ふくらはぎの悩み!クモの巣状静脈瘤のリスクと対処法

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢が進むと、身体に様々な変化を感じますよね!
若い頃は一晩寝れば疲れが取れていたのに、今では寝ても覚めても疲れが取れない。
肌のダメージを受けやすくなった。
イライラすることが多くなった。
人それぞれあると思いますが、なかでも妊娠・出産を経て体質が変化した女性も多いのではないでしょうか?
骨盤の開きや、産後太りは努力次第で改善が見込めますが、努力だけではどうしようもできない“見た目”の変化があります。
それが“クモの巣状静脈瘤”です。
足を出すのも躊躇ってしまう、このクモの巣状静脈瘤は妊娠・出産を経験した女性だけではなく、
仕事の環境や加齢で誰にでも起こりうる症状なのです。
そこで今回は、クモの巣状静脈瘤について詳しくご紹介します!



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


下股静脈瘤って?

Legs !
Legs ! / pfala

クモの巣状静脈瘤は、下股静脈瘤の一種です。
足にある静脈に血がたまってしまうことで血管が拡張し、ふくらはぎによく見られる静脈血管に異常が起きることを言います。
この異常により、血管が浮き出てしまったりこぶのような腫瘍ができてしまったり、クモの巣のように静脈血管が青く見える症状が現れます。
初期症状として、

  • 足がむくんでしまう
  • 足に軽い痛みを感じる
  • 足が重い

…などといった症状があります。
いつものむくみと違う感じがするのなら、下股静脈瘤の可能性があるので医師への診断を勧めます。

クモの巣状静脈瘤って?

下股静脈瘤のなかでも、クモの巣状静脈瘤は血管の病気で最も多いと言われる症状です。
血管が浮き出ることはありませんが、くるぶしや太ももの裏側に紫色の血管がクモの巣状に浮き出ているのが特徴です。
下股静脈瘤のなかでもまだ軽度の症状ではありますが、放置してしまうと徐々に進行してしまう恐れがあります。
このクモの巣状静脈瘤が原因で、むくみや痛みがさらに悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

クモの巣状静脈瘤の原因とは?

まず静脈瘤そのものの原因についてご紹介します。
人の身体は、心臓から拍出される血液が身体中の臓器へ供給されているのですが、
心臓から最も遠い下肢(足)には血液が下から上へ一方通行でながれるように“静脈弁”なる部位が存在します。
ところが、この弁が正常に働かないと血液は逆流してしまい、足の下に血液がどんどんたまってしまいます。
その結果、静脈が腫れて静脈瘤ができてしまうのです。

ふくらはぎやくるぶし、太ももの裏側などは極細の静脈が存在しており、その静脈が腫れて静脈瘤になってしまうとクモの巣状に浮き上がってしまうのです。
クモの巣状静脈瘤になりやすい人にはそれぞれ特徴があります。

クモの巣状静脈瘤になりやすい人って?

maternity indian
maternity indian / Philippe Put

クモの巣状静脈瘤になりやるきっかけは様々で、特に妊娠・出産を機にクモの巣状静脈瘤になる女性は多いと言われています。(かくいう筆者もこのパターンですが…)
また、デスクワークや立ち仕事が関係して発症することも多く、
状況的に足をあまり動かさない、運動不足の人がクモの巣状静脈瘤になりやすいと言われています。
年齢でいうと、妊娠・出産を経験する20〜30代の女性や、30代半ば以降の女性に多いのです。

私生活から、足がむくみやすい状態にあるにもかかわらずそのむくみを解消できなければ、
脂肪と成り代わり足が太くなってしまう…ここまでは知っている人も多いと思います。
でも、クモの巣状静脈瘤の発症リスクについてはあまり関心を持つ人が少ないため、後々になって「血管が透けて見える!」なんて驚いてしまうのです。

まず、足がむくんでいるかどうかをチェックしてみてください。
方法は簡単です。
骨が当たるスネの部分を、親指で5秒間ギュッと押し当てます。
指を離した瞬間にわずかに皮膚が凹むようであればそれはむくみの合図です。
足がむくんでいる状態が続けば、クモの巣状静脈瘤にかかる可能性が高まるので注意が必要なんです!

クモの巣状静脈瘤は治るの?

実はクモの巣状静脈瘤になっても、一度発症したものは完全に治すことができないのです。
しかも、放置してしまうと進行する恐れが…!
ですが、ひとまず安心してください。
先ほども説明した通り、静脈瘤の中でも軽度なものなのでいきなり歩けなくなったり死に関わるようなことはありません。
あなたが知らないだけで、実はクモの巣状静脈瘤に悩まされる女性はとても多いんですよ!
クモの巣状静脈瘤と診断されても、医師からはなにも処方されないというケースもあるほど。

とはいえ、あまりにも見た目がハッキリしていて、足を出せない…おしゃれをたのしめない…
という人のために、ちゃんと治療法が存在するんです。

クモの巣状静脈瘤の治療法

静脈瘤の治療については、圧迫療法・硬化療法・結紮(けっさつ)術・引き抜き手術(ストリッピング手術)などが存在しますが、なかでもクモの巣状静脈瘤の場合は「硬化療法」が一般的です。
硬化療法とは、硬化剤を使用し下肢静脈瘤を治療します。
まず注射器を用いて硬化剤を注入し、皮膚の上から圧迫します。
血管の内側を接着させて静脈を閉塞させます。
やがて完全に閉塞した静脈はだんだん小さくなり、最終的に組織に吸収されるのです。

また、最近では整形外科や美容外科によるレーザー治療も増えています。

クモの巣状静脈瘤を防ぐには?

IMG_5293.JPG
クモの巣状静脈瘤の悪化を防いだり、クモの巣状静脈瘤の発症自体を予防するためにはなにが必要なのでしょうか?
それは、“全身の血行を良くすること”!
では、全身の血行を良くするためにはなにが必要なのでしょうか?

運動を取り入れる

運動不足だと血液の循環が悪くなってしまいます。
また、立ち仕事やデスクワークなどで身体を固定させることが多い人は、
作業の途中で軽いストレッチを取り入れたりすると良いでしょう。
ですが、激しい運動やジョギングは控えてくださいね。

バランスの良い食生活

脂質や塩分の多い食生活を送ると、中性脂肪や悪玉コレステロールが増えてしまい血液はドロドロ状態に。
血液をサラサラにするためには、青魚やオメガ3系と言われる食品を取り入れることがオススメです。
栄養バランスがしっかりとれた食生活を送ってくださいね。

このほかに、物理的に静脈を圧迫させないための工夫が必要になります。

弾圧ストッキングの着用

弾圧ストッキングやソックスは、太ももから足首にかけて程よい圧力がかかるように作られています。
この弾圧アイテムを着用することで血行をキープすることができるのです。
市販されているものでも、医療用のものでもどちらでも構いませんが、ご自身の足に合ったアイテムを選んでくださいね。
むくみ予防にもなり便利なアイテムです!

ハイヒールや矯正下着の着用に注意する

ハイヒールを着用すると、ふくらはぎの筋肉がきちんと使われないがために血行が悪くなりがちです。
腰回りやヒップをスリムに見せるために、ガードルを着用する女性も多いと思いますが
またこうした矯正下着の着用は下半身の血行を妨げる原因になりかねません。
なので、極力着用を避けることをオススメします。

おわりに

実際にクモの巣状静脈瘤がある立場から言わせてもらうと、初めてクモの巣状静脈瘤を発見した時は「なんか足にヒビが入ったみたい!?」と感じました!左右対称でもありません。
思えば運動不足・立ち仕事・デスクワーク・妊娠出産…と全てに当てはまっていたのです。
運動不足がこんな形で身体に悪影響を及ぼすとは、予想外でした!
明日は我が身かも知れませんよ?
ほっそりした足を作るためにも、毎日のむくみケアはしっかり行ってくださいね。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ