と休息も大切です。
不規則な生活、睡眠不足は肌荒れ・ニキビの原因となります。
また、かえってストレスが増えてしまい悪循環なので、規則正しい生活を心がけてくださいね。

そしてスキンケアでニキビを予防する方法。
一番は…〝保湿〟です!
ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や汗が酸化してしまい、それを餌にアクネ菌が増えてしまうことで起きてしまいます。
まずは、肌を清潔に保つこと。
さらに、保湿をすることで肌に必要な皮脂を残し、皮脂の過剰分泌を抑制させます。
保湿により肌のバリア機能が高まれば、外的ストレスから肌を守ってくれるので肌荒れやニキビなどの肌トラブルを抑えてくれるのです。
フェイスマスクやコットンなどで保湿力の高い化粧水のパックを行うと、肌の潤いが強化されます。
また、肌に水分がいきわたることでしっとりと、ふっくらした肌に仕上がります。
こうすると、凹んでいる部分も膨らむため凹凸が目立ちにくくなるんです。

また、ニキビによる色素沈着が悪化してしまうとニキビが余計目立ってしまいます。
なので、美白アイテムを使用し色素沈着にならないようしっかりケアをしましょう。

ニキビを目立たなくするメイク術

  
それではお待たせしました。

ニキビを目立たなくするメイク術についてご紹介していきます!

日焼け止め

先ほど説明したように、ニキビが色素沈着してしまうとなかなか治りにくいため、紫外線からニキビを守らなくてはいけません。
とはいえ、ニキビに直接日焼け止め塗るのってアリなのかな…と思いませんか?
そういうときは、敏感肌タイプと同じように〝紫外線吸収剤の不使用〟な日焼け止めや、無香料無着色、オイルフリーの日焼け止めを選ぶと良いでしょう。
もっとも、ニキビの有無にかかわらず紫外線対策は年中必要です!

下地・ベース

最近ではBBクリームなどの〝下地+ファンデーションの一体化〟なアイテムも増えているので便利ですよね!
ですが、ニキビ肌を目立たなくするためには、下地の時点でカラーコントロールをしていかなくてはなりません。
ファンデーションで肌色を整えるのと同じように、下地でニキビ肌を整えていきましょう。
これはニキビ別でそれぞれ異なってきます!

まずは赤いニキビができてしまっている肌の場合。
赤みを抑えるのは、グリーン系の下地がオススメです。
ニキビに限らず、赤ら顔の人にも有効的なんです。
赤みとグリーン系が周囲の肌と調和するため、気になる赤みが目立たなくなるという仕組み!

そしてニキビが悪化してしまったときの色素沈着。
色素沈着してしまった肌には、イエロー系の下地がオススメです。
イエロー系は褐色の色調が目立たなくなるので、色素が沈着した肌にぴったりなのです!

ファンデーション

ファンデーションにも種類はたくさんありますが、ニキビ肌の場合は油分を多く含んでいるファンデーションは避けてください。
クリームファンデーションはもちろんのこと、リキッドファンデーションもあまりおすすめできません。
最近ではメディカル処方(薬用化粧品)のファンデーションもたくさん流通しているので、調べてみると良いです。
そして、ニキビ肌専用の薬用ファンデーションはたいていパウダリーファンデーションです。
パウダリーファンデーションはカバー力に優れているだけでなく、テカリや皮脂を抑えサラサラな肌状態にしてくれるのでニキビ肌にはおすすめです。

また、気になる部分に直接コンシーラーを入れる人も多いと思いますが、この場合も薬用のコンシーラーを使えばニキビの悪化を防ぐことができます。
イオウ分などを含んでいる薬用コンシーラー、探してみてくださいね。

コンシーラー

まず、シミやニキビ、にきび跡の赤みにはイエロー系のコンシーラーを使うとしっかりカバーができます。
スティックタイプやチップなどいろんなタイプのコンシーラーがありますが、直塗りを避けて一旦手の甲に出してから少量ずつ塗るようにしましょう。
ニキビの部分に刺激を与えてはニキビが悪化してしまいますからね。
指でポンポンと軽く叩き込むようにしてコンシーラーを塗ると、ぼかし効果が出てきて仕上がりが綺麗に見えるんです♬

ですが、コンシーラーを使うことで気をつけなければならないこともあります。
それは、コンシーラーを全体に伸ばそうとせず、塗ったところを塗っていないところの境目をぼかすことです。
コンシーラーの色も、ニキビの色に対応されたカラーを重ねて使うことで、〝本当にニキビがあるの?〟と思わせるぐらいのナチュラルなカバーになるんですよ♬

フェイスパウダー

そして仕上げにフェイスパウダー(おしろい)を使用します。
フェイスパウダーの色ですが、使用しているファンデーションよりもワントーン落ち着いた色を使用します。
このフェイスパウダーを、コンシーラーで塗った周りにふわっと入れていきます。
こうすることで、コンシーラーを塗った周辺が目立たなくなり、ニキビを目立ちにくくしてくれるのです。
顔全体に使うわけではないので気をつけてくださいね!
(パウダリーファンデーションにパウダーをがっつり重ねてしまうと、粉っぽい顔になってしまいます…)

ポイントメイク

過去記事の〝毛穴を目立たなくするメイク術〟でも説明しましたが、気になる部分に目線がいかないようにするためには、その場所以外でアクセントをつける方法も効果的です。
リップカラーやアイメイクで、普段より少しだけ色味の強いものを使用するなどで目線をそちらに集中させるのです。
こうすることで、ニキビに目がいかないようにする視覚効果があるんですね。
くれぐれも、やりすぎない程度で…!

まとめ

ニキビがあるからといって、化粧ノリが悪い…気分がすぐれない…と落ち込まないでくださいね!いくらでも改善策はあるのです。

自宅に帰ってからすぐにでもクレンジングでメイクを洗い流しましょう。
汚れを一切残さないように洗いきり、その後すぐに保湿ケアをすることを忘れないようにしてくださいね!
ニキビのケア方法については過去記事でもご紹介していますので、ぜひ参考になさってください★


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ