寒い冬に最適!!おでんで美味しくダイエット!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると鍋物が食べたくなりますね。その中でもおでんが大好きという方も多いのではないでしょうか。

自宅で簡単に調理できますし一人暮らしの方でもコンビニで気軽に購入できるのも嬉しい点です。

そんなおでんがダイエットにも効果があるのをご存知ですか?



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


おでんがダイエットに効果がある!?

厳しい残暑から解放され気候も涼しくなり過ごしやすい季節になりましたね。秋になると美味しい食材も増し、ついつい食欲が増してしまうものです。ともすると体型にも子を配らなくてはいけません。欲望に負けて暴飲暴食に走ってしまうと必ずや公開することになってしまいます。

 

それに冬になればクリスマスや忘年会といった楽しいイベントも多くなりますので、美味しいものを口にしたりお酒を飲む機会も増えてくることでしょう。楽しい食事をするのは良い事ですが、やはり食べ過ぎや飲み過ぎには注意しなければなりませんね。

 

そんな時にオススメなのがおでんダイエットです。冬になると体が温まる鍋物を食べたくなるもの。そんな中でもおでんが大好きという方も多いのではないでしょうか。自宅ても簡単に作れますし、近頃ではコンビニに行けば食べたい時にいつでも購入できるので非常にありがたい料理です。そんなおでんがダイエットに効果があるという事をご存知だったでしょうか。

 

巷では数多くのダイエット法が提唱されていますが、そのほとんどが食事制限をするものばかり。しかしおでんダイエットの場合は特に制限をすることなく、美味しく続けられるダイエット法として密かに注目を浴びています。我慢することが少なければ長続きし結果も出やすいですからね。実際に有名なモデルさん達もおでんを食べて理想的なスタイルをキープしているそうですよ。

 

ではなぜおでんがダイエットに効果があるのか…。

 

その理由は様々なのですが、一番の理由はカロリーが低い食材を豊富に使用しているという事です。おでんダネの代表的存在である大根やこんにゃくに至ってはカロリーゼロの食材ですので食べ過ぎてしまっても決して太ることはありません。それに水分量の多い食材も多いので少量でも満腹感を得られるというのも嬉しい点ですね。

 

さらに言うとおでんを食べると体が温まります。ダイエットにおいて体を冷やすのは大敵です。体温が下がると代謝も比例して低下してしまうので脂肪がつきやすい体になってしまいます。おでんを食べて体を温め、脂肪を燃焼しやすい体質へと変えていくことも可能です。

 

またダイエット中はどうしても栄養が偏りがちになってしまいます。おでんに使用されている具材には豊富な栄養素を含んでいる食材が数多く使われていますので、足りない栄養を補う事もできるのでダイエット中にはもってこいの料理だと言えるでしょう。

 

おでんダネの様々な効果!!

ここからは代表的なおでんダネの各々の効果を見ていきましょう。ただひたすらに食べるのと、何を食べたらどんな効果があるのかを理解しながら食べるのでは結果に大きな差が生じます。あなたの好きなおでんダネにどんな効果があるのかをしっかり理解しておきましょう。

 

・昆布

おでんには必ずと言っていいほど入っている昆布には食物繊維が豊富に含まれています。という事は腸内環境を整え便通を良くし、ポッコリお腹を解消してくれることに役立ちます。またダイエット中に不足しがちなミネラルなどもきちんと摂取することが出来ます。

昆布というのは噛みごたえがある食材なので、自然と噛む回数が増えて満腹中枢を刺激し、少量でも満足できるのもメリットです。さらにむくみを防止、解消してくれるカリウムも海藻の中で最も多く含まれているので女性にとっては嬉しい食材だと言えるでしょう。

 

・大根

おでんを食べる時に大根を食べないという方は少ないと思います。それほど大根はおでんにとって欠かせない食材でもありますね。そんな大根もダイエットに効果的な食材のひとつです。大根は昆布同様に食物繊維を豊富に含んでいますし、水分をたくさん含んでいるので少量でも満腹感を得られます。

また消化を促進させるアミラーゼという成分が整腸作用を発揮し、出っ張ったお腹を解消するのに役立ちます。おでんダネの中でも特にダイエットに効果的な食材のひとつです。

 

・たまご

子供も大人も大好きなおでんダネがたまごです。味が良く浸みこんでいて色が濃くなっているたまごは本当に美味しいですよね。ですがたまごはただ美味しいだけではなく、きちんとダイエットにも効果をもたらしてくれます。

ダイエットを成功させるためにはタンパク質を摂取することが欠かせません。タンパク質を摂取しないと筋肉量が減り、代謝が低下してしまいます。たまごには筋肉の材料となるタンパク質、しかも良質なタンパク質が豊富なのでダイエット中には欠かせない食材と言えますね。あまりたくさん食べるのは良くないですが、おでんを食べる時は1個でもいいので食べるのがおすすめです。

 

・こんにゃく、しらたき

おでんに付きものの食材であるこんにゃくやしらたきは、ご存知の通りカロリーゼロの食材です。ですのでついつい食べ過ぎてしまったとしても簡単に太ってしまうという事はありません。他の具材に比べて味がしみ込みずらいのであまり好まない方も多いとは思いますが、からしなどでアクセントをつけて食べてみることをオススメします。

こんにゃくやしらたきには腸の中をお掃除する働きをする成分が含まれているので是非ひとつは食べるようにしましょう。

 

おでんダイエットの成功の秘訣!!

おでんがどんな理由でダイエットに効果があるのか、ご理解頂けたと思います。しかしただ単におでんを食べればいいという訳ではないので注意が必要です。もちろん他の料理よりは簡単いダイエットできる料理ではあるのですが、出来ることなら更に効果を高めるように食べていきたいものです。ここからはおでんダイエットの成功の秘訣について解説していきます。

 

・低カロリーの食材から食べる!!

おでんダイエットの秘訣としてまず挙げられるのは食べる順番です。ただ単に好きなものから食べるのではなく、低カロリーの具材から高カロリーの具材へという順番で食べていくことも大切です。

最初は大根や昆布、こんにゃくといったカロリーゼロの具材を食べましょう。するとカロリーを摂取していないのにある程度満腹感を得ることが出来ます。その後たまごなどを食べれば大量に食べることもなくなりますのでトータルの摂取カロリーはかなりおさえることが出来るでしょう。

 

・何個食べても良いの!?

おでんがダイエットに効果がある。どれだけ食べても摂取カロリーが少ない。このように言うとついつい食べ過ぎてしまう方が少なくありません。しかしいくらダイエットに効果があるとはいえ食べ過ぎは太る素ですので何個食べても良いという訳ではありません。

これはあくまでも理想ではありますが、具材は3個から4個程度に抑えることが大切です。もちろんご自身の体型などによってもさまざまですが、このくらいでも十分に満腹感は得られると思いますよ。

 

・スープは飲み過ぎない!!

おでんのおつゆは美味しいのでついつい飲み過ぎてしまいます。コンビニでおでんを購入した時に「おつゆ多めにして下さい」と言ってしまう方も多いのではないでしょうか。しかしこれはあまりオススメできません。

おでんの種はカロリーが少なめですが、おつゆには塩分が含まれています。飲み過ぎていまうとダイエットはおろか、逆に太る原因になってしまう可能性もありますので注意が必要ですね。

 

・油分の多い具材は控える!!

おでん種の中で、もち巾着やウインナーなどが大好きな方も多いでしょう。もちろん食べてはいけないという訳ではありませんが、ダイエットを目的としておでんを食べる場合は控えることをオススメします。ご自身で調理してしっかり油抜きしている場合であれば問題ないですが、やはり油分が多い具材はダイエットには不向きです。

 

・サラダやおにぎりをお供に…!!

おでんダイエットをはじめようとすると、おでんオンリーの食事で済ませようとする方も少なくありません。その方が摂取カロリーが少ないのでみるみる痩せるのは間違いありませんが、これだけでは必要な栄養が不足してしまうので、出来ることならサラダやおにぎりを共に食べるようにしましょう。カロリーが少ないというのはエネルギー不足にも陥りがちです。またある程度の炭水化物を摂取しないと人間の体は健康を保つことが出来なくなります。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ