今すぐ出来る!口臭のセルフチェック法・予防法

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分ではなかなか気づくことができないのが、自分自身のニオイです。
なかでも、口臭に気を遣う人は多いのではないでしょうか?
筆者も、営業マンや接客業で口臭はとても気にしていました。
苦手なガムもたくさん噛みました!
それでも、自分って臭っているんじゃないか…と不安になるんですよね。
そこで今回は、口臭に冀がつけない理由や、自分でできる口臭チェックの方法、口臭の予防法までご紹介します★



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


なぜ自分の口臭の臭いって気付きにくいの?

 

Toothbrush Holder
Toothbrush Holder / Smabs Sputzer

「うわ!この人口臭がひどい…!」
という人がたまーにいませんか?
その口臭に、本人が気づいていないのが不思議なくらい。
でも、人は誰でも好きで口臭がひどいわけではありませんよね?
自分自身の口臭に気づいていないんです。
単純に、なぜ人は自分の口臭のニオイに気がつかないのでしょうか?

それは、一つのニオイをずっと嗅いでいることによって鼻が麻痺しているからなんです。
一つのニオイとは、自分のニオイのことですよね。
ずっと同じニオイを嗅いでいることで、そのニオイに鼻が慣れてしまって無臭としてしか感じなくなるんです。
たとえば、両手を口に当ててハァ〜って息を吹いても、ビニール袋にフゥ〜って息を吹いても、そのニオイを嗅ごうとしたときにたいていの場合無臭に感じると思います。
これも、自分のニオイに鼻が慣れて麻痺していることが理由。
はなにある嗅細胞が疲労して、嗅覚が鈍ってしまっているんです。

暖をとるフリをして口臭チェックした人…意外に多いのでは?

話に戻りましょう。

食べ物の味を感じる味覚、音を感じる聴覚などに比べて、嗅覚は順応反応が一番強く現れるので、口臭や体臭に気がつきにくいんです。

自分には口臭なんてないわ〜オホホなんて思っていても、実は気が付いていないだけかもしれませんよ?

 

口臭のセルフチェック法

image

 

では、実際に口臭を自分で確認する方法についていくつかご紹介します!

 

⑴手の甲や手のひらを舐めて、嗅ぐ

口臭の原因の一つに、口のなかの細菌の存在が挙げられます。

口のなかの細胞は、歯磨きで残った食べカスなどを食べて口臭物質を発生させるんです。

細菌が出した口臭物質は、口から出る以外にも口のなかで唾液に溶けています。

ということは、唾液で口臭を確認することが出来るというわけ。

そこで有効なのが、手の甲や手のひらを舐めてみて、そのニオイを後から嗅ぐことです。

これからいくつかご紹介する方法のうち、実はこの方法が最もニオイを体感出来るといっていいぐらいです!

覚悟をもって、やってみてください!
現実を直視しましょう!

⑵舌の色を確認する

ベェ〜って舌を出してみてください。
この舌がピンクだったら、口のなかが健康な証拠です。
ところが、舌の中央に白いのりのようなものがくっついている人は要注意!
この白いのりのようなものの正体は、ズバリ細菌のかたまり。
口臭の原因になっている、憎き細菌なんですよ!
舌が白っぽくなっている原因は食生活にあります。
食べ過ぎです!
食べ過ぎを防ぐと、次第に白っぽさもなくなっていきますが、直接的にケアできるのは舌ブラシですよ★

盲点だった!という人も多いのでは?

⑶フロスを使ってニオイを嗅ぐ

フロスとは、歯間用の糸です。いわゆる、糸ようじといわれるものです。
このフロスを、歯と歯の間に通してみてください。
そして、フロスについたプラークのニオイを嗅いでみましょう。
このとき、ニオイを感じたら口臭のサイン!
歯磨きが苦手な人が歯科にかかると、このフロスを渡されて帰るパターンが多いです。
私生活でフロスをきちんと使っている人よりも、フロスを使っていないひとのほうが口内環境悪い…なんて容易に想像できますよね?
フロスは口臭予防に欠かせないアイテムなんですよ〜。

すでに口内環境が健康な人でも、毎日の歯磨きにフロスを取り入れてみては?

 

口内環境を整えるために必要なこと

28/2011 Freshing up
28/2011 Freshing up / Marc Samsom

口臭を防ぐためには、口内環境を整えなくてはなりません。
なんと、口臭の9割は口内環境の悪化が原因とされているんです。
就寝前に歯磨きをしなかった人は、就寝前に歯磨きをした場合に比べ7倍以上もの細菌が検出されたという報告もあります。
寝起きの口が臭った経験ありませんか?
なぜ寝起きの口は臭ってしまうのか、それは口腔内の細菌が就寝時に最も増えるからです。
なので、口臭を防ぐためには就寝前と起床後にしっかり歯磨きをするに限ります!
もし可能なら毎食後の歯磨き、そしてフロスを使用しましょうね。
また、唾液をしっかりだすのも大切です。
飴をなめたりガムを噛むと、自ずと唾液が分泌されますよね。
キシリトールガムをチョイスすればそのキシリトール自体に唾液分泌を促す効果があるのでおすすめ。
味が長続きすると謳っているクロレッツは、ガムに歯ごたえもあるので唾液が出やすいと評判があります!

また、口臭をバラの香りにかえるサプリメントも人気です。
これはニオイをバラの香りでつつむため、口臭がひどい時こそバラの香りがするんですね。
口臭の根本的な解消法にはなりませんが、もしもの時のために持ち歩いても損はないでしょう。

とはいえ、口臭は内臓の異常を知らせるサインでもあります。
もし身体の異変を感じるようであればきちんとして医療機関で診察を受けるようにしてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?
口臭は口腔内や身体の異常を知らせるだけではなく、対人関係においても影響を及ぼすやっかいなもの。
まずは自身の口臭をチェック、知ることからはじめましょう。
一度ご紹介しましたが、食事は腹八分を心がけることで口臭を抑えることができます。
いつもの食生活に問題はなかったか、もう一度確認しておいてくださいね!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ