脳ストレス軽減でみるみる痩せる!ダイエット脳の作り方・効果

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、ダイエットをしているのにも関わらず飲み会に参加した時や、
食べ放題でストレスを発散した時。
後々になって“食べるんじゃなかった…”なんて後悔した経験、ありませんか?
この後悔がさらにストレスになってしまい、ダイエットが続かなくなるという人が多いです。
ストレスはダイエットに大敵と言いますが、そのストレスをためないことで痩せやすくなるにはどうすれば良いのでしょうか?
実にそれは簡単!
“ダイエット脳”にすればよいのです!
脳をだますことで、これまで痩せにくかった体型もみるみる痩せていったという嬉しい効果があるとか。
そこで今回は、ダイエット脳の作り方やその効果、口コミについてご紹介します★



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


ダイエットはなぜ失敗する?

新型 体重計
新型 体重計 / HIRAOKA,Yasunobu

ダイエットって、なかなか続きませんよね?
気合を入れて、置き換えダイエットを始めてみたり、スクワットなどの筋トレやジョギングなどの有酸素運動を始めても…
思ったより効果が出なかった!
ということでダイエットを投げ出す人も多いはずです。
では、そもそもダイエットって何で失敗するのでしょうか?
それはズバリ!
やりすぎが原因だからです!
ダイエットといえば、厳しい食事制限やハードな運動をやりがちになりますよね。
ところが、厳しい食事制限やハードな運動という日常生活とかけ離れた方法は脳にとって大きなストレスになってしまうのです。
ハードなダイエットを行うと、脳の扁桃体からコルチゾールというストレスに対抗するホルモンが分泌されます。
これは代謝機能を低下させるホルモンで、人を太りやすい体にしてしまう厄介なもの。
これによりダイエットが長続きしない上に、リバウンドを起こしやすいのです。

脳はダイエットを許さない?

厳しい食事制限やハードな運動によるダイエットは、身体を騙せても脳は騙せないのです!
これはどういうことかというと…
過酷なダイエットをすればするほど、脳は“元の身体に戻さなくては!”とかんじてしまいます。
このことが、リバウンドをする力をつけることになってしまうんですね。
さらに、食事制限を行うと脳は“飢え”の危機を感じてしまいます。
これにより、より栄養を吸収したり満腹感を麻痺させてどんどん食べさせようとします。
そして、糖や脂肪をエネルギーに変える機能が低下し省エネモードに入ってしまうため、消費カロリーも減少してしまうのです。
食事制限をピタリとやめたら、急激にリバウンドしてしまうのも頷けますよね!

「よし!本格的に痩せよう!」と思っても、脳は“食事のガマンなんて出来っこないぞ〜”などと働きかけます。
脳は過去を真似たがりますから、あなたが生きてきた“過去の実績”をなぞることでこの先も生き延びようと働いてしまうのです。
それを逆にとってみるとどうでしょう?
例えば、あなたが過去の美しい自分が写った写真を手にしたとします。
「昔の自分はスタイルもよくていきいきしてたな…」
そう思うことができれば、脳は“過去の実績”をたどろうとするので痩せやすくなるんです。

あなたは、ダイエットを辛いもの、苦しいものと思っていませんか?
そう思っている人は、ダイエットに失敗してしまいますよ!
ダイエットを、ラクに楽しく行おうと思っている人ほど成功に近づけるんです!

ダイエット脳を作る方法

Brains!
Brains! / Hey Paul Studios

では、ダイエットをラクに楽しく行うためのダイエット脳の作り方についてご紹介します♬
ちょっとしたことを習慣づけるだけでも、減量はおろかリバウンドしない身体作りができるんですよ!

①ワクワクする目標を持つ

「痩せなきゃ…友達の結婚式までに痩せなきゃ…」
なんて自分を追い込み、痩せることを“義務感”と捉えてしまうのは良くありません。
プレッシャーがかかり脳に余計なストレスを与えかねませんから。
そこで、
「友達の結婚式までに痩せてモテたい♬」「いい出会いを求めて彼氏をゲットしたい♬」
という風に、ワクワクする目標を持つことでダイエットに成功しやすくなります。

②痩せることをあきらめない

「もう無理!ダメ!なにをしたって私は痩せないんだ!」
なんてダイエットをあきらめてしまう人はもったいない。
ダイエット脳にするためには、痩せることをあきらめないことが必要です!
すぐに結果を求めなくてもいいのです。
回り道してもいいので、痩せるまで続けると日々確認しましょう。

③すぐに結果を求めない

脳は変化を嫌います。
短期間で一気に痩せようとすると脳がダイエットの邪魔をしてしまいますよ!
ダイエットは、少しずつ。長く淡々と行うのが成功するコツなのです。
気持ち的には、ゆる〜く。頑張りすぎないようにしましょう。

④自分を責めない

「お菓子食べちゃったな…」「飲みすぎちゃったな…」
なんて自分を責める人が多いですが、このことによって脳は減量の可能性を全否定しがちになります。
お菓子食べてもいいじゃない!飲みすぎてもいいじゃない!
「あ〜美味しかった♡」とポジティブに考え、次の日からまた頑張れば良いのです★

⑤完璧を手放す

例えば、1ヶ月で5キロ落とすぞ〜!というような具体的な目標をたててしまうと、
もしそれが達成できなかったときに自分を追い込んでしまいます。
また、完璧を求めて休みなく毎日ダイエットを続けてしまうと、さすがの脳もヘロヘロになりますよ?
ダイエットするなら、完璧&完全を目指さないのが成功の秘訣と言えるでしょう★

⑥ダイエットチャンスを見つける

「ダイエットするにしても、毎日の通勤でクタクタだし…」
なんて、ダイエットをできない理由を追求するのはやめましょう。
それよりも「毎日の満員電車で立ったら、カロリーを消費するチャンス★」
という風に考え方を変えていけば、痩せる機会は無限に増えていきますよ。

⑦食べるときはおいしく!

食べることが大好きで太ってしまう人は、早食い&大食いの人。
ダイエットをするなら、たくさん食べてはいけません。
重要なのは、“質より量”なのです!
おいしいものを、ゆっくり食べることで満腹中枢が働くので、食べ過ぎの予防になります。
満足感も高まるので、一口一口味わって食べましょうね。

ダイエット脳の効果と口コミ

では、実際にダイエット脳の効果はどうなのでしょうか?
口コミを一部ご紹介します!

このように、ダイエット自体を楽しんでいる人が多いですね★
また、食欲抑制にも効果を発揮しています。
すぐにはダイエット脳になれないかもしれませんが、先ほど挙げた7つの習慣を身につけて少しずつダイエット脳にシフトしていきましょうね!

おわりに

このようなダイエット方法は“ARダイエット”とも呼ばれており、脳をだますことで痩せられると話題になっています!
なにもしなくても痩せられる、というわけではありませんが、
無理なく楽しくダイエットを行うことが成功への近道です!
ぜひ、参考にしてみてくださいね。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ