BBクリームとCCクリームの違い・使用方法

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、色の濃いメイクよりもすっぴんに近いナチュラルなメイクがトレンドですよね!
そこで重要なのがベースメイクです。
ベースメイクとは、下地→ファンデーションの行程を指しているのですが、厚塗りになってしまうと全体的に老けた印象になります。
ナチュラルなメイクを目指すなら、まずは基本のベースメイクを押さえるべき!
そこで今回は、ナチュラルメイクに欠かせないBBクリームとCCクリームについて、それぞれの違いや特徴、正しい使用方法をご紹介します!



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


BBクリームとCCクリームの違いについて

今更聞けない、 BBクリームとCCクリームの違い。
わかっていない人、意外に多いのでは?
筆者が数年前韓国に行った時、現地の販売員さんにやたらとCCクリームを勧められ初めてその存在を知ったのですが、日本に広まったのはそこからすこし経った後。
そこでBBクリームとCCクリームの違いについて説明したいのですが、
一言で言えば“カバーの仕方の違い”ということです。

“カバー力”を求めるならBBクリーム
“気になる部分を補正”したいならCCクリーム

では、双方の違いを特徴をあげながらご紹介していきます。

BBクリームとは?

“BB”とは「Blemish Balm」の略です。
Blemishとは日本語で“傷”“欠点”のことで、Balmとは“香油”という意味です。
これを直訳すると、“傷や欠点を補う香油”ということになるのですが、元はドイツの皮膚科がピーリングを受けた後の肌を保護するためのファンデーションとして開発したものと言われています。
肌を紫外線から守ったり、傷跡をカバーする効果があります。
BBクリームの最大の特徴は、“下地・コンシーラー・ファンデーション”が一つになっているという点。
(※商品によって違いがあります)
なかには、“日焼け止め”の効果までセットになっているBBクリームも発売されており、スキンケアとベースメイクの間に日焼け止めクリームを塗らなくてもUVケアができてしまうというものがあります。

使用感としては、リキッドファンデーションのようなものです。
これは、マットに仕上げるパウダーが入っていることで“塗っている感”があるから。
赤みやシミなどの顔表面の色ムラを、色でカバーする、といったところ。
なので、マットに仕上げたい、カバー力を求めるならBBクリームがおすすめなんです。

CCクリームとは?

“CC”とは「Care+Control」の略です。
肌補正をしながら、素肌を美しく見せてくれるスキンケアクリームで、高いスキンケア効果を発揮するのが特徴です。
BBクリームの人気を受け、化粧品会社が独自に開発を進めたもの。
本来は医療現場で使用されてきたBBクリームに比べ、CCクリームは初めから化粧品として開発されたものなんです。
肌をカバーして補修力のあるBBクリームよりも、“塗っている感”を抑えて自然な仕上がりに。
CCクリームもBBクリームと同様にスキンケアの後に使うベースメイクですが、上からパウダーで抑えないと落ちやすいので注意が必要です。
より自然に、素肌に近いメイクを目指している人にはぴったりのアイテムです。

BBクリーム・CCクリームの正しい使い方

image

では、BBクリームとCCクリームの正しい使い方をご紹介します!
それぞれのアイテムが持つ効果を最大限に発揮できる方法ですよ★

BBクリームの正しい使用方法

通常通り洗顔後に化粧水で肌を整えます。
化粧水を塗って1〜2分ほど時間をおきましょう。
すぐに次の行程に入るとベースメイクがムラになりやすいからです。
時間をおいて化粧水がしっかり乾いたことを確認したら、手に豆粒大ほどのBBクリームをとります。
そして、人差し指・中指の2本の指を使って内側から外側に向かってクリームをしっかり伸ばします。
しっとりした仕上がりを求めている人はここで終了ですが、サラッとした仕上がりにしたい人やカバー力を強化させたい人はフェースパウダー(おしろい)を使用します。
粉っぽくならないために、フェースパウダーを一旦手の甲で払ってから肌に乗せると◎。

CCクリームの正しい使用方法

CCクリームにはスキンケア効果があります。
なので、洗顔後の肌に直接にってもOKです!
乾燥が気になる人は通常通りスキンケアをしてくださいね。
まず、CCクリームを少量手に取り、顔全体に薄く均一に伸ばします。
この時も、内側から外側に向かって伸ばすイメージです。
最後にフェースパウダーを塗って仕上げます。
ですが、あまりにも自然すぎるのが嫌!という人やしっかりメイクがしたい!という人は、パウダリーファンデーションを薄く塗って仕上げると良いでしょう。

敏感肌の人はどちらを使用すればいいの?

BBクリーム、CCクリームの違いについてお分りいただけたでしょうか?
どちらも、肌を補正する、傷をカバーするという“肌に良い” 効果のあるベースメイクですが、敏感肌の人はどちらを使用すれば良いのかわかりませんよね?
敏感肌の人にとっては、肌に負担のかからないアイテムを使用したいに決まっています。
BBクリームは、本来医療現場で使われてきたものなのでこちらがいいのでは?
と思うかもしれませんが、実際肌に負担がかからないのはCCクリームです。
BBクリームは、色で肌を補正しますよね?
それに比べ、CCクリームは欠点をカムフラージュすることで肌を補正します。
このカラーが入っているかいないかで、肌への負担は大きく変わってきます。
メイクに入っているカラーは、合成のものがほとんどだと言われています。
そう考えると、カラーのは入っていないCCクリームのほうが肌への負担がかからないと言っていいでしょう。
もちろん、どの化粧品にも自分の肌に合う・合わないがありますから、購入前に販売店のテスターでパッチテストを行ったり、コスメカウンターのある販売店で美容部員さんに相談してみると良いでしょう。
実際にメイクをしてもらったり、サンプルをくれたりしますから。

評判のいいBBクリーム、CCクリームって?

実際にどのメーカーが評判が良いのでしょう?
“@cosme”で上位にランキングしているものですと、
『P.N.Y DIVISION SEマットキープBBクリームN』
image
(出典・http://www.cosme.net/

『CHANEL CCクリーム50』
image
(出典・http://www.cosme.net/
などが口コミで高評価でした!
一度、お試ししてみては?

おわりに

いかがでしたか?
BBクリーム、CCクリームはシーンによって使い分けて行くのも良いと思います。
それぞれの特徴やカバー力を加味した上で、自分にあったベースメイクを見つけてくださいね★


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ