食べるほど痩せる!?マイナスカロリーダイエットの秘密!!

d7835f39877d920bd8ddb9d52e963b9f_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ダイエット中には食事制限をしなければいけないと思いがちです。

なぜなら食べたら太るというのが常識になっているからなのですが、実はこの世の中には食べれば食べるほど痩せる食材があるんです。

それを活かしたのがマイナスカロリーダイエットです。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


食べれば太るは嘘だった!?

食べれば太る!! これは昔も今も変わらない常識として認識されています。もちろん食べ過ぎてはしまえば太るのは当然なのですが、そもそも私たちの体は食事で作られていますので、全く食べないでいるという事は不可能です。それに食べれば太るというのが真実だとしたら、痩せている人は全く食べていないという事になってしまいます。

 

実は食べれば太るという言葉は嘘に近い表現で、本来は食べ過ぎたら太るという言い方が正しいような気がしてなりません。それに驚くことに最近では食べれば食べるほど痩せる食材というのが注目を集めていますので、食べたら太るというのは誤った言葉だという事を物語っていますね。

 

そもそも人間はなぜ太ってしまうのでしょうか。理由は簡単です。

 

私たち人間の体はものを食べただけで太るわけではありません。基礎代謝や運動などで消費するカロリーよりも、食事によって摂取したカロリーの方が上回ると太っていきます。ですので太らないために食事制限をしたり激しい運動をしてダイエットをする方がいるという訳です。

 

しかし食事制限も運動も、毎日続けるのは大変つらいものです。出来ることなら苦労せずに簡単に痩せたいものですよね。「でもそんな楽な方法はない」と思う方も多いはずです。ですが先ほどの太るメカニズムを上手に利用すれば、我慢することなくいとも簡単に痩せることだって可能なんです。

 

簡単に痩せるためには、要するに消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくすればいいわけです。それが出来れば好きなものを食べることを我慢する必要はありませんので、食べば太るという言葉が嘘だったという事に気が付くでしょう。

 

食べて痩せるマイナスカロリーダイエット!

にわかに信じがたい話ではありますが、この世の中には食べれば食べるほど痩せる食材があるのをご存知でしょうか。そんな訳ない!!そう思う方、最後までよく聞いてくださいね。

 

私たち人間は食事をすることでもカロリーを消費しています。という事は食べる時に消費するカロリーよりも低カロリーな食材であれば太らないという事です。むしろ食べれば食べるほど消費カロリーが増えていくので痩せていくとも考えられます。

 

これを上手に利用したのがマイナスカロリーダイエットです。これは先ほど申し上げた通り、食材自体に含まれているカロリーよりも、そのものを食べる時に必要なカロリーの数値が大きい物を食べるというメカニズムです。

 

しかもマイナスカロリーダイエットが出来る食材というのは意外にも多いものなんです。普段何気なく口にしている食材が、消費カロリーよりも少ないカロリーの食材だったなんてことは良くあることです。まずはどんな食材がマイナスカロリーダイエットに適しているのか理解を深めていきましょう。

 

どんな食材を食べればいいの!?

ダイエット食品と言うと高額なお金を出して購入しなければいけないというイメージがありますが、実際は決してそうとは言い切れません。身の回りを見渡してみると、意外にもダイエットに効果的な食材があることに気が付くでしょう。

 

特に今回注目しているマイナスカロリーダイエットに適した食材というのは、普段何気なく食べている食材の中にもたくさんありますので、気軽に始められるダイエット法のひとつと言えるでしょう。

 

それではどんな食材がマイナスカロリーダイエットに適しているのか、特に代表的なものを紹介していきたいと思います。

 

・りんご

ダイエット食として昔から注目されているりんご。実はしっかりとした理由があり注目されていたんです。りんごはそれ自体に含まれるカロリーよりも、食べて消化するために必要な消費カロリーの方が高い食材なんです。ですので食べれば食べるほど痩せていきます。

さらにりんごは整腸効果を促す成分が豊富に含まれていますので、代謝を上げ脂肪を燃焼させる効果や、便通を改善しポッコリお腹を解消するというダイエットにおいて嬉しい効果が期待できます。

一昔前に“りんごダイエット”なるものが爆発的に流行しましたが、以上のようなことが理由で注目されていたんですね。

 

・わかめや昆布

決して料理の主役にはなりませんが、脇役として頻繁に食卓に登場するわかめや昆布といった海藻もマイナスカロリーダイエットに適している食材のひとつです。海藻類はカロリーが低いうえに消化するために必要な消費カロリーが高いので、りんご同様食べれば食べるほど痩せていくという性質があります。

また良質な食物繊維が豊富に含まれていますので腸内環境を改善したり、太る原因とも言われる糖質の吸収を和らげる作用がありますので、更にダイエットに効果的だと言えるでしょう。

 

・唐辛子

そのまま食べるという方は少ないと思いますが、唐辛子もマイナスカロリーダイエットに適している食材です。カロリーが低くて消費カロリーが高いのはもちろんですが、唐辛子に含まれているカプサイシンという成分が更に脂肪燃焼を促進してくれます。

唐辛子は調味料として使用する場合が多いですが、運動をする1時間前に摂取することで代謝を上げ脂肪を更に燃焼してくれると言われています。

 

・セロリ

好き嫌いの好みが大きく分かれるとは思いますが、セロリは極めて優れたマイナスカロリーダイエット食材です。一般的なセロリは1本で5キロカロリーなんですが、それを食べて消化するために必要なカロリーはなんと50キロカロリーと、摂取カロリーの10倍にもなるんです。

さらにセロリはご存知の通り食物繊維が豊富ですので、便通を改善、ポッコリお腹を解消してくれるのにも役立ちます。

ここまで優れたセロリの効果を最大限に生かすためには、やはり調理をせずに生で食べることが一番です。調理する場合でも加熱時間を出来るだけ短縮することが大切です。

 

・メンマ

ラーメンのトッピングやおつまみとして食べられているメンマも優れたマイナスカロリーダイエット食材です。メンマはタケノコを蒸して作られていますので、摂取カロリーが低く消費カロリーが高いのはもちろん、歯ごたえがあるので噛む回数が自然と増えます。すると満腹中枢を刺激してくれるので少量の食事でも満腹感を得られ、空腹感を防ぐことに繋がります。

またその他の食材と同様に食物繊維が豊富なのでお腹の環境を整え、ウエストを凹ますことにも役立っています。

 

・その他

上に記した食材はマイナスカロリーダイエットに適している食材のほんの一部です。私たちの周りにはマイナスカロリーダイエットに適している食材がその他にも山ほど存在しています。

アスパラガス、ブロッコリー、キャベツ、ニンジン、キュウリ、ニンニク、レタス、タマネギ、大根、ホウレンソウ、カブなどの野菜類。グレープフルーツ、メロン、レモン、ライム、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、パイナップル、イチゴ、トマト、みかん、スイカなどの果物も食べれば食べるほど痩せる食材と言っていでしょう。

 

注意点…!!

食べれば食べるほど痩せる食材があり、マイナスカロリーダイエットという簡単なダイエット法があると言うと、その食材だけを食べ続け他の食事をしなくなってしまう方をよく見かけます。しかし私たちの体は様々な栄養素をバランスよく摂取しないと健康を保つことが出来ません。

 

ひとつの食材だけを食べ続け痩せたとしても、それは決して美しいものではなく、ゲッソリとしてしまい不健康な印象を周囲に与えてしまいます。食事を単体の食材に置き換えることは絶対にやめましょう。

 

マイナスカロリーダイエットに適している食材を上手に組み合わせながら献立を決め、バランスの良い栄養を摂取しながらダイエットに励むことを心掛けましょう。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ