健康に痩せる!!おからダイエット!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃若い女性を中心に密かに注目を集めている“おからダイエット”をご存知でしょうか。

おからは今まで廃棄される事が多かった食材ですが、実は栄養満点で健康的に痩せるために一役担ってくれることが分かりました。

ダイエットに効く正しい方法を解説します。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


おからは栄養満点!!

卯の花とも呼ばれるおから。最近こそス―パーなどの惣菜品売り場で見かけるようになりましたが、以前まではほとんどが廃棄処分されていました。おからは本来大豆のに含まれたタンパク質を豊富に含む豆乳を搾ったあとの残りカスです。その為品質の品質の劣化が早いので食材としての需要がなかったわけです。

 

しかしおからは栄養満点で、特にダイエットに効く栄養素が豊富に含まれている事が分かり若い女性を中心に注目を集めています。またおからは低カロリーという理由でダイエット食品として注目を集めているようですね。

 

更に嬉しいのは価格が安いので手に入れやすいという事。惣菜などに加工されていないものであれば豆腐店で無料で手に入れることも可能な食品です。お金をかけずにダイエットできるというのは非常にうれしいですね。

 

そんな優秀なおからには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。先ほども申しましたがおからの原料は大豆ですので、最も多く含まれているのがタンパク質です。しかもおからに含まれているタンパク質は良質なもの。また食物繊維も豊富に含まれているので、私たち人間の体が健康でいるために必要な栄養素が盛りだくさんです。

 

では次におからがなぜダイエットに効くのか、その理由について解説していきましょう。

 

おからがダイエットに効果的な理由とは…

聞きなれない名前かもしれませんが、おからにはレシチンという成分が含まれています。このレシチンという成分は脂肪の代謝を上げたり、コレステロール値を低下させるという働きがあります。

 

ダイエットにおいて脂肪を燃焼、代謝させることは非常に大切な事です。これが出来なければ太りやすい体質になってしまいます。またコレステロール値もダイエットにおいて決して無視できないもの。それを低下させコントロールしてくれるレシチンはダイエットにおいて非常に優秀な成分です。

 

またサポニンという成分も含まれているのですが、これは血液に付着した脂肪を輩出する働きがあり、更に腸に刺激を与えてくれるので便通を改善します。これらの作用もダイエットにおいて大切なものです。

 

さらに食物繊維も大事な働きをしています。おからの食物繊維は不溶性食物繊維と言って、お腹の中で膨張する特徴があります。その為少量を食べるだけで満腹感を得ることができ、さらに空腹感を抑制することが出来ます。また食物繊維特有の、脂肪の吸収を抑制、老廃物の排出などの作用もあるのでダイエットに高い効果が期待できます。

 

おからダイエットの正しい方法!!

おからがなぜダイエットに効果的なのかご理解頂けたと思いますので、ここからはおからを用いたダイエットの正しい方法をご紹介したいと思います。方法は至って簡単。何も難しい事はありませんので、今日からすぐにスタートできるでしょう。

 

私たちは毎回の食事でお米やパン、もしくは麺類を主食としていますが、おからダイエットを始める時はある程度その量を減らしましょう。ご飯を毎食お茶碗一杯食べている方でしたら、その半分程度に減らしてみてもいいかもしれませんね。

 

それだとお腹いっぱいにならない!そう思った方、安心して下さい。その減らした分をおからに代用するだけで、今まで通りの満腹感は得られるはずです。しかもおからはお腹いっぱい食べても低カロリーなので同じだけ満腹感を得たとしても摂取カロリーはご飯の時よりもはるかに減らすことができます。

 

摂取カロリーを減らそうと思うとどうしても極端な食事制限をしてしまいがちです。ですがそれでは長続きせず諦めたり、例え痩せたとしてもすぐにリバウンドしてしまうもの。ですが主食の半分程度をおからに代えるだけですので無理なく続けられるのがおからダイエットの特徴です。

 

毎食と言うのは無理だという方は3食のうちどれか1つだけ変えるということからはじめても良いかも知れません。出来るだけ無理なく行うのが重要なポイントです。

 

美味しく痩せるためのおからレシピ!!

おからダイエットを無理なく楽しみながら続けるためには、バリエーションを豊富に持っておくこも大切です。毎回毎回同じ形で食べていたら飽きがきて途中でやめたくなってしまうものです。出来るだけ豊富なバリエーションを持ておくために、ここではおからレシピの一例を紹介します。

 

・五目おから

材料:おから、にんじん 、鶏もも肉、 干ししいたけ、 ねぎ、 油揚げ 、ちくわ

行程①:鶏肉を細かく切って料理酒小さじ1をふります。にんじんはいちょう形に切るのが理想的。干ししいたけは水で戻し細切り。ねぎは1センチ幅程度に幅の輪切りにします。油揚げは食べやすいお好みの大きさにカット。ちくわは輪切りにしておきましょう。

行程②:サラダ油とごま油をそれぞれ大さじ1程度入れた鍋を熱します。そこに下ごしらえした食材を入れ、その後すぐにおからを入れます。カップ一杯の水、大さじ半分の砂糖、しょうゆ適量、小さじ半分の塩を加え10分程度加熱します。強火にはせず弱火で良くかき混ぜながら熱を入れていきます。

行程③:しっとりしてきたら完成です。器に盛り付けねぎを添えます。

 

・おからハンバーグ

材料:牛ひき肉 、おから、れんこん、玉ねぎ、たまご、だいこん、柚子胡椒、ポンズ、しょうゆ

行程①:皮をむいたレンコンをすりおろし水気を切ります。玉ねぎはみじん切りです。

行程②:熱したフライパンに小さじ1のバターをとかし、みじんぎりにした玉ねぎを入れます。玉ねぎが透き通ってきたらおからを加えて炒め、十分にいたまったら粗熱をとりましょう。

行程③:ボウルにひき肉を入れ粘りが出たらレンコン、炒めた玉ねぎとおからを混ぜてハンバーグの形を作ります。

行程④:熱したフライパンに③をのせ両面を良く焼いていきます。焼き色がついたら料理酒をふって弱火にし、ふたをして蒸し焼きにします。

行程⑤:お皿に盛り付け、大根おろしを添えてポン酢柚子胡椒ををかけて完成です。

 

おからダイエットの注意点

おからがダイエットに効果的とはいえ、どんな食べ方をしても良いという訳ではありません。というのもおからは油分を吸収しやすい特徴を持っているので、マヨネーズなどをくわえて調理をすると、低カロリーなおからが逆に高カロリーになってしまいます。出来ることなら油分がない調味料を使用して食べるようにしましょう。

 

またおからは非常に足が速く腐りやすいという特徴もあるので、長期保存は避けるようにしましょう。その日に食べる分だけを調理するなどし注意が必要です。またその日に食べるものでも時間が経つ場合はきちんと冷蔵保存しておくなどの手間が必要です。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ