ズボラでも成功するダイエットの鍵

6694c186222c3221b40fd00a82cc2596_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ダイエットを始めたときはやる気満々なのに、次第に面倒くさくなってしまう。

そんな経験は誰しもがあるでしょう。それで挫折してしまえばダイエットは失敗してしまいます。

しかしズボラな方でも成功する鍵を知れば理想的な体型を手に入れることが出来ます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


ダイエットは気持ちの問題!

女性であれば大半の方がダイエットに挑んだことがあるでしょう。その中で本当にダイエットに成功した方はどのくらいいらっしゃるでしょう。恐らくはほとんどの方が目標に向けて頑張るものの、途中で面倒くさくなって挫折していると思います。もちろんきちんと管理して成功を成し遂げた方もいるとは思いますが…。

 

ダイエットを始めたばかりの時は「そし!やったるぞ!」と誰しもがやる気満々です。色々なダイエット方法を調べて必要なものを購入し一生懸命取り組むものです。しかし段々とそのやる気がなくなってくのは人間として当然の事。それが過度なダイエットなら尚更です。

 

今日は疲れているから明日にしよう。昨日やったから今日は大丈夫。ちょっとだけなら食べても平気。人間の意志とは弱いものですのでダイエットを続けていくうちに気持ちが折れて挫折する事は良くあることです。でもそんな弱い意志のままでは決して理想的な体型を手に入れることは出来ません。

 

ダイエットが続かないと多くの方はそのダイエット法が悪かったんだと認識します。しかしそれは大間違いです。もちろん効果が期待できない間違った方法をしていれば当然痩せませんが、それよりももっと大事な事に気が付かなければいけません。それが先ほどから言っている気持ちです。

 

ダイエットは気持ちの問題! そういうと「そんな精神論だけでは痩せられない」と思う方も多いでしょう。しかし今まで失敗したダイエットを思い返してみてください。果たして調べたダイエット法をしっかりこなしていたでしょうか。恐らく100%こなしてきたのに痩せなかったという人がほとんどではないでしょうか。だとすると精神論とは言いつつもダイエットは気持ちの問題だという事になりますよね。

 

それならばやる気が起きる、継続する仕組みを知れば自然とダイエットは成功するのではないでしょうか。

 

やる気を継続させる

ダイエットが成功しないのは途中で挫折してしまうからに他なりません。挫折するのはやる気がなくなるからに他なりません。だとしたらやる気を継続させることが最も肝心です。

 

ダイエットを始める時はほとんどの方が目標を設定します。もちろんその時はやる気満々なのでとてもハードルの高い目標を掲げていると思います。甘いものは絶対に食べない…。炭水化物は絶対に抜く…。毎日10キロ走る…。毎日腹筋100回…。などなど。

 

高い目標を掲げることは素晴らしい事です。何の目標もなくただダラダラを行うよりも、その目標に向けて頑張ったほうが遣り甲斐がありますからね。

 

しかしあまりにも高い目標を設定することでストレスになることも考えられます。最初はダイエットしたいという気持ちだったのにも関わらず、段々と「しなければいけない」という義務になってしまいます。これはダイエットを成功させるためにはあまり良い事ではありません。

 

義務を課したほうが人間はやる気が出る。そう思っている方も多いと思いますが、一概にそうとは言い切れません。考えてみてください。疲れ切っているのに仕事に行くのが楽しくてワクワクするという方はあまりいませんよね。しかしどれだけ疲れていても週末に大好きなゴルフに出かける、ショッピングには出掛けるものですよね。要するに義務化されたものには抵抗を感じ、やりたいという気持ちが湧くものはどんなことがあっても出来るものなんです。

 

ですので目標を設定する場合にも「やらなけばいけない」という義務感にさいなまれないようにしなければいけません。

 

ではその為にはどうしたらいいのか。それはやる気そのものをしっかりと理解することが大切です。

 

やる気と一言でいっても実は2種類に分けられることをご存知だったでしょうか。ひとつは「テンション」で、もうひとつが「モチベーション」です。テンションはいわゆる短期的なやる気ですので、一回高まっていてもちょっとしたことですぐに下がってしまうもの。ですのでダイエットを始めたばかりのテンションで目標設定してしまうと、段々とその目標が義務化されているように感じで辛くなってしまいます。

 

いっぽうでモチベーションは瞬間的に上げることはなかなか出来ませんが、一回高めてしまえば安定的に継続させることが出来るやる気です。よってダイエットの目標設定をする際はその時の感情、いわゆるテンションだけで設定するのではなく、一旦気持ちを静めてモチベーションを確認してから設定するべきと言えるでしょう。

 

その為には「ダイエットが面倒くさくなる自分」を一回想像してみましょう。疲れている時、忙しい時でも必ず実行できることを目標とした方が結果として長続きし、ダイエット成功へとつながります。

 

「毎日腹筋100回」と目標を設定しようというテンションだったら、一旦深呼吸し100回を30回に減らしてみましょう。すると毎日しっかり実行できるようになりますし、調子の良い時に50回こなしたら自分を褒めてあげることが出来ますよね。

 

同じ腹筋50回でも、目標が100回だったら「半分しかやらなかった」となりますが、30回が目標なら「20回も多くできた」となります。この違いわかりますか。やる気を継続させるためにはこれがとても大切です。まずは小さいと思う目標でも継続すれば成功です。逆に高い目標を掲げたほうが偉い気がしますが、挫折すれば元も子もありません。

 

小さな成功体験が重なると人間はやる気が継続します。小さな目標に対しての成功を何回も繰り返し、少しずつレベルアップさせる。これが出来ればダイエットも自然と継続させることができ、成功を成し遂げることが出来ます。

 
まずは「現実的な行動目標」を設定するようにしましょう。どんなに負荷の軽いものでも、きちんと続けられた自分にOKをあげられることでダイエットに対して「自己肯定感」を持つことができます。この自己肯定感こそが、ダイエットを継続するうえで大切な「やる気の源」となるのです。

 

期限を設定する

ダイエットを成功に導くためには、テンションで高い目標設定をするのではなく、小さな目標を一個一個クリアしていきモチベーションを高めていくことが肝心。それはご理解いただけたと思います。

 

ですが更に成功へと近づけるためには、その目標に期限を設定するということも大切です。

 

例えば「3か月後までに5キロ痩せる」と期限を設定した目標を掲げるとしましょう。ですが実際には3か月後に3キロ痩せていなかった。そうなると多くの方が失敗したと思いがちです。しかしダイエットの本来の目的は少しでも理想の体型を手に入れること。

 

ですので3キロしか痩せなかったとしても目標にした3か月間諦めずに頑張れたという事は事実ですよね。まずはそれを自分でほめましょう。5キロ痩せることは出来なかったけど、3か月前よりは確実に理想の体型に近づいているわけですから、これは失敗ではなく成功です。

 

むしろ3か月で3キロ痩せられるという事が分かったので、あと3か月で更に3キロ痩せようと新たな目標が生まれます。結果的に当初の目標だった5キロよりも多く痩せていることになりますよね。であればこのダイエットは成功どころではなく大成功です。

 

こういう意識づけをすることで、やる気がなくなり挫折することはなくなっていきます。すると自然にダイエットが成功へと導かれます。目標の内容だけに意識を向けるのではなく、期限に重きを置くことで大きな成果が出るのではないでしょうか。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ