つけすぎはNG!!化粧水の基本を習得しよう!!

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

美しい肌を手に入れるためには乾燥対策が欠かせません。

これは今や常識になっているので多くの方が化粧水を使用しケアをしていることでしょう。

しかし化粧水を正しく使用するための基本を理解している方は意外に少ないもの。つけすぎは時に肌を傷めることも…



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


正しい化粧水の使用方法がスキンケアの基本

理想的な美しい肌を手に入れるためには乾燥対策は必要不可欠です。その為多くの女性が化粧水を使用しスキンケアに励んでいると思います。むしろ化粧水を使用していない女性を探す方が困難かもしれませんね。化粧水というのはそれほどスキンケアに欠かせないアイテムと言っても過言ではないでしょう。

 

特に敏感肌の方には必需品ですよね。肌の環境を整え細胞を育てて行くために必要な成分も含まれていますので毎日の化粧水の使用は欠かせません。

 

そんなスキンケアの強い味方である化粧水ですが、使用法を誤ってしまうと健康的な肌細胞を作り美しくすることはおろか、逆に健康な肌の育成を邪魔し肌トラブルを招く恐れもあります。またかえって肌を汚くしてしまう事さえありますので注意が必要です。

 

肌を美しきしたいと思うがあまり化粧水をつけすぎてしまったりすることはNGです。普段は特に意識せずに使用している化粧水でも、しっかりと正しい使用方法を身に着けることが肝心です。もしかしたら自己流の化粧水のつけ方がかえって肌を傷めつけている原因になっているかもしれません。これを機に正しい使用方法を学んで理想的な肌を手に入れてみましょう。

 

誤った化粧水の使用方法

何度も言うように美しい肌を手に入れるためには化粧水を使用することはとても大切です。ですが恐らくほとんどの女性が「化粧水をつければいい」と思っているはずです。もちろん洗顔後すぐに化粧水をつける、パッティングをするといったことを意識している方は多いと思いますが、実はそれが返って肌を傷めている可能性もあります。

 

それでは正しい使用方法を学ぶ前に、誤った使用方法を紹介していきましょう。普段あなたがしている使用方法は大丈夫でしょうか??

 

誤った化粧水の使用方法① 過度なパッティング

化粧水を肌に浸透させるためにパッティングを行っている方は少なくないはず。もちろんパッティングをすることで浸透を促進させるのは間違ってはいません。しかしながらパッティングは顔を叩く行為ですので過度に行うと肌を傷つける危険性も潜んでいます。それだけでなくかえって水分を外に逃がしてしまう可能性も秘めています。

私たちの顔の肌は想像以上に敏感なもの。毛細血管も広がって赤らんでしまう事もあるので、過度なパッティングは控えるようにすることが肝心です。

 

誤った化粧水の使用方法② 強くこすり付ける

パッティングと同様に、化粧水を肌の隅々まで浸透させようとして強くこすり付けている方も多いと思います。しかしこれも逆効果。むしろ肌を危険にさらすこともあるので今すぐに辞めましょう。化粧水はこすったからといって肌に浸透するわけではありません。

まさに怖い自己流のひとつですね。肌に摩擦を与えたら傷がつくのは当然の事。肌トラブルの大きな原因になりますので見直してみましょう。

 

誤った化粧水の使用方法③ つけすぎ

肌に充分に潤いを与えようとするあまり、化粧水を大量に付けている方も少なくないはずです。その気持ちはよくわかります。少量よりも大量につけた方が長時間潤いを保つことが出来るような気がしますからね。しかしこれもNGです。

肌というのは余分な水分を逃がす働きがあります。その際に必要な水分も一緒に蒸発させてしまう恐れがありますので、化粧水を大量につけたのにかえって乾燥肌になる恐れも。過ぎたるは猶及ばざるが如し!という言葉があるように物には限度があります。適量を守り使用することが肝心ですね。

 

正しい化粧水の使用方法

あなたの化粧水の使用方法は大丈夫だったでしょうか。恐らくですがほとんどの方がNGのどれかひとつに当てハマっていたのではないでしょうか。過度なパティング、こすり過ぎ、つけすぎには十分に注意して使用していきましょう。

ではここからは化粧水の正しい使用方法について解説していきます。と言っても難しい事はないひとつなく、至って簡単なものなので今日から是非実践してみてください。

 

正しい使用量を理解しよう!

誤った使用方法でも紹介したとおり、潤いを与えようとするあまり大量につけすぎてしまう方は要注意です。かえって乾燥を招きかねませんので正しい使用量を理解することが肝心です。では実際にどれだけの化粧水をつければいいのか。それは各製品によってもまちまちですが、約1/2~1/3が適量だと言われています。まずはお使いの製品の裏面を見て適量を把握することが大切ですね。

 

手で優しくおさえる!

化粧水をつける時に決してしてはいけないこと、それは過度なパッティングや強くこすり付けることです。中にはゴワついたコットンなどで化粧水を顔にこすり付けている方も多いのではないでしょうか。しかしこれは逆効果ですので今すぐにやめましょう。

化粧水をつける時には適量を手の平に摂り、顔全体を手で覆うようにつけていきます。その際に力を入れずに10秒から15秒、浸透させるイメージをしながら行う事が大切です。これを大体2回~3回繰り返せば十分に水分が浸透していきます。細かい部分は指の腹などでおさえると効果的です。この時大事なのは力を入れないこと、決してこすらないこと、おさえるイメージを忘れないことです。

 

止めるタイミングも肝心!

十分な水分を浸透させるために、いつまでも化粧水をつけ続けている方も多いですよね。実際どのタイミングで止めるべきなのか理解している方は少ないと思います。しかし長々と顔を触っているのも刺激になってしまい宜しいものではありません。

化粧水が充分に浸透したサインは触ったときにモチモチとした触感がすることや、手を放す時に吸い付くような感覚があった時です。それ以上やっても逆効果になりかねませんので、止めるタイミングもしっかり見極めていきたいものです。

 

つける前のふき取りも肝心!

化粧水は洗顔後につけるものです。まさか化粧水を付けた後に洗顔をするという方はいないと思いますが、洗顔後から化粧水をつけるまでの間にも気を配りましょう。特にすすぎの後のふき取りは肝心です。すすぎが終わったら刺激の少ないタオルで優しく水分を拭っていきましょう。

この時にこすったりせず、タオルで顔を優しく覆うような感じで水分を吸い取らせるイメージで拭くことが肝心です。ゴシゴシと拭きとらないように気を付けましょう。またふき取った後は間髪入れずに化粧水で保湿ケアをしていきましょう。

 

普段何気なく使っている化粧水が、使い方によっては肌の大敵になる可能性があります。皆さんの使用方法はいかがだったでしょうか。正しい方法を身に着けて化粧水の効果を最大限に生かし美しい肌を手に入れるように心掛けていきたいものですね。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ