食べないのに痩せない原因と対策!!

cd35e46b7d4c67a2f28b3f721b5a5089_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ダイエットのために食事制限をしているけど全く痩せない…。このような方は意外に多いものです。

「食べなければ痩せる…」というのは間違いではないのですが、時に益々太る原因にもなってしまいます。

ここではその原因と対策を細かく解説していきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


食べないのに何で痩せないの!?

食事制限…。カロリー計算…。食材カット…。

 

ダイエットと食事は密接な関係があることは言うまでもありません。私たちの体というのは食べたものの栄養によって作られていますので、体型には大きな影響をもたらしています。その為ダイエットを行うとまず好きな食べ物を我慢したり、食事ごとにカロリーを計算するなど徹底的に食事管理をしている人も多いでしょう。

 

もちろんこれは素晴らしい事だと思います。いくら痩せたいと思っても好きな食べ物を我慢するのは非常につらいもの。それなのにも関わらずしっかり管理できている人はかなり優秀だと思います。しかしどれだけ頑張っても成果がなかなか出ない方も少なくないのではないでしょうか。

 

実際にネットでも食べてないのに痩せないという方の嘆きの声が目立ちます。

・毎日3時間歩くようにしてる夜は米食べてない腹筋もしてるなのに痩せない消えたい

・ほとんど食べてないのに痩せないという不思議

・食べてない食べてないのに痩せない痩せたい痩せたい痩せたい痩せたい痩せたい痩せたい痩せたい痩せたい

・何も食べてないのに全然痩せないし可愛くなれないしいらつくー

 

痩せるためには食べる量を減らす!これは昔から言われてきた常識的な考え方なので多くの方が行うのは当然です。実際にそれで成果を出した方もいらっしゃるので決して間違いではないのでしょう。しかし上に記したように食べないのに痩せないという方が意外に多いものなんです。

 

ではなぜ食べないのに痩せないのか。それには大きな原因が挙げられます。

 

痩せるために食べないで頑張っている方には非常に残酷な話なのですが、実は食べないという行為こそが痩せにくい体質を作り上げてしまっているんです。食事制限をすると脂肪を燃焼しづらい体質になってしまうんです。私たちの体は飢餓状態になると、リパーセという物質の作用が悪化し、脂肪を分解、燃焼できなくなる性質があります。

 

要するに私たちの体は生命活動を維持することを最優先にするため、脂肪燃焼に必要なエネルギーを心臓を動かすことや脳を働かせることに使ってしまいます。すると生命維持とは直接的には関係のない代謝に関しての働きが悪くなってしまうという訳です。

 

このようにいうと難しく感じてしまいますが、食べないのに痩せないというのは体の構成から考えると、極々当然の事なんです。痩せるために食べない!そう信じてきた方、これを機に考え方を変え、美味しい食事をしっかりとりながらダイエットすることを目標にしていきましょう。

 

食べて痩せる!!そんな事が可能なの!?

食べて痩せる!なんて言葉を聞くと嘘のように感じてしまいますが、実はダイエットにおいて食べるという事ほど大事な事はありません。過度な食事制限をしてしまうと健康に支障をきたすだけでなく、今まで以上に太ってしまうという悲しい結果を招く恐れもあるからです。

 

では理想の体型を手に入れる為にはどうしたらよいのか。答えは簡単です。美味しい食事、健康を維持するための食事をしっかりとってダイエットを行うという事です。

 

しかし今まで通り好きなものを好きなだけ食べるという食生活を送っていれば決して痩せることはありません。むしろどんどん太っていき取り返しのつかないことになりかねません。食べて痩せると言っても何も考えずに食べるのではなく、いくつかのポイントをしっかり理解しておくことが大切です。

 

ではここからはダイエットに適した食事の仕方のポイントを詳しく解説していきます。

 

・ゼロカロリーに頼らない!!

ダイエット中は食べるもののカロリーがとても気になるものです。しかしその事ばかりに気をとられゼロカロリーの食品やローカロリーの食材ばかり食べていては決して痩せることはありません。例え痩せたとしても間違いなく不健康ですし見た目も美しくはなれません。もちろんこれらを食べてはいけないという事ではないので勘違いはしないように…。

これを理解している人は少ないと思いますが、実はゼロカロリー食材というのは熱量がないので体を冷やす傾向にあります。体温が下がると基礎代謝が低下しますので脂肪燃焼をしにくい体質になってしまいます。ですのでゼロカロリーばかりを食べていても、かえって太るという事になりかねません。

また私たちが甘いと感じるものは糖分ですので、人工甘味料で甘くされたゼロカロリー食材を食べても、甘みを欲する感情が消化されることはありません。その分余計に食べ過ぎてしまい太る場合もあるので注意が必要ですね。

 

・良質な油を取り入れる!!

ダイエット中は出来るだけ油分の少ないものを選んで食べていると思います。しかし油自体がダイエットの敵という訳ではなく、ダイエットに適さない油は摂取しない方が良いという事です。逆を返せばダイエットに効果的な良質の油も存在するという事になります。

良質な油というのは女性ホルモンや脳内ホルモンのバランスを整える作用がありますので、食べたいというイライラやストレスを軽減することになりますし、体の中の老廃物を排出する働きもあるので痩せやすい体質へと変えてくれるのです。

ダイエットの敵だと思いがちなナッツ類などは、良質の油が豊富に含まれていますので積極的に取り入れてみることをオススメします。もちろん高カロリーであることには違いないので食べ過ぎには注意しましょう。

 

・赤身も肉を積極的にとる!!

お肉類もダイエット中には敬遠されがちな食材だと言えます。しかし全くお肉を食べないとかえって太りやすい体質になってしまうので注意が必要です。私たちの体が代謝を上げ脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要不可欠です。しかしお肉を食べないでいるとその大事な筋肉の量が減ってしまいます。

お肉は決してダイエットの敵ではありません。もちろん脂身などを摂りすぎては太る原因になりますので、出来るだけ脂身の少ない赤身のお肉を食べるようにしましょう。赤身のお肉にはLカルニチンという筋肉を作るために欠かせない成分が豊富に含まれていますので、上手に取り入れてダイエットを成功させましょう。

 

・お米は欠かさない!!

最近では炭水化物を抜くというダイエットが流行しています。これは短期間で一気に痩せることが出来ると注目を集めているのですが、一方で恐ろしい結果を招きかねません。炭水化物というのは糖質です。糖質が体内に摂取されないと健康を害する様々なことが起こります。

太らないようにと炭水化物を抜いてしまう方も多いですが、私たちが主食としているお米には食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれていますので、欠かしてはいけないものなんです。抜くとかえって太りやすい体質へと変わってしまいますので要注意です。

 

まとめ…!!

いかがでしたでしょうか。このように食事というのは私たちの体を作る為には欠かせないものです。それは健康を守るためだけではなく、ダイエットにも必要不可欠という事がお分かり頂けたと思います。

 

痩せるために食べない!と心に誓ってきた方はショックだったかもしれませんが、これからは考え方を変え、健康的で美味しい食事をしっかりと摂りながら理想の体型を手に入れるようにしてください。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ