エクササイズは移動時間に済ませちゃおう!通勤・通学でいつでもどこでもダイエット!

IMG_5814-0.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝の通勤ラッシュ…

恐ろしいほどの人の数に圧倒されつつ、つり革につかまって電車に揺られるとき。
目の前の座席にゆったりと座っているひとが羨ましく感じますよね!
そうでないときも、空いた座席を見つけたらラッキー♬と思ったり、そうかと思えば横のおばちゃんにグイグイ押されて座れなかったり…
電車の中、バスの中では座席をめぐる静かなバトルが繰り広げられています!
でもちょっとまって!
この座席をめぐるバトルにいちいちストレスを感じるのではなく、良い方向に思考を変えてみませんか…?
例えば、この移動中にエクササイズをして痩身を目指す、とか。
あるんです、効果的なダイエットが!
ということで今回は、移動中でこっそりできるエクササイズをご紹介します★
ダイエットしたいのに運動する時間が取れない人でも、毎日の移動中に簡単にエクササイズできるんですよ♬



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


公共機関で座席に座ったときにできるエクササイズ

  

  
電車やバスで運良く座席に座ることができました。

周りを見渡せば、スマホを操作している人、スポーツ新聞を広げている人…何かに集中している人は多いと思います。
でも、電車内でのスマホの操作や読書は筋肉が緊張状態になって肩がこってしまったり、無意識な座り方の癖でお腹が出っ張ったりすることがあるんです。
ここはひとつ、スマホをカバンにしまってダイエットに効果的なエクササイズをしましょう。

内もも(大腿部)のシェイプ

座席に座ったときは、太ももを鍛えるチャンスですよ♬
まず、座った状態で足先をクロス。
膝と膝で押し合うようにします。
こうすることで内ももが鍛えられ、内ももをうまく使って歩けるようになると、骨盤の歪みを矯正したりO脚の改善が期待できるんです!
このエクササイズは、電車やバスで行っても目立つものではないので安心ですね。
これを一定の時間キープし、左右交互に行いましょう。
内ももがしっかり硬くなっていると感じられたらオッケーです!

ふくらはぎの引き締め

ふくらはぎ、むくみやすい人も多いでしょう。
女性の場合は筋肉量が少ないので、全身に血液が行き渡らないまま老廃物がたまってしまい、心臓から遠い足はむくみやすくなってしまうんですよね。
このふくらはぎを鍛えることで筋肉量を増やします。
そうすることで、筋ポンプの働きを正常化することができるので、むくみが改善できるほか代謝のアップにもつながります。
これは、立っていても座っていてもできるエクササイズですが、かかとの上げ下げを行うだけの簡単なもの。
上げ下げで目立ってしまう…という場合は、かかとをあげたままキープして、疲れたらおろす。そしてまた上げる…を繰り返してみましょう。

腹筋を鍛える

座席の背もたれに体を委ねてしまえば、姿勢が悪くなり腹筋を使わなくなってしまうので、ぽっこりお腹の原因にもなります。
そこで、背もたれから体を離して、よい姿勢をキープするのです。
座席の3分の1にしか座らない〝ちょん掛け〟状態だと、姿勢を正しやすいです。
よい姿勢をキープしながら腹筋に力を入れます。
この時、お腹の中の筋肉を引き上げるようにすると安定しますよ!
お腹にしっかり力を入れて、さりげなく腹筋を鍛えましょう。
よい姿勢が難しい人は、腹筋が弱っている証拠ですから、移動時間のみならず自宅や職場で座るときに常に意識してやってみるとよいでしょう。
会議中でもいいかもしれませんね♬
(集中力もアップしそうですし)

公共機関で立った状態のまま行えるエクササイズ

   

運悪く座席には座れませんでした。

でも、立っているからこそ効率良くエクササイズが出来るんですよ!

バランスを鍛える

これは、あえてつり革に捕まらずに体のバランス力を養うエクササイズです。
バランス力を鍛えることで、コアマックスが鍛えられ脂肪が燃えやすい体質になるんですよ♬
このとき、つま先は肩幅ぐらいにしっかりと開き、身体に力を入れすぎないで膝や腰で身体を支えるようにキープしてみてください。
脚の筋肉に頼ってふんばるのではなく、お腹に力を入れて身体を支えるのがポイントです。
片足に重心がかかりやすくなるひとは、左右で脚の太さが変わることもあるので要注意です!
もちろん、電車が揺れたら事故防止のためにしっかりつり革に捕まるようにしましょう!
(揺れやすいバスの車内では不向きかも…いや、ハードでいいかも…?)

二の腕シェイプ

今度はつり革につかまって行うエクササイズです。
つり革をつかみ、腕をできるだけ後ろにひくだけです!本当に簡単♬
これは、普段使うことのない腕の筋肉を鍛えることで二の腕を引き締める効果があるエクササイズなんです。
夏も冬も関係なく、たっぷんたっぷんの二の腕を晒すなんて抵抗がありますよね…。
一番目立たず、かつ簡単なエクササイズなので今日にも取り入れられそう!
翌日筋肉痛になる場合がありますが、それは腕の筋肉を普段使っていない証拠です。
毎日つづけて、手で腕を一周つかめるほどのシェイプな二の腕を目指しましょう。

通勤・通学で有酸素運動

  

  
脂肪を効率よく燃焼させるためには、有酸素運動が必要不可欠なんです。

酸素を身体に取り込むことで、脂肪を燃焼させ、その結果できた物質をエネルギー源とします。
太りにくい体質にするためには、必ず取り入れるべき運動なのです。
普段運動をなかなかしないひと、運動に時間を取られないでも、通勤や通学の場面で有酸素運動は十分に行えるのですよ!

エレベーターを一切利用しない

これは電車に限ったことですが、ホームに向かうときにエスカレーターやエレベーターを使用することがあると思います。
でも、この移動手段に一切頼らずに、自分の脚で上り下りすることでかなりのカロリー消費につながるんです!
これを朝晩続けれいれば…望んでいるダイエット効果もちゃんと現れるかも!
このとき、つい足元に目線がいきそうになりますが、そうなると姿勢が悪い状態になりますから、背筋をしっかり伸ばしてよい姿勢をキープしながら上り下りしてくださいね♬
効率よくエクササイズができます。
また、普段動かすことの少ない太ももの筋肉〝大腿四頭筋〟を使うことになるので、基礎代謝が高まりますます〝燃える〟体づくりを目指せます!

ウォーキング

少しの距離なら、電車やバスに頼らずに自分の脚で目的地まで歩きましょう。
例えば、いつも乗るバス停や駅を〝一駅分〟歩いてみるなど。
ウォーキングも立派な有酸素運動ですから、十分な酸素を取り込むことで脂肪が燃焼しやすい身体になりますよ★
歩くときは、しっかりかかとから着地するようにして、できれば腕も振りましょう。
また、ウォーキングをするのにパンプスや革靴は適していませんよね。
なので、ここはウォーキングシューズを持参して筋肉の使用を高めましょう。
より効率的にエクササイズが可能ですよ!

まとめ

いかがでしたか?
運動する時間も場所もない…という悩みは、これで解消できたのではないかと思います。
座席に座れなくてイライラ…ではなく
、エクササイズできる時間を与えてもらったんだ!と発想を変えたら、退屈な移動時間もきっと実りある時間になること間違いなしです!

今回紹介したエクササイズは、周りに見られない程度に目立ちにくいので取り入れやすいのではないでしょうか。

特に、常日頃から美意識の高いひとはすでに行っていますよ〜!
通勤・通学がエクササイズの時間だと思って、今日・明日にでも早速実践してみてくださいね★
あなたのダイエットが、どうが成功しますように…!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ