年末年始は要注意!太らないお酒の飲み方をマスターしよう!

6eee8be6308c930127c572b0ef172b61_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの女性が励んでいるダイエット。しかしダイエット中だからと言っても飲み会のお誘いがあれば参加したいしですよね。

特に年末年始は甘い誘惑が盛りだくさんです。

美味しいお酒を我慢せず飲むためにも、太らないお酒の飲み方をマスターしておきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


ダイエット中…でも飲み会には行きたい!

今の自分よりほんの少しでもキレイになるために、多くの女性がダイエットに励んでいることでしょう。もちろんその効果は人それぞれだと思いますが、1年を通してダイエットを続けている方も少なくないですよね。女性が美しくなると言うのは素晴らしい事です。そして美しくなりたいと思い、実際に行動を起すことも立派だと思います。

 

誰しも太っている人よりも痩せていてスタイルが良い女性の方が好きですし、見ていても気分が良いものです。それに太りすぎていると日常生活に支障をきたすような病気を招く恐れもあるので、美味しいものが溢れかえっている現代、健康的に暮らしていくためにはダイエットは欠かせないものと言っていいでしょう。

 

しかしどれだけ頑張ってダイエットをしていても、思わぬところから邪魔が入ることって良くありますよね。例えば会社の飲み会です。毎日食べたいものを我慢しているのに、飲み会に誘われてしまえば高カロリーなものを口にしてしまいがちですし、太るからという事で控えていたお酒も飲まざるを得ないことだってあります。

 

もちろん固い意志をもって誘いを断ればいいだけの話なのですが、上司からの誘いや会社全体での飲み会ともなれば、むやみに断ることも難しいと思います。また仕方なく参加したとしても、テーブルに並べられた美味しそうな料理が目に入ると、食欲のスイッチが入ってしまいドカ食いしてしまう場合もあるでしょう。もしくはお酒は乾杯の一杯だけと心に決めていても、一口飲んでしまったら止まらなくなったという事で、ついつい暴飲暴食に走ってしまうというケースも考えられますよね。

 

年末年始に差し掛かるこの時期、忘年会や新年会といった会合がたくさんあり、普段よりもお酒を飲む機会が急増します。今から甘い誘惑に負けてしまいそうだと心配している方も少なくないのではないでしょうか。

 

そんな方に是非ともオススメしたいのは、太らないお酒の飲み方をマスターするという事です。「そんなものあるかい!!」とお叱りを受けてしまいそうですが、何も考えずにお酒を飲んでいるよりも、出来るだけ太りにくい飲み方を身に着けていれば、取り返しがつかないほど太ってしまうという最悪の事態は避けることが出来ます。

 

実際に年末年始になりお酒を飲む機会が増える前に、太らないお酒の飲み方を身に着けてみてはいかがでしょうか。

 

太りにくいお酒はあるの??

そもそも太らないお酒の飲み方というものが存在するのでしょうか。もしかしたらこの表現は間違っているかもしれません。飲み方を変えれば太らないという事ではなく、太りにくいお酒を選んで飲みましょう!という事です。

 

という事は飲むお酒の種類によって太るか太らないかが決まるという事ですよね。だとしたら太らないお酒の飲み方をマスターするのは意外に簡単でしょう。何しろお酒選びを間違わなければ良いわけですから。

 

ではどんなお酒が太りにくいお酒なのかと申しますと、それは蒸留酒です。お酒に詳しくない方は聞いたことがない名前かもしれませんが、意外にも蒸留酒は私たちの周りに溢れかえっています。

 

蒸留酒の中で最も日本人が飲んでいるのは焼酎です。それとウイスキーやウォッカなども日本人に馴染み深い蒸留酒の一種ですね。あまり広くは知られていませんが、蒸留酒というのは実はカロリーゼロのお酒なんです。もちろんカロリーがあるもので割って飲んでしまえば元も子もないのですが、そのままを単体で飲めば摂取カロリーはゼロなので太ることはありません。

 

ですがお酒に強くない女性の場合は、焼酎やウイスキー、そしてウォッカなどをストレートやロックで飲むというのは中々出来ることではありませんよね。無理してしまえば急性アルコール中毒にもなり兼ねませんので宜しくありません。ですがノンカロリーであるミネラルウォーターや炭酸で割れば飲みやすいですし、ご自身の好みの濃さに合わせて割ることが出来るので最適かと思います。

 

ですがだからといって飲み過ぎには注意しましょう。お酒は年齢や体質、食事の量や日頃の運動量などによってままちまちですが、やはり1日1杯~2杯程度に収めるのがベストでしょう。

 

ダイエット中に一番よくないのはカクテルです。カクテルは基本的に甘いリキュールを何かで割っているものです。もしくはノンカロリーの蒸留酒でも甘いジュースなどを混ぜ合わせて作ります。その為蒸留酒そのものを飲んだ時の何倍ものカロリーを摂取してしまう事になりますので太る素になってしまうといえるでしょう。特に女性は甘いお酒が大好きです。ダイエット中には口にしないよう気を付けましょう。

 

おつまみも要注意!!

ダイエット中に飲み会に参加する際気を付けなければいないのは、飲むお酒の種類だけではありません。むしろそれよりもお酒と一緒に口にするおつまみを気にすることが大切だと考えます。

 

お酒の席ではどうしても揚げ物やお肉など、脂質となる食べ物を口にしてしまいがちです。しかしダイエットちゅにこのような高カロリーなものを口にすれば間違いなく太ります。ポイントとしては動物性のものではなく、豆腐や野菜サラダ、豆類など自然由来のものを選ぶことです。

 

その中でも特におすすめなのは枝豆です。枝豆にはイソフラボンが豊富に含まれて入り、また満腹中枢を刺激することが出来るのでダイエットには最適な食材です。さらに鶏のささ身などもおすすめです。鶏のささ身は低カロリーな上に高たんぱくですので筋肉を形成するのに役立ちます。筋肉量が増えると代謝がアップし、脂肪を燃焼しやすくなりますので積極的に食べるようにしましょう。

 

この他にもエイヒレやするめなどの魚介類の乾き物は噛む回数が増え満腹感を得やすいおつまみですのでダイエットにはもってこいですね。いずれにしても居酒屋に行けば必ずや用意されているメニューばかりですので、唐揚げなどを注文せずに、このような太りにくいおつまみを注文するようにしましょう。

 

飲んだ後のラーメンは禁物!!

お酒を飲んだ後にラーメンを食べる方をよく見かけます。飲んだ後の夜中のラーメンて格別なんですよね。普段食べるラーメンと比べものにならないくらい美味しいと感じます。しかしそんな事をすれば大変なことになります。ダイエットどころではなく、どんどん肥満が進み何らかの疾患を招きかねません。これはラーメンだけでなくお茶漬けなども同様です。

 

お酒を飲んだ後はしっかりと水分補給をし、何も食べずに大人しく眠りましょう。出来ればお酒を飲み終って2時間以上たってからベッドに入るようにすることが大切です。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ