諦めないで!多汗症の対処法!

bfeb119090f14e564e4c17b45ece265e_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

暑いわけでもない、特に運動をしたわけでもないのに多量の汗をかいてしまう。

そんな方は多汗症の疑いがあります。多汗症と言うと恥ずかしいものというイメージがありますが誤解してはいけません。

しっかりとした対処法があるので詳しく解説していきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


多汗症と汗っかきは違う!!

私たち人間が汗をかくのは気温が暑い時や運動をしたとき、また入浴をしたときなどがほとんどです。しかし中には暑さを感じていないのに、特に運動をしたわけでもないのに多量の汗をかいてしまうという人も少なくありません。

 

こういう人のほとんどは「自分は汗っかきな体質なんだ」と思っているようですが、決してそうとは言い切れません。もしかすると多汗症を患っている場合かもしれません。

 

汗っかきも多汗症も大量の汗をかくという事には変わりありませんが、そもそもは全く違ったもので、汗っかきは体質ですが多汗症は立派な病気の一種です。ですので「自分は汗っかきなんだ」と油断しているとその後危険を招く恐れがあるので甘く見てはいけません。

 

汗っかきの場合にはダイエットをしたり体質を改善すればよいのですが、多汗症の場合にはしっかりとした対処、そして治療をすることが大切です。でなければ汗による日常のトラブルや精神的疾患を招く恐れがありますので、しっかりケアをしていくことをオススメします。

 

では汗っかきと多汗症の違いをどのように見極めていけばいいのでしょう。その違いは原因に隠されています。多汗症の原因を知ることで自分は汗っかきなのか、それとも多汗症という病気を患っているのかを判別することが出来ます。

 

多汗症の原因とは!?

多汗症を患ってしまう原因はひとつとは限りません。様々な要因が重なることで発症することもありますので、しっかりと理解しておくことが改善への近道と言えるでしょう。ここでは多汗症の原因について詳しく解説していきます。

 

・緊張、ストレス、不安が原因

多汗症とは交感神経が異常をきたすことによって発症します。交感神経の働きが異常になるとエクリン線という場所から過剰に汗が発生します。その大きな原因として考えられるのは精神的なものが代表的なものです。

多汗症は別名「発汗恐怖症」とも呼ばれており、それほど緊張やストレス、不安などが大きく影響していると言われています。緊張やストレス、不安などを感じると交感神経が優位になるので敏感な方は過剰な汗を発生させてしまいます。

しかしながら精神的な不安を感じることでなぜ交感神経が敏感になるのかは解明されていませんし、交感神経が敏感な方の全てが多汗症を発症するとは限りませんので勘違いしないようにしましょう。

 

・何らかの疾患が原因

多汗症になる方の中には、何らかの他の疾患が原因で汗を多量にかいてしまうという人も少なくありません。特に甲状腺の病気や代謝異常、循環器系の疾患を患っている方は多汗症を併発しやすいと言われています。

このような方の多くは手や足だけに汗をかくというものではなく、全身に多量の汗をかくという性質があります。もちろん疾患を持っている方全てが多汗症になるわけではなく、その疑いがあるという事なので気にし過ぎも良くありません。自分は多汗症なのかと考え過ぎることで精神的不安を招き、更に症状が悪化するということも考えられます。

 

・ホルモンバランスの乱れが原因

ホルモンバランスの乱れも多汗症の原因になる恐れがあります。ホルモンの分泌は脳が発信する信号によって左右されるのですが、その時に交感神経も同時にコントロールされていますので、ホルモンバランスが乱れると交感神経も併せて異常をきたしますので多汗症になる恐れがあります。

男性はあまりホルモンバランスの乱れが生じませんが、女性は月経の時期や妊娠が影響し乱れる事があるので、この時期には注意が必要です。

 

・遺伝による原因

確実に解明されているわけではありませんが、遺伝によって多汗症になるということも否定は出来ません。緊張しやすい性格や不安を抱きやすい性格というのは遺伝によって受け継がれることも考えられるので、それが原因で多量の汗をかいてしまうという事も考えられます。

もちろん緊張しやすい性格の人が全員多汗症になるという訳ではありませんので、あまり過度な心配をしないようにしなければいけません。

 

・生活習慣の乱れが原因

前述したとおり、多汗症は体質ではなく立派な病気の一種ですので、他の病気と同様に生活習慣の乱れも大きく影響しています。肥満の方は汗をかきやすいものです。これは単なる汗っかきの場合がほとんどですが、中には肥満が原因で多汗症になる場合も考えられます。

また喫煙や飲酒、食生活の乱れによっても交感神経を過剰に刺激してしまい多汗症になる恐れもあるので日常の生活習慣にも気を配る必要があると言えるでしょう。

 

多汗症には種類がある!!

一言で多汗症といっても汗をかく場所、汗のかき方というのはひとつではありません。あまり広くは知られていませんが、多汗症には様々な種類があるので代表的なものを紹介しておきます。

 

・全身性多汗症

全身性多汗症というのは読んで字のごとく、体全体に多量の汗をかいてしまう症状の事です。全身性多汗症は多汗症の中でも特に悩んでいる方が多いのではないでしょうか。ちょっとしたことで全身が汗びっしょりになってしまうので、周囲の目も気にしてしまいます。

 

・掌蹠多汗症

掌蹠多汗症は最も発症している人が多いとも言われています。これは手のひらと足の裏に多量の汗をかくというケースです。この場合は精神的に緊張していたり不安を感じていたりすることが主な原因だと考えられます。

掌蹠多汗症を発症すると大事な書類を濡らしてしまったり、電気製品による事故などを招きかねないので危険が多く存在します。

 

・頭部多汗症

緊張や不安といった感情を強く感じると、頭に多量の汗をかいてしまうというのが頭部多汗症です。緊張すると額に汗をかきハンカチで一生懸命拭っている方を良くみますが、そのような方は頭部多汗症の疑いがあります。とても目立つ部分ですので悩んでいる方が多いケースだと言えるでしょう。

 

多汗症の対処法!!

多汗症は汗っかきと違い病気であるというとショックを受けてしまう方が多いと思いますが、諦める必要はありません。多汗症にはしっかりとした治療法や対処法がありますので誰でも改善させることが可能です。

 

症状が酷くて悩んでいる方は、一度クリニックを受診してみることをオススメします。そこでは原因によって、金属イオン治療、交感神経ブロック、皮膚の手術、イオンによる治療など、様々な治療法が用意されています。専門のドクターに相談してみるのも一つの策と言えるでしょう。

 

しかし多汗症は精神的な要因が大きい病気だとされているので、まずは日々の習慣を見直してみるのも立派な対処法です。特に緊張しやすい性格の方や不安を抱きやすい方は、まずそれを改善することで多汗症の対処法にもつながります。

 

中には人前に出て汗をかいてしまうのではないかという心配をして、更に多量の汗をかいてしまうという方も多いようなので、あまり人目を気にしないようにすることも大切です。汗をかくという事は決して恥ずかしい事ではありません。周囲からバカにされているんじゃないかと思うのはあまり宜しくありません。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ