生理と豆乳ダイエット

b0150562_1801786

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエットを開始するのは生理の後が良い」
それはダイエットを志す女子の皆さんならご存知のことと思います。

女性の体は排卵期を境に、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンの量が入れ変わります。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


生理と女性ホルモン

プロゲステロン「別名ブスホルモン…」

生理のサイクルを28日間としてプロゲステロンが活躍する時期は後半の14日間。体の中に、栄養や水分を溜め込もうとするホルモンで、生理前に急激に増え始めます。
多くの女性が最もバランスを崩し易く、不足しがちなホルモンです生理前に暴飲暴食してしまったり 便秘になったりむくむなぁ… というのがあるのはこのホルモンの影響です。

ついついイライラしてしまったり、感情が抑えられなかったり。生理前はそういう時期ありますよね。それも ホルモンバランスが関係しています。

エストロゲン「別名美人ホルモン」

女性特有の生理や妊娠が発生し促進されます。肌をつややかにし、髪の毛を豊かにし、張りのあるバストにするなど身体を女性らしくする以外に、血管や骨も強くなり、脳や自律神経の働きをよくするなど健康を保つ作用もあります。
生理後はヤセ期 といわれるのは 生理前には多かったプロゲステロンの量が生理後は減り、逆にエストロゲンの量が増えるからです。

豆乳ダイエットと生理の関係

ヤセ期に…一体何をすればいいの?

運動が一番いいのは判っているけど、キツイし続かない。お薬買うのは高い。できれば 簡単で楽ちんで続けやすいダイエット ないかなぁ~。

痩せ女子大国日本において、何歳になっても乙女な女子の永遠の悩み、「ダイエット」そんな女性達に教えたい、とても簡単で単純で効果のしっかり出るダイエット。

今回は 豆乳飲むだけダイエット のご紹介です。

「豆乳は体に良い」知ってはいてもなかなか飲み続けることはできないもの…

ところがどっこい、生理前の7日間毎朝豆乳を飲むだけで生理後、およそ10日間あるヤセ期の効果を高めることが判っています。

まず 知っておいていただきたい女性に嬉しい豆乳の効果ですが、豆乳には、イソフラボン、レシチン、サボニンという成分が含まれています。大豆イソフラボンという名前を聞いたことがある方も多いでしょう。美乳や育乳等でよく出てくる名前ですが

イソフラボンには前述した女性ホルモン、エストロゲンと同じような作用があり、骨粗しょう症や、更年期障害の予防に効果があるといわれています。レシチンは、自律神経失調症やノイローゼなどの症状を緩和する働きがあります。

また、体内の悪玉コレステロールを減少させ、高脂血症や肥満、動脈硬化症などを防ぎます。そして、皮膚の新陳代謝を促す働きもあります。サボニンは、抗酸化作用が高く、癌予防や動脈硬化、老化防止等に効果があるといわれています。

これだけでも 豆乳が女性の「美」に必要なものをたくさん与えてくれることはお判りいただけますよね。

栄養面でも現代人に足りない鉄分等は牛乳の10倍も! 含まれています。

雑誌「GINGER」7月号の特集に「自律神経ダイエット」が紹介されていますが

※自律神経ダイエット=自律神経を整えて便秘及び腸内の環境を整えるだけで 溜めない無理なく確実にヤセ体質になる! というもの。

豆乳は自律神経も整えてくれますので 自律神経ダイエットとリンクする部分もあります。

生活習慣が不安定で食事が不規則になりがちな方や 手軽に気軽に痩せたい! という方は是非トライしてみてください。

このダイエットに関しての注意点ですが日本はお豆をよく食べる国ですので 普段の生活の中でも味噌や醤油、豆腐等から 大豆の成分を体に取り入れています。

体にいいから、毎日豆乳を飲めばいい というわけでもなく…どの食物も「体にいいから!」 という理由での過剰摂取はよくありません。

この7日間豆乳ダイエットの重要はポイントは…生理前後のメリハリをちゃんとつけて豆乳を飲むことが大切と言われています。

ダイエット成功の秘訣は始める時期と体との付き合い方がとても大切。

ムリせず焦らず、美人力アップを目指しましょう♪

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ