食の安全と“機能性表示食品”について

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“トクホ”という言葉、誰でも耳にしたことはありますよね?
トクホとは、“特定保健用食品”の略で、健康を維持したり強化する効果がきちんと認められた食品。
最近では、体に悪い!というイメージのコーラにも特定保健用食品のものが出ましたよね!
昨今のヘルシーブームが加速し、私たち消費者は健康に役立つ食品を、自分の目で見て確かめる機会が増えています。
そんな中、2015年春より新しく誕生した“機能性表示食品制度”をご存知ですか?
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、食の安全や健康を維持するためにこれからしっかりチェックしておきたい食品なんです。
そこで今回は、機能性表示食品に関することや食の安全についてご紹介していきたいと思います。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


広告表記に厳しい食品メーカー

Supplements on supermarket shelf
Supplements on supermarket shelf / HealthGauge

筆者が以前健康食品メーカーに勤めていた際、広告表記に関して非常に厳しい規制がありました。
「⚫︎⚫︎に効果がある」「⚫︎⚫︎に効く」「これを飲めば⚫︎⚫︎が治る!」
…など、断定する表現は一切禁止していたのです。
これは医師が患者に病状を説明するのと同じで、断定して説明をすると後々の責任問題になりかねないからです。
たしかに、目にいいサプリメントやダイエットにいいサプリメントなど多数扱っており、口コミでも評価の高い商品は存在していましたが、あくまでも効果は“個人差”であり、全員が効果を実感できるとは限りませんよね。
なので、食品を扱う企業はこのような広告表記に非常に厳しくなっているんです。
筆者の場合、「⚫︎⚫︎に効果がある」ではなく「⚫︎⚫︎にアプローチします」「⚫︎⚫︎を飲んで健康的な毎日を」というように、いいように言い換えていました。

例えば、深夜の通販番組で「これを飲んでから痩せました!」というモニターのインタビューがあるとしますよね。
その横に、「効果には個人差があります」「食事管理と運動を併用した結果です」というような説明が小さく載っていたりします。
なのに、つい「これを飲むだけで痩せられる!」と思い込んでしまって商品を購入するケースも少なくはありません。
私たちは表示に踊らされることなく、自分の目で見て確かめて食品を選んでいかなくてはなりません。

機能性表示食品について

そんな中、特定保健用食品や栄養機能食品に次いで、新たに表記されるようになった制度が機能性表示食品。
これまで機能をはっきり表記して良かったのは、特定保健用食品と栄養機能食品だけでした。
今回の制度で、目や関節など具体的に悩みを抱える体の部位を示したり、疲労の軽減や睡眠の質の向上などに関わる機能の表示が出来るようになりました。
消費者からすれば、食の安全性や機能性がはっきり認識できるので、安心して食品を手にすることができるのです。
ではここで、特定保健用食品や栄養機能食品、機能性表示食品について特徴をご紹介します。

◆特定保健用食品

消費者庁が安全性や機能について個別に評価し、健康の維持や増進に役立つことが認められた食品。
国が機能性と安全性を審査・確認しているとだけあって、消費者がもっとも信頼できる食品だと言えます。
もちろん、機能性や安全性の責任を負うのも国です。

◆栄養機能食品

特定の栄養素を含んだ食品。
対象となる栄養成分は、ミネラル6種、ビタミン類13種類、n-3系脂肪酸。
決められた条件を満たしていれば届け出などの必要はなく、自由に販売ができます。

◆機能性表示食品 ←NEW!

メーカーの責任で機能性が表示された食品。
メーカーは国の定めた一定のルールに基づいて商品の安全性や機能性などの情報を整え、販売日の60日前までに消費者庁に届ける必要があります。
届けを出し、消費者庁が定めた要件を満たしていれば受理されます。
特定保健用食品とは違い、機能性や安全性の責任を負うのはメーカー側になります。

機能性表示食品のパッケージをよく見てみると、
「消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません」という注意書きがなされていることも。
たとえ、特定保健用食品と同じ成分が入っていたとしても、それを国が評価しているかどうかで区分ははっきりと分かれてしまうのです。

特定保健用食品と機能性表示食品の効果の違い

では、国が評価したという点を除いて、特定保健用食品と機能性表示食品にはどのような違いがあるのか説明します。
まず、機能性や安全性について。
特定保健用食品は機能性表示食品に比べて国が評価しているものであり、価格も割高です。
なら、特定保健用食品のほうが効果があるのではないか?
…なんて思われがちですが、一概にそうとは言い切れません。
特定保健用食品や機能性表示食品、栄養機能食品というのはあくまでも法律的に分けられているだけで、そのどれが優れた効果を得られるかというものではないからです。
国が評価したという信頼で選ぶなら特定保健用食品、価格で選ぶなら機能性表示食品です。
自分が選んだ食品がどちらにしても、それに表示されている摂取目安量や取り方をきちんと読まなければ、満足いく効果は得られないでしょう。
また、特定保健用食品も機能性表示食品も“薬”ではなくあくまでも“食品”。
サプリメントと同じです。
なので、即効性は期待せずに数ヶ月という長めのスパンでとり続けましょう。

機能性表示食品を選ぶ前に

Supermarket @ AEon
Supermarket @ AEon / benjamin.krause

機能性表示食品は健康維持を目的に作られた制度です。
なので、この制度以前に栄養バランスの良い食事を取れているか、健康的な生活習慣を送れているかが基本になります。
もしも普段の生活が不規則で機能性表示食品を選ぶなら、まずは不規則な生活を改善することが大切。
これもサプリメントとおなじ考えですね。
“栄養補助”“健康補助”というような考えで、上手に付き合っていきましょう。

機能性表示食品についてどうおもう?

現在(2015年夏)では機能性表示食品が70品弱とまだ少ない現状ですが、これからはどんどんリリースされていくでしょう。
ここで、一般消費者は今回の機能性表示食品についてどう思っているのでしょうか?

今回の制度に対し厳しい目で見る消費者もいますが、それも正解。
自分の目で確かめて、判断していかなくてはなりません。
機能性表示食品は、消費者庁や企業のホームページに機能表示の根拠となる科学的データを載せる決まりになっているので、しっかり確かめておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?
安全性や機能性に十分納得ができれば買えば良いでしょうし、納得できなければ買わない、と正しく選択できるようになれば、賢い買い物はできるでしょう。
今後のためにも、ぜひ参考にしてくださいね!


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ