一晩で3歳年をとる!?化粧を落とさずに寝たときのリスクと対処法

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これを読んでいるあなたは、家に帰ってから即ベッドに飛び込んでそのまま朝を迎えてしまった経験はありませんか?
仕事で忙しかったとき、飲み会が長引いた日など…帰ってから、化粧を落としてお風呂に入るのがすごく面倒に感じるコトがありますよね!
朝起きたときに“やってしまったな…”と後悔しながらも、なんだかんだで同じコトを繰り返してしまうという人もいるのではないでしょうか。
実は筆者も、過去に化粧を落とさずにそのまま寝てしまったという経験が何度も、何度も!ありました…。
化粧は必ず落とさなくちゃ!というのはわかっていても、実際に肌ダメージないし大丈夫でしょ!と余裕ぶっていたら…絶対に後悔しますよ!
その理由について説明していきますね。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


化粧を落とさずに寝てしまったら朝どうなる?

化粧を落とさずに寝た翌日は、確かに化粧ノリが悪く感じます。
顔全体がべたついているような、でも乾燥しているような…
そんな混合肌になっていることがあります。

それは、化粧を落とさずに寝てしまったことで肌に汚れた皮脂や汗が付着していることで顔がべたつき、
化粧を落とさずに寝てしまった=保湿ケアも全くできていない状態ということで顔が乾燥しているということなんですね。

でも、こんな言葉を聞いたことはありませんか?

「化粧を落とさずに寝るということは、顔に雑巾を乗せて寝ていると同じこと」
という言葉。
Medusa Mop. (If you look her in the eye, you’ll turn into a dirty floor).
Medusa Mop. (If you look her in the eye, you’ll turn into a dirty floor). / A is for Angie

最初聞いたときゾッとする言葉ですよね!
雑巾なんて人の顔に乗せるものではありませんから。
でも、それだけ肌にとって負担をかけているということなんです。
それでは、化粧を落とさずに寝てしまったら肌にどんなダメージを与えることになるのでしょうか?
詳しく見てみましょう。

顔ダニの発生原因に!?

タイトルなし
タイトルなし / FranUlloa

化粧を落とさずに寝てしまうと、肌には汚れた皮脂や汗が混ざり合ったままになっています。
ですがこれによってこの皮脂や汗を好む“”顔ダニ”が増殖してしまうのです。
この顔ダニ、別名ニキビダニとも呼ばれるものは、どんな健康状態の肌の人にも存在するダニなんです。
そう、私も、そしてこれを読んでいるあなたの肌にも生息しているダニです。
このダニが増殖し続けることによって、皮膚炎を起こしたりニキビを引き起こしてしまうのです。

…画像で見ると鳥肌が立ちそうですね。
では、この顔ダニについて少し説明しますね。
(食事中の方は要注意…!)
顔ダニは10〜14日で卵からかえります。
顔ダニは皮脂や汗を餌に生息し続けますが、顔ダニの死骸こそが肌にダメージを与えることになるのです。
これはどういうことかというと、顔ダニには肛門がないため排泄物を体内に溜め込んだまま死んでしまいます。
死んでしまうことで、毛穴に潜り込んだ顔ダニの死骸から排泄物が放出されてしまい毛穴を防いでしまうのです。
このことで、ニキビに似た症状が出てしまうのです。

先ほど、どれだけ健康状態が良くても存在する顔ダニと説明しましたが、生まれてすぐの新生児には存在しません。
ですが、大人の人が抱っこしたり頬ずりしたりすることで顔ダニは移ってしまうそうです…!
顔ダニは肉眼では見ることができませんが、97%以上の大人が持っているダニです。
この顔ダニを過剰に発生させないためには、常に肌を清潔な状態に保たなくてはなりません。
当然、化粧を落とさずに寝てしまうなんてもってのほか!
化粧を落とさないと顔ダニが増えてしまいますから用心してください。

一晩で3歳年をとる!?

sad
sad / TheAlieness GiselaGiardino²³

化粧を落とさないと顔に雑巾を載せて寝ているようなものー
という言葉の他に、一晩で3歳年をとってしまうと言われることがあります。
もちろん、物理的に3歳年をとるというわけではありませんが、老化を進行させてしまうきっかけになるのです。
これはどういうことかというと、肌の表面が汗や皮脂で汚れたままだと、肌の生まれ変わりを阻害してしまします。
肌の生まれ変わりが阻害されてしまうと、肌の表面に古い角質やメラニン物質が剥がれ落ちず残ってしまうのでくすみの原因になります。
さらに、活性酸素が発生してしまうことで肌の細胞がさび付いてしまい、肌の老化が進行してしまうのです。
特に、最近のファンデーションは油性の成分や顔料が多量に使われていますから、肌につけている間だけでも負担をかけてしまうもの。
若々しい肌をキープしたいのなら、これまた肌を清潔に保たなくてはならないのです。

化粧を落とさずに寝てしまったときの対処法

では、化粧を落とさずに寝てしまったときの対処法についてご紹介します。
“今回だけだからまぁいっか”ではなく、すぐにでも対処してくださいね!

老廃物を排出させる

Prague Bathroom: Ecological and Modern Architectural Deisgn
Prague Bathroom: Ecological and Modern Architectural Deisgn / athomenetwork

少し前にも説明しましたが、肌に残された古い角質やメラニン物質はくすみの原因になります。
くすんだ肌…見た目だけでも老けて見えますよね。
このくすみを解消するためには、老廃物を排出させる方法が一番なのです。
この老廃物をどのように排出させるのかというと…
それは“汗”です!
汗をかくためには、まず血行をよくしなくてはなりません。
血行を良くするためには、半身浴という方法もありますし、
顔に蒸しタオルを当てるという方法もあるでしょう。
血行が良くなる他、蒸気により毛穴が開いて汗とともに老廃物が流れ落ちていきます。
これは化粧を落とし忘れた時の緊急ケアだけではなく、普段のケアにも取り入れたいものですね♬
汗をかくということは、代謝がアップしている=ターンオーバーが促進されるということ。
ターンオーバーを正常化することで、肌ダメージをリセットするという考え方です。
十分に汗をかいた後は、クレンジングと洗顔でしっかり洗い流しましょう。
洗浄力の高いもの(ニキビ用など)も理想ですが、あまりにも洗浄力が高いと肌に必要な皮脂まで奪われてしまうので要注意です。

パックなどで保湿ケアを入念に行う

100_9256
100_9256 / Neeta Lind

冒頭でも触れましたが、化粧を落とさずに寝てしまうことによって肌が“インナードライ”状態になります。
表面はオイリーだけど、肌の内部は乾燥しているということ。
洗顔&保湿を怠っていることでなってしまうインナードライ肌、これには十分な保湿で対応する他ありません!
もちろん、普段の化粧水や乳液をたっぷり使う方法もアリですが、手っ取り早いのはパックの使用です。
美容液成分をたっぷり含んだパックを肌に乗せることによって、肌のバリア機能が一時的に低下し成分を肌の奥へどんどん送り込んでいきます。
もちろん、市販されているパックを使用しても構いませんし、今使っている化粧水でローションパックをしても構いません。
(ですが顔全体に行き渡るという意味ではやはり市販のパックがおすすめです)

これらは緊急ケアですが、もちろん翌日以降の化粧の落とし忘れには十分注意してくださいね!

おわりに

いかがでしたか?
ついうっかりでは済まされませんよね!
肌を清潔に保つだけではなく、食事で十分な栄養をとることで健康的な肌をキープすることができます。
清潔&健康を保ってこそ、真の美肌に近づけますよ♬
ぜひ、参考にしてくださいね!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ